2017-03-22 今週の駄洒落「志位的編集」
昨夕[2017年3月16日]のウジテレビ、訪れた野合議員の前でわざわざ取材班カメラの
前に寄ってきて「百万円寄付してもらった」の部分を何度も何度も繰り返し連呼しているよう
志位的編集して工作やらかしてましたよ。なるほど、と思いました。』(典拠米)。
「志位的編集」は正しくは「恣意的編集」である。

「志位的」として意味が殆ど変わらないのが可笑しい。
「野合議員」も本当は「野党議員」とする処なのだろうが、これは誤植や駄洒落ではないだろう。
たしかに、おぼっちゃま・おじょうちゃま議員を見ているとそう見えるのである。
ただたかっているだけに。集っている、である。お金をせびる方の意味でないので、為念。

「憂国の士」の看板倒れ、ってやつですね。
看板だけ大層ですが内容、言動からはとても「憂国」しているとは微塵も感じられませんね。
国家、大局観がまるでなし。
現状の近隣諸国の動向とか理解しているのかすら疑問。[中略]

真の「憂国の士」であるなら、こうして野合野党、反日マスゴミに散々ネタを提供しておいて、
証人喚問で「全部嘘だったピョーン」と言ったら見直します。』(同前米)。
当初はうまくもなんとなかった、むしろ不味かったお酒が熟成して俄然うまくなることがある。
籠池さんはいいお酒になれるか。それともただの三増酒で終わるか。23日が楽しみである。

-----

っと面白いものを見せてよ、というのが日本人の願いなのである。
さて、「今まで名前の挙がっていない閣僚」「みんなが知っている人」とのインタビューを
聞いて、どうせウソだろうとは思いつつ、ウソはウソとして、誰の名前が出てくるのか、
予想して楽しんでいました。

私の推理では「本命 菅さん」「対抗 麻生さん」「大穴 高市さん」でした。
で、フタを開けてみれば「安倍さん」
あれ? 「名前の挙がっていない」というのはどうなったの?
安倍さん、名前挙がりまくりなんですが???

と、頭の中は?だらけ。
こんなこと、犯人当て推理ゲームなんかでやろうものなら大バッシングでしょう。
本当にこいつらは「息を吐くように嘘をつく」んですね~。
身を持って思い知りました。』(典拠米)。

だれが見てもチョウセン人にしか見えないというのが笑えるのである。種がみえている手品だ。
チョウセン人のつく嘘は「ウソ」と書いた方がいいのか。お見通しという意味でもある。
生理的な「ウソ」だからである。本人はそれを嘘と自覚していないウソだからである。
罪悪感のないウソを、それは嘘だといって弾劾してもはじまらないということである。

-----

愛国ビジネスの終焉
あの胡散臭い菅野完が表にでてきたところで
この話は終わった。
真の愛国者でなかったことが悲しい。』(典拠米)。

駄洒落に対して「ルビ打ち」ならこうだろう。
あの胡散臭い菅野完が表にでてきたところでこの話は終わった。
真の愛国者〈にほんじん〉でなかったことが悲〈よろこば〉しい。」。

ちなみに、こういう「ルビ打ち」もあるのである。
「FEP〈クソ〉」と読むのだ。
「ソレ」と称しても、「ウソ」とか「そうか、そうか」と書いても、「クソ」と呼んでも、
言っている事はみんな同じでどれも正体は同じだという事である。おっとFEPの中身は品か。

平成を平静、追及を追求、などなど誤変換が多いです。ツッコミありがとうございます。
漫画喫茶のPCって基本的にWindowsで標準のあのFEPですので学習能力がないのは
もちろん、変換についてもクソバカなんで怒濤のように入力しているとついつい見過ごして
しまいます。ご容赦ください。』(典拠)。

-----

こういうのを「ウソ」というのである。当人が全然気にしないでつく嘘のことである。
籠池夫妻の主張について整理しましょう。
・日本会議のメンバーをやたらアピール
→一度入会してバッジを手に入れたら更新手続きをせず退会していた。(6年前)

・安倍首相とは会った事がある、面識がある。
→首相の講演会に聴衆の1人として出ただけ。
・稲田大臣とは2年前に会っている、知らないはずがない。裏切られた思いだ。
→講演会を見に行って握手をしただけ。[中略]

・安倍首相に内諾を貰ったと勝手に名前を使って寄付金集め
→ただ使用許可を打診しただけ、首相側に拒否されるも繰り返し許諾を求める。
・稲田大臣は知らないはずがない10年前に夫婦で6000円ずつ、12000円を献金も
している。

→稲田朋美後援会の年会費が6000円。2名なので12000円也。
自分達を大きく見せようと他人や団体の名前を利用する非常に迷惑な連中だと言えます。
典拠)。
そのウソに悪意がないから日本人は困ってしまうのである。

-----

出てくる人物みんな嘘つきの「アベ友疑獄」の最新登場人物は菅野完である。
上から読んでも「かんのかん」、下から読んでも「かんのかん」の人である。(補注)
ノイホイは実はしばき隊の活動の一環として立ち上げた団体にあつまったカンパを
全額自分の懐にいれていたことがバレてしばき隊から追い出されていたというものです。

事実だとすれば最近しばき隊として他のメンバーとの活動がまったく見られなくなった事と
一致します。』(典拠)。
「朝日新聞」に事件を起こしたときにその犯人を「元自衛隊員」と書くという習わしがある。
この場合は「元しばき隊」ということでいいのだろうか。

また、ノイホイは強姦未遂でも訴えられており、
こうした事実が一気に広がると、
せっかく「ジャーナリスト(笑)」として偏差値28号軍団等々の代わりにノイホイを一気に
売り出そうとしているところに、その企みが一気に潰れる事になるかもしれません。

ノイホイを積極的にテレビに映させている連中は
騒ぎが大きくなればいずれノイホイの爆弾が爆発しかねない危険性を考えたら
はやいところフェードアウトするべきでしょう。』(同前)。
それを報道するマスコミも亦嘘つきなのだから、伝わってくる処はみんな要注意なのである。

-----

(補注)
「菅野完」という名前を、庵主は目読みして「かんの・かん」と読んでいたが、
本当は「すがの・わたる」と読むようである。その読み方は未確認故正しい読み方は不明である。
たしかに「かんのかん」では海苔屋さんの息子になっちゃうのである。

人を「煙に巻く」という言葉があるが、海苔屋だったら、同じようなことを「海苔で巻く」と
いえばいいのか。ちなみにこの場合の「煙」は「けむ」と読む。
籠池総裁は「人を煙に巻く」で、菅野完さんは「海苔で巻く」といえばいいのか。
前者は先天的なハッタリ性格の事、後者は嘘と分かってて言いくるめるという意味である。

[PR]
by munojiya | 2017-03-22 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/23998457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-03-23 日本の女... 2017-03-22 岸鮮明、... >>