2015-10-09 酒の笑い話「ハロウィンビール」
2月の恵方巻が最近になってデッチ揚げられた年中行事であるように、
ハロウィンなる年中行事も、これまた近年デッチ揚げられたものであることは
いまの時代に生きている人ならだれでも知っていることである。伝統でもなんでない。
商業主義の産物なのである。それでいったら土用の丑の日に鰻を食べるのもそれなのだが。

で、この時期になると、ハロウィンを商機としてハロウィン商品が出回るのである。
一つは、ペプシコーラの「ペプシゴースト」である。ミステリーフレーパーが売りなので、
ここではそのネタバレを書かない。どんな味がするのかは、飲んでみてみ、である。
もう一つはリプトンの『TEA LATTE』、「スイートパンプキン」である。

ふんわりとパンプキンが香る』というので、はたしてどんな味がするのかと思って買って
みたら、たしかに紅茶以外の香りがするのである。だから、はっきり言って下手物である。
どんな香りがしたかというと、庵主の記憶に照らし合わせると栗の香料の匂いなのである。
原材料名の中には「カボチャ」がないから、それは香料の匂いであることは間違いない。

栗の香りを、香料業界では「カボチャの香り」としても売っているだ。擬制の香りである。
で、そういう見立ての香りと、ビールで出合うことになるとは思ってもいなかったのである。
サントリーが限定醸造で出している業物〈クラフト〉ビール「パンプキン」がそれである。
まさか、香料ビールが本当に出てくるとは思わなかったので笑っちゃったのである。

-----

「ペプシゴースト/ミステリーフレーバー」 瓶影
驚きと楽しみのミステリー味コーラ』である。
原材料名:果糖ぶどう糖液糖、カラメル色素、香料、酸味料、保存料(安息香酸Na)、
カェイン』。『内容量:490ML
[微妙に値上げ]』『販売者:サントリーフーズ

「リプトン/スイートパンプキン」 瓶影
原材料名:牛乳、砂糖、果糖れん乳、紅茶、クリーム、食塩、乳化剤、ビタミンC、
セルロース、香料、甘味料(ステビア)
』『内容量:450ML[見た目は500MLだが]』
さすがに、紅茶の香りは香料ではないようだ。これも『販売者:サントリーフーズ』。

[PR]
by munojiya | 2015-10-09 00:10 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/22295858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぜったい at 2015-10-10 00:59 x
他のページも読んだけどあなた嫌われてるでしょ。口ばっかりのちいせぇやつだなあって周りぜったいうざがってると思うよw
Commented by munojiya at 2015-10-10 15:44
ご明察のとおりです。

ご愛毒、おっとっと、ご愛読ありがとうございます。

性格が悪いのは如何ともしがたいものですから、他に悪影響を及ぼさないようにと、半径5メートルの範囲で細々と生きています。
「口ばっかり」なものですから、せめてその口にはうまいお酒をあてがって心を潤しているところです。


<< 2015-10-10 「これは... 2015-10-09 マイナン... >>