2017-04-07 高校生の正論
「産経新聞」に掲載された高校生の投書の内容が正論だというのである。
その正論とは、民進党などの野党のレベルの低さを嘆いているものなのである。
一行でいえば、「民進党はもっと真面目にやれ」というものである。
チョウセン人系の人にはそういう民進党の駄目さ加減が分からないのだろう。

高校生だけではなく、良識ある日本人全員から、ばかにされてる、それが、民進党、共産党、
社民党、自由党だ!』(典拠米。以下も同じ)。
この高校生の言っている事は、まともな日本国民皆が思っている事である』。
日本人なら、みんな、否、殆どの人がそう思っているのだという事が分かるのである。

それが分かっているのに、まともな日本人は国会議員みたいな汚れ仕事をやらないのである。
「朝日新聞」の投書欄は朝日の記者が読者に代わって書いているものがあるといわれている。
記者が書こうが、読者が書こうが、それを選択するのは新聞社なのだから、どっちでも同じ事
なのである。すなわち、新聞社の意に適わないものは掲載されないという事である。

言っている事は間違いないんだが、高校生の投稿かどうかは自分には知る由もない。』。
誰が書いたかは詮索するまでもないのである。「産経新聞」の意見なのだから。
お酒の造りも詮索することはないのである。ただし、杜氏の名前は知っておいた方がいい。
出てきたお酒が実際に呑んだときにうまければいいのだから。お酒も旨いのが正論なのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-07 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24058013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-04-07 「米軍が... 2017-04-07 表現力が... >>