2016-11-11 トランプという神風
アメリカの究極の選択、大統領選挙はトランプ候補が勝利した。
トランプか、ヒラリー・クリントンか、という選択は、庵主にはできない。
まずい普通酒とうまい合成酒となら、どっちを呑むかと問われているようなものである。
庵主なら、どっちも御免被るのである。体が受け付けないからである。

そういう過酷な選択を迫られたアメリカ国民には同情を禁じ得ないのである。
南鮮人なら「アメリカのトランプ大統領をお祝います。」と横断幕を出すところである。
しかし、トランプ候補の勝利は、これは日本にとっては神風なのではないかというのである。
日本の淀んだ空気がこれで払われそうだという説があるのである。

一気に除鮮が進みそうだからである。淀みの原因である汚室掃除が進みそうだからである。
トランプ大統領誕生も皇室とは無縁ではなく、痛みは伴いつつもやっと光の方向に向かうかも
という気がしなくもなく。
直前の、売国の宮の薨去も、暗示的であるかもしれません。

江沢民に国家の承認を得ぬまま、直接謝罪してしまったバカ宮、天罰覿面で、男子は全て早逝で
奪われ、地獄の晩年。それでも皇室を否定している身で、皇族としての特権は手放さずしがみ
つき、贅沢三昧のお暮らし。しかし、もう絶家。

[以下、欄外]』(典拠)。

-----

ご優秀神話の愛子さまも、これだけ不登校が続いた今は、さすがに言えないだろうし、当初は
バッシングされていた東宮夫妻批判も、今や常識になりつつあります。
誰もが皇太子のできなさ加減、雅子妃の図々しいさぼり居直りなど、知りつつあります。
最初はこれも「不敬」を言い立てるバカの壁に阻まれてましたが、その壁も崩壊しつつあります。

次は天皇皇后の正体=いかにブサヨ夫婦であるかを、日の下にさらすことでしょう。
このお二人は本来の意味での天皇と皇后ではありません。
天皇と皇后の仮面をかぶった、自虐史観のブサヨ運動家夫婦でしかありません。これも、敗戦時
にGHQが植え込んだウィルスの1つ[庵主校正:一つ]でしょう。』(典拠。以下同じ)。

天皇陛下と皇后陛下が、「生前退位」なさって上皇ないしは太上天皇とその妻の身分になった
ら、韓国へ謝罪旅行に行かれそうでしたが、朴槿恵と崔順実問題で、韓国の法治国家ですらない、
情念国家ぶりが世界に広まり、となれば韓国が言い立てまた皇后陛下が捏造にもかかわらず
シンパシーを寄せる慰安婦も、嘘デタラメだと、世界に発信するのも楽になりました。
』。

南鮮の弓削道鏡こと崔大敏事件は、皇后陛下の南鮮謝罪旅行を打ち砕くことになったのである。
崔大敏は池田大作に相当するといった方がいいのか。
天皇皇后の自虐史観左翼としての、日本毀損者である正体がバレる日もさして遠くないと信じ
たい。雅子妃の背後に皇室乗っ取りを目論んだ池田大作氏がいたことはもう露見しています。』。

-----

海外の教育機関に関係し、各国大使とも面識のある方から16年前に聞いた話です。
その数年前に日本でも公開されたハリウッド映画で、中東のとある王国の王室にCIAが工作し、
その王室をCIAの思う通りに動かし実質的にその国を操るというストーリーの映画があった
そうです。

ですがその映画のストーリーは実は、日本の皇室をモデルにしたものだそうです。
戦後、入江侍従長を初め皇室はクリスチャンで固められ、海外に進出しクリスチャンに改宗した
正田家の娘(家風や風習は日本古来の伝統的な価値観や文化とはかけ離れていたのではと推測
できる)を皇室に入れたわけですから、その点から見ても、美智子嬢が「開かれた皇室」の

国民騙しのキャッチフレーズの下、連合国が日本の皇室を思うがまま操る為送りこんだ工作員と
も言える人物だったのではないでしょうか。
ですから、その後の皇后の交友関係も国連関連や日本の伝統とは相入れない左翼的な人物であり、
その繋がりで国連、小和田、雅子と連なるような気がします。
』((典拠)。

「開かれた皇室」というのは、日本国民にではなく、アメリカ様に対して開かれたという意味
だったというのである。
今時、庵主でさえそれを知っているのだから、大方の日本人はとっくのとうにご存じの筈である。
神風が吹くというのは、そういう日本人の意識の変わり目のことをいうのである。


[PR]
by munojiya | 2016-11-11 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23608917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016-11-12 写っては... 2016-11-11 トリミング >>