2016-11-28 安倍晋三は「語るに落ちるチョウセン人だ」という説
ネットでは、安倍晋三総理大臣は「チョウセン人」と認定されているのである。
ロマン・ポランスキー監督の映画「ゴーストライター」は一国の首相の正体が実は他国のスパイ
だったという話だったと思う。
庵主は映画のストーリーが理解できないタイプなので違っていたら御免である。

その国の一番偉い人が他国のために働く人なのだから、もうどうしようもないという現実社会を
暴露した映画だった。伝統的である筈の日本酒が、その殆どが今ではアル添酒みたいなものだ。
もうどうしようもないのである。当然、日本のトップもそうである可能性は否定できないのだ。
NHKの大河ドラマで主役を張った事もある俳優の松山ケンイチのかみさんは女優の小雪である。

松山ケンイチはチョウセン人と言われているから、その連れ合いである小雪も同じチョウセン人
だろうと推定すること可能だろう。夫婦は、普通は同じ民族同士でくっつくものだからである。
安倍総理のかみさんは安倍昭恵である。もろチョウセン人である。ならばその夫も、である。
[安倍総理は]「2年で2%[成長]」という目標が達成できない場合は辞職すると公言

していたが、その気配はない。<
デマだろ これが事実ならとんでもないことだぞ』(典拠)。
朝鮮人(安倍)が約束を守るはずがない
例え証拠があっても認めない』(同)。語る(振る舞い)に落ちているのである。。

-----

ユダヤの傀儡、売国竹中詐欺蔵の謝罪は?』(典拠)。それは誰もが知っている正体だ。
アベシンゾーが国民の支持も得てないインチキ首相だというのは、日本人以外はみんな知って
いる。だから、オバマもアベシンゾー大嫌いだし、プーチンにも鼻先であしらわれる。日本人
以外はみんな、アベシンゾーの正体に気が付いてます。』(同前)。さあ、安倍総理の正体は。

>消費増税年金節約の一方巨額なバラマキ外交なんともアンバランスな事を平気な顔して行う
安倍、シャーシャーとした言動がなんとも不気味だわ<
反安倍派のマスゴミもなぜか安倍の数兆円にも登る「バラマキ外交」に対しては、
事実を伝えるだけで、一切の批判をしない。

「年金は減らす、増税する必要があるのなら、海外へのばら撒きする金を日本国民のために使え」
なんて、マスゴミや言論人は絶対に言わない。
これが、日本が従うしかない勢力によって安倍の外交が行われている証拠。』(同前)。
その大金は一体どこから出しているのか。予算はどうなっているのか。庵主は聞いていない。

で、安倍総理の正体は。
安倍はただのパペット[操り人形]だろう、役人か米人か誰かが操っていそう』(同前)。
だから、安倍がシャーシャーと無邪気なのは、僕ちゃんは、命令に従っているだけだから、
悪事を働いている、という意識がないから。』(同前)。辻褄は合うのである。

[PR]
by munojiya | 2016-11-28 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23654006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016-11-29 アメリカ... 2016-11-27 日本人の... >>