2017-04-12 真実が日本とは異なる星のファンタジー(后篇)
このあたりからファンタジーに辻褄が合わないところが出てくるという。
6.1945年8月15日とは、日本が戦争に負けた日で韓国の建国記念日と教えている。
植民地支配から8月15日の独立の前後経緯は、「韓国戦争」に続く話につじつま合わないので
教えていない。

7.竹島は1950年6月~「韓国戦争」で日本を追い出し取り戻した島と教えている。
8.北朝鮮と1964年に国境紛争が発生したが、同じ民族で殺し合う大きな戦争にならず。
また一度も北朝鮮とは戦争していない。
同じ民族同志で戦争する理由もないと教えている。

9.日韓条約は過去の植民地支配の謝罪、賠償条約で、韓国の立場はこの条約を基本にしてる。
10.韓国は戦勝国で、国連設立に参加した当事国で最初の国連加盟国であると教えている。
この歴史観は40代の韓国人に共通した歴史認識として教育されており、韓国の小中学校で
週3~6時間この教育をしている。

韓国民は疑いもなく日本を恨むように教え込まれている。』(典拠米)。
南鮮のテレビの歴史ドラマのきらびやかな衣装は全部嘘、おっとファンタジーなのだという。
朝鮮では、その頃はどんな酒が飲まれていいたのか。口の悪い人はトンスルだというのである。
それではファンタジーにならないから、歴史の不都合と同様にその部分には触れないのである。

-----

(後注)
日本は国じゃなくて
星だってことを忘れてた。』(典拠3:00)。
同様に、お隣の南鮮も「星」なのである。見えていても、実は遠く離れている星、である。

[PR]
by munojiya | 2017-04-12 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24082211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-04-12 幸せとは... 2017-04-11 美しいシ... >>