2017-04-23 胡散臭い人はみんなチョウセン人にされる国
在日韓国人の国会議員29名』(典拠)という動画がある。
動画なんか見ていたら時間がかかってしょうがないので、結論だけ書き出してしまう。
小沢一郎
菅直人

鳩山由紀夫
土井たか子[故人じゃなかったか。通名を変えてまだ生きているということかな]
千葉景子[この人もつい最近なくなっているぞ]
近藤昭一

岩國哲人[0:53の顔を見たらソレらしい顔になっているのである]
土肥隆一[韓服を着た写真が良く似合っていたのを於保得ている]
金田誠一[人のよさそうな顔をしているが、「金田」姓が決め手か]
岡崎トミ子[ご逝去、である]

簗瀬進
山下八洲夫
中川正春[以下は欄外で]』。故人が混ざっているのでよく見たら2015年のアップだった。
人は見かけによらないというわけである。酒も、ウオッカの「スミノス」は実は南鮮製なのだ。

-----

横路孝弘
鉢呂吉雄
今野東
松野信夫

平野秀夫
赤松広隆
松岡徹
水岡俊一

群和子
犬塚直史
佐藤泰介
谷博之[経歴が可笑しい。最近の経歴が「離婚裁判中」]

藤田幸久
増子輝彦
江田五月
高木義明』(典拠)以上。

-----

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」という言葉がある。
占い業界のキャッチフレーズである。
責任は持ちませんよと言っているのである。
その伝で、「当たるもネット、当たらぬもネット」である。

どこまで信じるかは見た人の勝手というものである。
何人かはそうかもしれないなぁ~っていう人も居ないではないけどまぁまずこんなデカい耳の
コリアン居ないでしょ~』(典拠米)。
通説で、耳たぶのないのはチョウセン人の特徴だとされている。根拠は知らないけれど。

耳たぶがある耳はシナでは福相というのだそうだ。車のプレートナンバーの8を福相だという
民族の見解である。
チョウセン人の特徴だといわれている耳たぶのない耳は、しかし、日本人にもそういう人がいる
ので、それは必要条件であっても十分条件ではないという事である。必要条件を備えた人の例

何で安倍晋三の名前載せないの? 知らなかった? 自民党支持者?』(同前米。次も)。
安倍晋三こそが朝鮮人だからな、桝添[舛添]もそうだし、もう日本はずつと前から朝鮮に
乗っ取られている、朝鮮国家だから、俺は日本人だから[、]こんなの嫌だと言ってるヤツは
日本から出ていけばいい。そう言うヤツもまた朝鮮人なんだよな。馬鹿は知らないだけ。』。

-----

安倍晋三 発言集
たまたまハマコーさん([故]浜田幸一元代議士)からも同じように言われたことがありました。
「君が答弁しているときは、それまで寝ていた小泉さんが、パッと目を開けて聞いているよ。
あれは君が総理になっても大丈夫かどうか、確かめているんじゃないか」と。』(典拠)。

そのようなことがあったと、事実をそのまま伝えるのが報道である。
それに、「このことは問題を呼びようです」と書き加えた記事は記事を装った社説である。
新聞は、本文では報道に徹するべきだという意見はそれである。
「朝日新聞」や「産経新聞」が好きだという人は、その社説が好きなのである。

庵主は「朝日」でも「産経」でも、「報道」の部分は有用だが、「社説」の部分は必要ない。
一つの事実はそれの解釈によって、真実が変わってくるからである。
こんな男とは早くおさらばしたいと思って女が「今夜は楽しかったわ。どうもありがとう」と
笑顔で言った言葉に、その男は、それを自分に好意をいだいていると解釈する事も可能なのだ。

ハナコー(故人なので敬称略)はヤクザだが、多分日本人だろう。その耳たぶ
耳たぶなしの日本人はいるが、逆に耳たぶありのチョウセン人はいるのだろうか。
小泉元総理は親の代からチョウセン人とされている。ハマコーはそれを知っているから、「安倍、
小泉はお前を贔屓にしているぞ」と嫌味で言ったというのが真相なのかもしれないのである。

-----

念のため、ネットで小泉元総理の耳たぶが写っている写真をさがしてみたが、なんと、ライオン
呼ばれた髪形でそれがよく見えないのである。あの髪形は耳を隠すためだったのかも。
この写真などは、カメラマンも「同胞さん」かと思えるほどだ。肝心な所が上手に隠されている。
しかし、である。紋付きの写真を良く見ると、耳たぶあり</a>に見えるのだ。

ならばご子息の耳たぶはと、同じ記事にある進次郎議員の耳たぶを見たら、立派な“福相”だ。
あれっ、「小泉純一郎チョウセン人説」はどうなるのか。
万能の解答は、「あれはチョウセン人がよくやる影武者。耳たぶのある方が影ってこと」。
今一つの解答は「耳たぶのあるチョウセン人もいる」。ならば日朝の見分け方の役に立たないが。

[PR]
by munojiya | 2017-04-23 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24111609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-04-24 「俺は泣... 2017-04-22 和文解釈 >>