2017-05-07 「い・や・が・ら・せ」
だれが考えた表記なのか「お・も・て・な・し」。
素直に「おもてなし」と書かないのである。
素直に書かない含みを想像する暇はない。
一方の「い・や・が・ら・せ」は勿論、チョウセン人の得意とするところである。

日本人「人のいやがることをすすんでやる」
チョウセン人「人のいやがることをすすんでやる」
というギャグがある。
日本の在南鮮大使や領事が一時帰国するという状況にあって来日南鮮人が増加しているという。

朝鮮人を国内に入れない、今日本にいる朝鮮人や在日を半島へ送り返す、これらの対応が
出来る国家にするためにも、そのような志をもった政治家を選出・支持していきたいですね。
典拠米)。その政治家の多くがソッチ系だからねぇ。
『散々反日やっといて良く日本に来れるな、コイツらの頭は理解できん。』(同米)。

日本人としては、韓国人の顔も見たくないほど嫌っているのに、訪日人数が増えているとは、
嫌がらせに来ていると思わざるを得ない。』(同米)。
今どきの日本映画なんか、俳優が殆どソレなので、見飽きているというのに。
一方で、日本人の舌は正直である。韓国酒の輸入がどんと減っているというのである。

-----

いやー、俺はたくさん韓国人も在日も知ってるけど、表立って反日してる奴らなんて一人も
見たことないぞ。
確かに腹の中に爆弾抱えててスイッチが入ると反日になるんだろうけどな。
まあ、そういう奴らだと思って付き合っていけばいいんじゃない。』(典拠米)。

一人ひとりを見ればたしかにそうなのである。辛淑玉や金慶珠のような反日芸人を除いてだが。
しかし、それが集まると凶悪な反日団体になるのである。日本に原爆を落とせというのだ。
日本人にとっては南鮮人は、北鮮人同様に危険な人達だということには変わりない。
相互無関心条約締結推奨!』(同米)。

私は[南鮮人の]彼に「では、いったい日本がどうしたら、韓国が日本を許すと言うのか?」
と質問しました。
彼の答えは「日本が韓国を併合したように、韓国が日本を40年支配し、日本の男性を奴隷にし、
日本の女性を慰安婦にしたら許してもいい」と言うものでした。』(典拠)。

その南鮮人の発想は殆ど妄想である。
南鮮人に40年も“支配”されたら、日本中が雲古だらけになってしまうからである。
日本人は、そんなきったないのは受け入れられないからである。
南鮮人の危険性は次のように分析されている。

-----

韓国が望んでいるのは日本を技術的経済的のみで勝つ事ではなく、日本を軍事的に制圧し屈服
させる事が最大の願望なのです。
いまだに「日本と韓国は話し合うべきだ。きっと仲良くなる」という意見を言う人が、日本には
存在しています。[それを言うのは、多くは日本人を装ったチョウセン人だと思われるが]

「お前の家を燃やし、妻や娘を慰安婦にし、息子は奴隷にして復讐したい」という相手と
話し合って、仲良く共に過ごせるものでしょうか?
現実に韓国の世論を聞いていると、核武装は韓国の悲願のひとつだと感じます。』(典拠)。
南鮮に核を持たせたらなぜ危険なのか。また核を持った北鮮と統一させてはならないのか。

前の引用の続き『それは核無しには大国に勝てないと言う自覚と共に、その核を使う相手として
明らかに日本を意識していると感じます。
日本から見れば、韓国が勝ちたいなら切磋琢磨して努力して大国になればいいではないかと
思いますが、彼らはそんな手間を掛けたくなく、文字通り日本を征服し滅亡させたいのです。』。

気違いに刃物というが、南鮮人に核兵器を持たせることはまさにそれなのである。
そして、文化の違いから、話し合って通じる相手ではないということである。
そんな連中に知恵をつけさせた先の日本人は自らパンドラの箱を開けてしまったのである。
チョウセン人になした善意を自業自得と言ったのでは、言葉がむなしく踊るだけである。

-----

ちなみに「パンドラ」というは美しい乙女の名前なのだという。
その写真がここで見ることができる。
「美しい」の裏側が「災い」だというのである。
災いの箱は開けてはいけないというのがパンドラの箱である。

その写真の乙女を見ると、多くの人が美人だと認識する筈である。
お酒の「うまい」はそれなのである。多くの人が一致して認める美しさのことをいうのである。
よって庵主が「うまい」というお酒は多くの人にも「うまい」お酒なのである。
さらに漢字で「旨い」と書くときは、見た目の美しさに性格の良さが加わった場合をいうのだ。

[PR]
by munojiya | 2017-05-07 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24153477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-05-08 譬え話の... 2017-05-06 陰謀論、大好き >>