2014-09-30 天正人誤
「天は正す、人の誤りを」。
「天声人語」を看板にしている新聞社に天の叱正があったのである。
2009年から2012年の3年間を日本の暗黒時代という。
民主党という朝鮮政党に日本の政治を任せたら、日本丸を傾かせたからである。

あやわ沈没寸前というところで、天はそれを正したのである。
人の誤りを。
朝鮮政党を煽っていたのが「朝日新聞」である。
それをプロパガンダという。報道とは言わないのだ。よく言っても毀日教の機関紙である。

いま、日本人がやっとそのことに気付いて朝日新聞は潰せとの声が高くなった。
庵主もそれに同意するのである。真聞〈しんぶん〉ならぬ悪聞〈あくぶん〉は潰せ、と。
「朝日新聞」は、文字通り、朝鮮人による侮日のための新聞だったのである。
それが無くなったら困るという朝鮮人が「朝日新聞」の擁護論を繰り広げているのである。

日本人にとっては悪害でしかない新聞を潰すのは当たり前の事だろう。
庵主が、まずいお酒を避けて通るように、悪聞も避けて通るという選択肢もあるが、しかし、
まずいお酒は庵主に悪さをしないが、悪聞は庵主に遅い掛かってくるからそうはいかない。
いつの間にか日本人の宿痾となってしまっていた「朝日」を潰すのは今である。
[PR]
by munojiya | 2014-09-30 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/21162078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2014-10-01 殺そ剤、... 2014-09-30 サッカー... >>