「ほっ」と。キャンペーン
2017-02-17 非日本人の論理
国旗も国歌もつい最近まで政令として認められてなかったし。(これを逆手に取って国歌斉唱、
国旗掲揚をボイコットしてたのがアカ連中→で、国内で最も短い条文の法律が出来たとさ。)
典拠米)。
非日本人は、条文にない決まりはないものだと思っているのである。精神的なめくらの事である。

庵主の使っているワープロ字書は「めくら」を「盲」と変換できないのである。
「ジャパニスト2003」という富士通が作ったソフトである。
その賢明さに、庵主はいつも感心しているのである。
そういえば「しな」も正しく変換できない。「品」が最初に出てくるのである。

「アメリカ人」のことを「雨人」と書く人がいる。
庵主の場合はそんな理由〈わけ〉で、「シナ人」は「品人」と書いているのである。
「品がいい人」という意味ではないので誤解のないよう。どちらかというと意味はその逆である。
日本を差別国家だと声高に口にする人達は為にする人達で三通りあるという。底意があるのだ。

日本を差別国家と語る人の大半は「来たことがない」か、「本人の態度に問題があった」か
「韓国人か中国人」かであるか、の3択。[ただし、鉤括弧は庵主が補足した]』(同米)。
「日本酒はうまくない」と語る人は、「真っ当な旨いお酒を呑んだことがない人」の1択である。
酒徳のない人だということである。別の言葉で言えば「可哀相な人達」なのである。

[PR]
by munojiya | 2017-02-17 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23863469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-02-18 民進党の... 2017-02-17 日本人で... >>