2017-04-29 2017年4月の園遊会
今年(2017年)の春の園遊会の映像である。TV局が撮影したものである。
当たり前だが、手プレ映像と比べたら格段の差である。カメラは動かすなが映像の基本なのだ。
カメラをちょろちょろ動かすような事を「奇をてらう」という。見ていて疲れるのである。

カメラは動かさずにどっしりしていなければならない。
お酒もそれが基本である。香るお酒とか、超すかすかの辛口酒というのは奇をてらった酒だ。
呑んでいて疲れるのである。
やっている方は進取なことをやっているつもりなのだろうが。

さて、園遊会では、皇室は麗しいのである。出席者は晴れやかなのである。
一人だけ、奇をてらった人がいるのである。あれっ、と目が行くのである。
こちら影武者なのか、突然性格が変わったみたいなのである。
今まで、間違っても着物を召されることがなかった人が突然着物でのお出ましなのである。

動画1である。
そのタイトルが可笑しい。
【天皇家の秘密】美智子さまもお喜び! 雅子さまが大きな壁とも言われる園遊会に和装で
挑まれる』(同)。「臨まれる」ではなく「挑まれる」なのである。奇跡が起こったというのだ。

-----

『和服を着ることが何故、そんなにご負担なのですか? 美容師が着付けもするでしょうに。』
典拠)。出自が日本人ではないので、和服を着ることに精神的抵抗感があるか、信仰上の都合で
皇室のしきたりには馴染めないのか、皇室を破壊するために送り込まれた工作員なので、我が国の
伝統をないがしろにする振る舞いをわざとやっているか、といったところなのかもしれない。

まさか、とは思うが、その任にたえる能力がおぼつかないということはあるまいが。
御名は「まさこ」だから、その名のとおりに「まさか」だったら、本当に困るのである。
祭祀の継続が皇室の本来で、それができないというのだから、そっちの能力を疑わざるをえない。
武家では「三年子なきは去れ」とされたらしい。皇室なら「三年祀りなければ去れ」だろう。

[PR]
by munojiya | 2017-04-29 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24126622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-04-30 「これは... 2017-04-29 左巻きの... >>