2017-04-21 今どきの新聞が馬鹿にされる理由
まず、この記事を読んでいただきたい。
福岡で、以前にも同じような事件があったような気がするが、銀行から降ろしたばかりの現金
3億8000万円が奪われたという事件の記事である。
この記事を書いている、もしくはただ書き写している記者は何の疑問ももたなかったのだろうか。

その現金はどういうお金なのかということである。
男性は現金について「福岡市内の取引先に運ぶ予定だった」と説明。』(同)。
まさか、である。今どきそんな大金を現金で支払うのは犯罪の金以外に考えられようか。
つまり、それを強奪した方は勿論の事、盗られた方も、犯罪者なのではないかということである。

記事を書くときにまず書くことは、盗られたお金はどういう金だったのかということである。
オレオレ詐欺のような犯罪行為で集めたお金だったら、盗られても同情の余地はないからである。
盗られた方が、よりあくどいことをやっていたかもしれないのである。
盗られたお金が真っ当なお金だとは、庵主には思えないのである。

警察発表の記事体裁で書かれた文章をそのまま書き写すとこういう記事になるという見本である。
第一報なので杜撰だが、委細や不審な部分は次報以降で調べて書くというのかもしれないが。
パチンコ屋でよく大金を奪われる事件があるが、あれは犯罪と見せかけた脱税だという説もある。
アル添酒を醸造酒として売ったりするのも、それをお酒と見せかけた脱法行為だったりして。

-----

今朝(4月21日)のラジオでは、「盗まれたという」3億8400万円という金額は、犯行
当日の田中金属の金塊80本(80kg)の値段とぴったり一致する金額なのだと言っていた。
どうやら、「盗まれたのが犯罪」なのではなく、その現金を「持ち出そうとした」のが犯罪の
核心だったようである、というのがネットの推測である。マスコミは“騙された”のである。

マスコミは、チョウセン人絡みの犯罪なので、またまた報道しない自由を発揮して犯罪の本質を
曖昧にし、報道したというアリバイ的におざなりに報道したといのが実際のところのようである。
ネットなら、すぐに素人が思いつくような事を何も調べずに報道するというのは手抜き以前に、
ためにする嘘報道といっても差し支えないだろう。

1948年に吉田茂がマッカーサーに朝鮮人の半島への強制送還を求めるが拒否された。もし
この時鮮人の送還が成立してれば拉致事件はなし。その後の多数の犯罪は激減してた』(同前米)。
やっぱりね、って感じ。待ち伏せもおかしいし、その額を現金でしかも一人、みずほの警備も
おかしい。これ、みずほも追及すべきだろうね。潰した方がいいよ。』(同前米)。

みずほ銀行もグルだったようである。勿論、銀行はそのことは必死に否定するだろうが。
3億円もの大金を現金で用意するという時点で異常なのである。
グルでなければそんなことをするわけがないと思うのは庵主の常識である。さて真実は如何。
この事件は、おかしな事だらけだったが、やはり自作自演か。』(同前米)。

-----

素人でもこれぐらいの事は推理できるということである。みずほ銀行もグルだという事はまず
間違いないだろう。今回はあまりにも有能な福岡県警も、と邪推したくなるが、それは否か。
銀行名「みずほ」と聞いて、南朝鮮を介した北朝鮮への不正融資が頭に浮かんだ。朝鮮総連系
の会社と組んで!

それとも、日本国政府が出した偽慰安婦財団への10億を不正に使用し、それを穴埋めする為の
裏融資も考えられる。南朝鮮民団系の会社と組んで!
どちらにしても、日本国の金が朝鮮ベッタリの「みずほ」という銀行から、茶番の強盗という
犯罪を介して朝鮮半島へ流れようとしていた事になる。

先ず、4億に近い現金を30前の兄ちゃん一人に持たせて、行員も警備も着けずに100mも
離れた駐車場まで行かせる筈など有り得ない。
東京都足立区の会社とは、いったい何という会社なんだ!?
何で福岡の「みずほ」で金を出したのか!?』(典拠米)。

すべては仕組まれたこと。
盗られたほうも銀行も、キムチ臭プンプンだ。』(同前米)。新聞はそれを消臭して報道。
自作自演で資金を倍にする方法ニダ~ アホだろこいつら。チョン土人は糞!』(同前米)。
皆 知ってます』(同前米)。汚鮮マスコミはそれを知らない振りをしているのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-21 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24108179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-04-21 皮肉な現... 2017-04-20 4月15... >>