2014-04-29 春の園遊会の酒
園遊会で供される酒は「ワインパンチ」なのだという。
飲み物も絶品で、中でも園遊会名物とされるのが赤い「ワインパンチ」。赤ワインやラム酒、
リキュール、シャンパン、シロップなどを「独自の比率」で混ぜ合わせたもので、甘みのある
さわやかな味が特徴だ。
』(典拠)。

庵主は、恩賜の煙草は吸ったことはあるが、お酒の方はまだその機会がない。
たぶん、これからもないだろう。皇室とご縁がないことを庶民と呼ぶのである。
さいわい、皇室が使うようなお酒なら、同じ物を別の機会に呑むことができるから、
全然問題ないのである。

ある会の時など、数少ない「磯自慢」の大吟醸を皇室の会と取り合ったことがあった。
もちろん、あちら様に持っていかれたが、その会の主催者が、蛇の道は蛇で、どこかからか
同じお酒を見つけてきてくれたものである。言うなれば蔵直でなく並行輸入物のお酒を。
中身は同じなのであるが。あちら様の方は秋篠宮殿下の会だったらしい。

皇室の公式行事の料理がフランス料理になっているのは、もともと武士は質素な食事しかして
いなかったからその料理は範とならなかったからだという話を聞いたことがある。
江戸時代はむしろ町人の方がうまい物をたべていたらしい。今日の日本料理の源流なのだから。
今のお酒はその時代から比べるととんでもない贅沢の極みを口にしているのである。庶民が。

-----

リンク記事の最後の行。
ちなみにソチパラリンピックのメダリストは、秋の園遊会に招かれる予定だ。』。
庵主はためらわず、パンチラリンピックと読んでしまうのである。
「ワインパンツ」、おっとっと複数形はないか、「ワインパンチ」で悪酔いしたようである。

[PR]
by munojiya | 2014-04-29 00:10 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/20631683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2014-04-30 笑い話「... 2014-04-29 風評被害... >>