2017-03-02 「朝日新聞」の効用
もう日本人からは見放されてしまった「朝日新聞」にも役に立つところがあるという。
朝日読んでると在日とばれる
自治会でも話題になった
大きな団地なのに朝日の配達先がなぜか二軒だけ

一軒は在日とわかってたけど
もう一軒は知らなかった。
朝日が在日のあぶり出しになっている』(典拠6:31)というのである。
なるほど、それは判りやすくて便利である。

ただし、その新聞を取っているから信者、おっと読者というのか、そうとは限らないのである。
庵主の庵には毎日「聖教新聞」が届けられるのである。新聞屋さんありがとう、である。。
勿論、ご親切による恵贈紙である。
恵贈紙といっても、只で受け取るわけにはいかないので却って高くつくのである。

猫に小判、というが、庵主にはその新聞はまさに「小判」にほかないらなのである。
ありがたくて、庵主にはその価値が判らないということである。
毎日、旨いお酒が届けられるのなら、そんな嬉しいことはないが、
勝利、勝利の宗教新聞は、庵主にはそのうまさが理解できないのである。

-----

以下、正論である。
21世紀になってまでチョン高に子供を入学させるなんてとんでもない虐待だな
典拠7:34。以下も典拠は同じ)。
拉致被害者を返してからほざけ。浄化されないだれけましと知れ』。

母国の誇らしい歴史を学びたいのなら、素晴らしい祖国から補助金もらえばいいじゃん。
日本にたかるなよ。』。
強制連行かあ。
昔は信じていましたよ、ええ。

でもね。
今は情報が溢れていて、自分で調べる事が出来るんですよ。
でもね在日チョウセン人の人達は、この嘘が都合がよかったのでつき続けて、
子や孫にそう教え込んでいるんですよ。家庭内で。

で、自分でおかしいと気が付き調べる事が出来る人はマシなのですが、そうでない人はねえ。
ネツトが従量制の頃ならいざ知らず、今となっては嫌われるのも自業自得かなあ。』。
別に廃校にしろと言っているわけではないのに、なんでこんなに被害妄想が激しいんだろ。
日本の文科省配下じゃないから無償じゃいだけだろ。』。

-----

朝鮮学校は支障なく帰国するためのものって聞いてる
[祖国に帰った時に朝鮮語が話せなくて苦労することがないように学習するための学校である]
祖国に帰国が大前提のはず
すぐ帰るからと年金も掛けないと言ってたろ

朝鮮戦争はとっくに終わっている[残念なことに、まだ停戦中で終わってはいないのだ]
さっさと帰国しろ。』(典拠。以下も同じ)。
「朝鮮戦争はまだ終わっていないから居続ける」と言われたらお手上げなのである。
そこまで、すなわち次のコメントのことであるが、言ったら嫌味である。

朝日新聞社グループの社員全員のガキ共を
朝鮮学校に入れてやればいい。』。
それグッドアイデア
日韓親善[日朝親善、か]のシンボル

朝日社員の親も泣いて喜ぶだろうな』。
朝日新聞言うことなすことすべて逆効果
ほんと、チョウセン人みたいだな。
あ、そのまんまか。』。今では「朝日新聞」の「朝」は「朝鮮」の「朝」だと思われているのだ。

[PR]
by munojiya | 2017-03-02 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23889659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-03-03 情弱的邪推法 2017-03-02 「頑固」... >>