2017-06-05 特使の椅子
安倍首相が韓国特使を露骨に侮辱してることが判明』(典拠)。
南鮮から、文在寅大統領の特使として文喜相元国会副議長がやってきた時の安倍総理の対応が
見事だったというのである。
特使に敬意を表して、総理より少し低い椅子に座ってもらったというのである。

南鮮は、先に安倍総理が李明博大統領に新書を送ったら、郵送で突っ返してきたという。
さらに、安倍総理が朴槿恵大統領と会談した時には、会談後に昼食を出さなかったという。
非常に丁寧な対応をされたお礼を込めて、安倍総理は今度の面会にはそれに劣ることのない様に、
即ち相手方の礼に倣って失礼のない対応をもって臨んだというのである。

それて、特使が座る椅子より一回り大きい椅子をわざわざ倉庫から持ち出してきて座ったという。
生け花も普段より一段と高いものに設えたという(典拠3:38)。
その花の色が黄色であることはいうまでもない。気配りにそつはないのである。
かつて習近平が天皇陛下に謁見を強要したときも生け花は黄色い花だったのである。

『これ安倍が中国にやられたよね
日本だけ国旗無しのパイプ椅子』(同5:02)。そういう対応もあるというのである。
特使に対する対応は破格の対応だったようである。
もちろん、昼食も、旨いお酒も出さなかったのだろう。礼に厚い対応だったのである。

-----

そこまでしかたどうかは分からないが、それをしたなら特使に対する対応は完璧である。
特使が退室あとで、しっかり塩をまくことである。
そもそもチョウセン人には「恩」という概念がないというが、「約束」という概念もないのでは
ないか。南鮮語の「約束」という言葉自体、日本語からの流用なのである。

すなわち、それまでチョウセン人には「約束」という観念すらなかったのである。
約束とは守るものというのが前提であるが、チョウセン人は自分の都合が悪くなったら約束は
破ってもいいと認識しているようなのである。約束を軽くみているということである。
あてにならない約束を連発する南鮮人を信用せよという方が間違っているのである。

[PR]
by munojiya | 2017-06-05 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24341076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-06-06 都市伝説... 2017-06-05 今週の誤... >>