2017-01-24 「WGIP」は物書きの新商品
今日の日本人の常識となったのがWGIPである。
知らない人は、この人が懇切に教えてくれる。世の中には物知りがいるのである。
「陰謀論」というのがある。陰謀なのに、なぜか庵主もそれを知っているという代物である。
誰もが知っている「陰謀」というのは、それ自体が「商品」なのではないかと思いたくなる。

本の書き手も、売れるネタがないと食っていけないのである。
物書きの新商品が、これまで日本人がだれも口にしていなかった「WGIP」である。
WGIPとは、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつける宣伝計画のことらしいです。
これは洗脳と同じであり、日本人から「愛国心」や「誇り」を奪ったとのことです。

が、その割には洗脳が弱すぎると思います。WGIP批判を口にして愛国ビジネスができること
自体、WGIPが完全に失敗した証左ではないでしょうか。仮にWGIPという洗脳が成功して
いたら、WGIP批判本など誰も読まないはず。
管理人は、その下手糞すぎる洗脳に笑いを禁じ得ません。』(同)。

お酒にもあるのである。
「門外不出」お酒とか、「秘蔵酒」とか、「杜氏の隠し酒」というお酒が。
門から出すことはしないで、こっそりと隠し続けている、杜氏だけしか呑めない筈のお酒が
なぜ酒屋の棚に並んでいるのか。それって、みんな呑み手の気を引くための商品なのである。

[PR]
by munojiya | 2017-01-24 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23798555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-01-25 「夜中に... 2017-01-24 「悪い冗談」 >>