2014-09-27 記事は現場でなく会議室で書かれる
日本の報道も似たようなものだろうが、韓国の新聞記事の実例をとりあげる。
韓国の朴槿恵大統領が国連で演説をしたという。客席がガラガラだったという。(注)
演説の内容はここに書かれている。しかし、韓国の各新聞の見出しは、演説の中ではほとんど
語られる事のなかった名指しはしないでの対日批判を大きく持ってきたのだという。

管理人が一番笑ったのが、各社の記事に出てくるこの表現……
「日本を名指し批判しなかったのは国連での演説で特定国を名指しすることは慣例上しない
ため、このような表現になった。」という言う言い訳。
ダラダラと朴槿恵大統領の国連演説の要約を載せた理由はここにあります。

思いっきし「北朝鮮」は名指しして批判しています。あと全体のボリュームから見れば「戦争
下での女性への性暴力」に言及した分量が如何に少ないか分かるはずです。
日韓首脳会談に向け環境を壊したくないけど、国内向けに「反日」をしないと帰国できない
ので無理やり付け足した感がMAXです。

しかしメディアは、この部分を切り取り「日本を批判した」と持ちあげるんだから、印象操作
というのは本当に怖いですね。
』(同)。日本のマスコミも同様の報道をやってきたのだろう。
しかし、今はネットのお蔭で別の視点から書かれた記事を読む事ができるようになった。
それを信じるかどうかはともかく、まずいお酒はそれとはっきり言えるようになったのである。

-----

(注)
朴槿恵〈ぼく・きんけい〉大統領が演説したとき、「客席はガラガラだった」とは書いたが、
普段の演説はいつもガラガラというのが通常で、満員になるのは逆に特別な時だけなのかも
しれないが、庵主は国連事情にも疎い。故に「ガラガラ」は不人気を意味しないので、為念。

-----

話は突然変わるが、コンビューターになって分かりやすくなったのがこれだろう
視覚的になったというのが正しいのか。
筆順のことである。本なら、スペースの関係で、決まりきった書き順はまとめて表示されるが、
パソコンなら、画数が多い漢字でも一画一画全部表示できるのである。めでたし、めでたし。

[PR]
by munojiya | 2014-09-27 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/21152368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2014-09-27 無理 2014-09-27 呑み直し... >>