2016-11-30 うまいこと言ったものだ「ネガ漬け」とは
それは泣ける話なのに、その一言には笑っちゃったのである。
この動画、何回も視聴するたび、涙が出てしまいます。
投稿していただき有難うございました。』(典拠)。
いい話だけど 、テレビとかで見かける日本人すごいでしょアピールはあまり好きじゃない』。                              
そういう時は「好きじゃない」というのではなく、「気恥ずかしい」というのである。
もっと自分を客観的に見ることができる人は「みっともない」というのである。矜持である。
「先生と言われるほどの馬鹿でなし」という
その伝で「褒められて有頂天になるほど馬鹿じゃない」という自戒が「みっともない」である。

この話はとてもいい話だと思うけど、なんか日本って自分たちのことめっちゃ高く評価してる
と思う』(典拠)。それの起源も亦、南鮮にあるのだろう。自国に対する高すぎる評価癖は
今までのメディアを中心としたネガ漬けの反作用だと思う。過渡期が過ぎれば、また変わる
だろう。』(同米)。日本人にはビタミンC(褒められ言葉)が不足していただけなのである。

京都に「ぶぶ漬け」というのがあるという。
あれは「お前、あっちに行け」という他人拒否である。「ネガ漬け」は自分拒否なのである。
ネガ漬けを肴にしながら旨いお酒を呑むと、いいお酒に感化されて日本人である事がありがたく
思えてくるのである。自信が湧いてくるのである。旨いお酒を呑みなさいという謂いである。

-----

原爆投下には理由はあるのだろうが正義はない。トモダチ作戦には理由はなく正義がある。
典拠)。トモダチ作戦にかかった米軍の費用は後から幾ばくかを日本政府が支払ったらしい
がその金額庵主は聞かされていない。
もっとも、後から貰う保険金より今の救援である。米軍のGJとしておこう。

請求はされないと思いますが、思いやり予算で穴埋めされるだろうな』(同前)。
思いやり予算、通称「重い槍予算」は保険金の掛け金なのである。
それがかなり高額だというだけのことである。
日本が自衛できないようにしているのは米国の意志らしいのでそれもまた致し方がないけれど。

-----

人の不幸は密[庵主校正:蜜]の味と言います。
日本の原発事故は、フランスやロシア、アメリカが争って利権を確保しようとしています。
中国や韓国も同様です。
ですから、その利権確保の為の袖の下が、義捐金や作戦、救難の一部には含まれています。

フランス製やアメリカ製の除洗装置を福島に持ち込んでいる時点で、[ぼったくられた]あれら
の代金や「アドバイス料」として莫大なメリットがあるので善意の兵士を被曝させても、国家と
してビジネスしているだけです。
第二次大戦以前は、植民地制度が流行でした。 それに反旗を掲げた昭和天皇は滅ぼされました。

そして、今は別の形で日本は欧米の植民地で奴隷です。
ODAも思いやりも税金も、そしてその甘い汁に食らいつき、下手人をする政治家と経済ヤクザ
に喰われるのみの一般庶民。[働けど働けど豊かになれない理由がそこにあるという事である]
その庶民も、倫理も理念も忘れて、上司や会社の蓑の中で悪事を重ねるだけ。

そりゃ、神様も怒ります。
天罰も良いところです。』(典拠)。ここで「天罰大震災」という呼称につながるのである。
「天罰」とはけっして東北の人に向けられた言葉ではないということである。それを誤解させる
ように誘導している人達というのは、真相構造を隠したがっている「連中」派の人達なのである。

[PR]
by munojiya | 2016-11-30 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23678195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2016-12-01 BM話「... 2016-11-29 五月蠅〈... >>