2017-05-26 チャイナ人は日本人を誤解しているという
「かなり誤解してたよ!」中国人観光客に、自分の目で見た日本の印象について聞いてみた!
典拠)。これからは、引用文であっても、「!」と「?」はすべて削除しようと思う。
書き写していて気付いたが、目障りなのである。その部分だけ、目にうるさいからである。
「かなり誤解してたよ」中国人観光客に、自分の目で見た日本の印象について聞いてみた』。

見た目がすっきりしたところで本題である。
チャイナ人観光客に日本人の印象を聞いたという動画である。
動画といっても、動くのは文章の部分だけで、画像は動かないものが多い。
すなわち、中国人がいうところの「偽物」なのである。その動画という呼称は。

中国人と日本人、全然著しい違いはないと思う。私たちはみな同じ人間だから。』
(同3:08)。と、いう意見の次がこれだった。
店員のマナーが全く違う。商品はどれも偽物ではなく本物で信頼できるし、品質を心配
しなくていいい。』(同3紺16)。全然違うのである。

チャイナ人は偽物大いにありの人間であり、日本人はそういう事を嫌う人間なのである。
向かう所が正反対なのだから。「かなり誤解」とではなく、「かなり盲信」と書く処だろう。
偽物結構のチャイナには、いまでも偽酒が跋扈しているのだろう。
「信頼できない、そして品質の心配をしなければならない」という日本にはない珍奇な酒が。

-----

日本は中国に比べたら楽園みたいだ』(典拠4:50)。
楽園にいるやつが自殺するかよ』(同前4:55)。
中国人だって昔は本当にマナーがよかったんだから。』(同前5:04)。
その才能を今は発揮できないだけなのか。

それよりも、昔のチャイナ人の事を知っているというコメントは誰が書いたのか。
昔のチャイナを知っている老人が書き込んだものか。年寄りがネットをやっているのか。
あるいは若い人が書き込んだのだとしたら、又聞きで理想を語っているのか。
すなわち南鮮人が南鮮の歴史ドラマ(妄想)を信じて昔〈ゆめ〉を語っているようなものなのか。

毛沢東と馬鹿げた文化大革命のせいさ。
毛沢東は中国で生まれた最大の愚か者として、歴史に名を残すよ。』(同前5:09)。
最大数のチャイナ人を殺した人物としてもである。軽く見積もって二、三千万人、多くは一億人
弱のチャイナ人を大虐殺したとされている。シナの事だから数字は大袈裟かもしれないが。

日本人にそんなに大量殺人が好きな人〈ヒーロー〉はいないのである。
文化大革命と称して同じチャイナ人を殺してその内蔵を食べちゃうような日本人もいない。
日本人は人肉を食べない。墓を暴かない。清潔な便所が好き。チャイナ人とは全然違うのである。
「同じチャイナ人」を食べたと書いたが、北鮮人と南鮮人みたいに違う人種だったのかも。

-----

『天安門事件の前は、日本に対する憎しみはあまり聞いたことがなかったよ。あれから
中国政府は、人々の怒りの矛先を別のものに変えようと注力しだしたんだ。』典拠8:20)。
中国政府は毛沢東と共産党が、日本の軟禁事件の何倍もの市民を殺している事実決して
伝えない』(同前8:34)。

『北京に住む日本人学生ですか[ママ]、文化的・政治的見解の総意はありますが、若い世代は
問題なく価値観を共有できますし、僕らの世代を信じてます。』(同前5:52)。
日本のアニメの影響はすごいのである。あのチャイナ人に対してすらも、しっかり、まともに
教育してしまうのだから。奪う民族〈シナ〉と、与える民族〈にほん〉の違いなのだろう。

チャイナ以外の外国人も日本を誤解している人がいるという。
バカンスで日本に行ったって言うと、かなりの人がショックを受けて嫌な顔するの。日本は
奇妙なところで、日本人は変わってるって。メディアは日本をかなり否定的に取り上げ、気持ち
悪くてアブノーマルな漢字に報道します。』(典拠7:38)

それって、「変態新聞」の英字版がやっている報道の受け売りじゃないのか。
その事情をネットで読んで知っていた日本贔屓の外国人が、たまたま毎日新聞の新聞店の前を
通ったときにその看板を見て怒りだしたという話を聞いたことがある。日本の悪口を垂れ流す
新聞はその店の前を徹だけでも汚らわしいというのである。

[PR]
by munojiya | 2017-05-26 01:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24240853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-05-27 今週の嫌... 2017-05-26 キムタク... >>