2017-06-01 こういう見せ方もある
上手なものである。
動画にこういう見せ方があるのだ。飽きさせないのである。
というより、そのスケージュールのハードなことに驚くのである。漢字で書くと激務である。
それは利口な人はやらない仕事の一つだろう。それなのによくやってくれると敬意を込めて。

そして、最後はシンガポールの人が泣かせてくれるのである。
平和を愛するということはそういう気持ちの交流をいうのだろう。
それに引き換え、チャイナ人やチョウセン人が反日を掲げて、我が国の平和憲法を冒涜するかの
ように「平和を求めない諸国民」であるころを標榜するのは極めて危険な事なのである。

日本人に戦う意思はなくても、中韓人は善人の顔をして襲ってくるからである。
反日という振る舞えさえなくなれば最低の友好は可能かもしれないが、今はその段階ではない。
全くもって知りませんでした。報道機関てなんなの。
普段TVは見ませんがTVってなんなの』(典拠米)。

日本のメディアが得意の報道をしない自由を行使したの過ぎません。
全く、反日左翼集団であるメディアは国益に反するって事が全て判りました。
それを利用している日韓議員連盟は潰すしかない。』(同米)。
「お酒は本当は旨いものだ」という事に関しては報道しない自由を発揮してもらって結構だが。

-----

今はグーグルの覗く趣味のお蔭で世界がこんなに近くなってしまったのである。
庵主が生きている半径5メールの外には広い、といっても所詮は有限の丸い地球ではあるが、
庵主がまだ見たこともない、また、見ることもないだろう、そして見る必要もない世界が
あるということである。今回はあっと言う間にチャイナ国の杭州に行けちゃうのである。

案外、こういうネタを専門に作ってネットにアップすることを仕事にしている会社があって、
そのコメントも現地の人が書いたものではなくて、こっちで作ったものをいかにもそれらしく
載っけているのだったりして。
だいたい、安倍総理の書いた文字〈メモ〉に誤字がないということからしてアヤシイのである。

これらのレスが本当に中国の人々のものだとしたら、
中国にも理性的な判断ができる人が
一定数いる、ということだろう。
そこら辺りは韓国などとは少し異なるように思う。

それだけに、あらゆる物事が健全な方向に進むよう
この国が本腰を入れれば変われる可能性が有ると思われるだけに残念だ。』(典拠米)。
ありそうでないもの。「チャイナの民主主義」もそれだったりして。ネタ臭いのがこれである。
よく見ると「裁」の字がアヤシイのでこれは総理の真筆だろう。前言訂正、である。

[PR]
by munojiya | 2017-06-01 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24302455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-06-02 「ダサい... 2017-06-01 南鮮の悪... >>