2016-08-21 この気違い民族とは関わるな
それを「絶好調」というのは、皮肉の、いや、嫌味の極致だろうが、相手は気違いだから、
それが通じないのである。
気違いというのは、言葉も、真心も、善意も通じない人達ということである。
言葉が通じないのだから、人間と見るよりは、野獣に近いといえる人達のことである。

少しでも旭日旗を連想させるデザインに対する韓国人のクレームは、今年に入っても絶好調
と言わざるを得ない。
[2015年]1月中旬にも、映画「ベイマックス」に旭日旗を連想
させるデザインが映り込んでいると、韓国ネチズンたちが騒ぎ立てた。彼らが指摘したのは、
映画の中で、ある部屋に貼り付けられていたポスターだ。

確かにそのポスターには赤い斜線が描かれているが、とても旭日旗には見えない。ウォルト・
ディズニー・カンパニーコリアの広報代行会社も、「映画に旭日旗は登場せず、旭日旗を連想
させるような意図もない」と説明している。
』(典拠)。
どこからともなく旭日旗を見つけてくる“発見力”もすごい。』(同)。

「発見力」に、「はっきょうりょく」とルビを打ちたいほどである。
そのくせ、まだ気づいていないようなのは、「朝日新聞」の社旗である。
ドラキュラがニンニクを嫌うように、旭日旗模様を嫌うというその特性は南鮮人を見分ける
手段に使えるかもしれない。旭日旗を見せて過剰反応する人は南鮮人だと判るからである。

-----

南鮮人の気違いの元祖はこの人だろう。
在日韓国・朝鮮人の名前を呼ぶ時、日本語読みが長く続いていた。韓国・朝鮮語読みが
あたり前の時代になったのは、「日本語読みは人格権の侵害」と声をあげた在日1世の牧師の
闘いがあったからだ。彼の半生を描く舞台が18日から池袋で上演される。

崔昌華(チォエチャンホア)牧師。北九州市・小倉の教会で牧師を務め、1995年2月に
64歳で亡くなるまで、在日の人権向上のために闘い続けた。
』(典拠)。
映画で、故・渥美清が演じる「寅さん」はそういう迷惑な隣人を揶揄して笑い飛ばす映画だと、
故・永六輔師は紀伊国屋寄席の前説で話していたのを聞いたことがある。

-----

南鮮人の気違いの元祖はこの人だろう。
在日韓国・朝鮮人の名前を呼ぶ時、日本語読みが長く続いていた。韓国・朝鮮語読みが
あたり前の時代になったのは、「日本語読みは人格権の侵害」と声をあげた在日1世の牧師の
闘いがあったからだ。彼の半生を描く舞台が18日から池袋で上演される。

崔昌華(チォエチャンホア)牧師。北九州市・小倉の教会で牧師を務め、1995年2月に
64歳で亡くなるまで、在日の人権向上のために闘い続けた。
』(典拠)。
映画で、故・渥美清が演じる「寅さん」はそういう迷惑な隣人を揶揄して笑い飛ばす映画だと、
故・永六輔師は紀伊国屋寄席の前説で話していたのを聞いたことがある。

庵主は、ここは日本だということで、ためらわず、その名前を「さい・しょうか」さんと読む
のである。「朴正煕」は「ぼく・せいき」だ。「姜尚中」先生も、「きょう・しょうちゅう」
先生と読む。それで一番困るのは「ご・ぜんか(呉善花)」さんだというのがオチである。
韓国のイケメン芸能人が、日本人の「キムチ」の発音は間違っていると主張していた事がある。

余計なお世話である。というより、そのイケメンさんは気が狂っているとしか言い様がない。
日本では、片仮名読みで「キムチ」でいいからである。
その「キムチ」という、現地語読みに近い言葉がダメだというなら、「朝鮮漬け」というしかない。
「チォエチャンホア」さんも日本語では発音できないので「崔昌華」さんでいいのだ。

-----

ちなみに、永師の寅さんの話のオチはこうだった。
「映画の寅さんは、最後は生まれ故郷に帰っていくんです。済州島に」。
「済州」を「最終」に掛けた駄洒落かどうかは庵主には判らないのである。
永師は、真面目な顔をして、日の丸の旗をこうも言っているからである。

ラジオで聴いたから、真面目な顔をしていたか、ニヤッと笑いながらだったかは判らないが、
「日の丸の赤は日本軍が殺した亜細亜人の血の色、白地はその亡骸の骨の色なのだ」と。
日の丸の旗は、江戸時代から使われていたので、すぐ冗談だと判るから、それは永師が中韓
あたりの金主からお金を貰っての発言だったのだろう。永師は賢い世渡人でもあったのである。

-----

ちなみに、永師の寅さんの話のオチはこうだった。
「映画の寅さんは、最後は生まれ故郷に帰っていくんです。済州島に」。
「済州」を「最終」に掛けた駄洒落かどうかは庵主には判らないのである。
永師は、真面目な顔をして、日の丸の旗をこうも言っているからである。

ラジオで聴いたから、真面目な顔をしていたか、ニヤッと笑いながらだったかは判らないが、
「日の丸の赤は日本軍が殺した亜細亜人の血の色、白地はその亡骸の骨の色なのだ」と。
日の丸の旗は、江戸時代から使われていたので、すぐ冗談だと判るから、それは永師が中韓
あたりの金主からお金を貰っての発言だったのだろう。永師は賢い世渡人でもあったのである。

-----

南鮮人の性根をよく分かっている日本人は、どうやら五輪の選手みたいである。
今度のリオ五輪では、ドービングの規制が厳しくなり、ロシアと中国のメダル数が目立って
減ったという。また、『今回IOCは、八百長禁止のため日手尾判定を導入し、相手が異議を
唱えるとビデオ審査する事にしました。

「韓国による八百長を防止するため」とは言っていませんが、そうである事は、誰の目にも
明らかです。
この結果、韓国は今回の五輪で、審判が判定する競技で全く勝てなくなり、柔道では、金メダル
ゼロに終わりました。
』(典拠8:52)。日本人選手は「強敵」と戦っていたのである。

[PR]
by munojiya | 2016-08-21 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23423438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016-08-21 JR東海の正論 2016-08-20 日本の治... >>