2017-06-15 在日チョウセン人が半島に帰れない理由
ただ、在日チョウセン人はそれだけの事すらできないから忌避されるのである。
日本に居たいのなら日本の常識を知って日本の国内法を順守し、謙虚になれば誰も文句は
言わない。郷に入れば郷に従えだ。それができていないから嫌われるそれだけのこと』
典拠米)。多くは日本に馴染んでいるのだが、声高の少数がどうしようもないのだ。

在日チョウセン人が半島に帰れない理由は、その身分差別にあるというのである。
在日チョウセン人が祖国に帰ると、日本ではありえないような差別をされるというのである。
そういう穏やかな日本人を怒らせてしまったのだから在日チョウセン人は嫌悪されるのである。
「日本が嫌なら出て行け」と言っても差別でもなんでもないのである。当然の事なのだから。

持てなされたお酒に対して不味いとぐだぐだ言うのなら、好きな酒を自腹で呑めばいいのである。
それを、もっとうまいお酒を出せと文句を言ったら、嫌なら帰ってくれとしか言いようがない。
意に適う旨いお酒が呑みたかったら、自分で求めて呑めばいいのである。
人にたかっておいて、もっと旨いお酒を呑ませろと声高に言えば嫌われるのは必定である。

そして、在日チョウセン人の殆どは日本に密入国した人達なのである。
その存在自体が違法なのだ。追放しようにも本国である筈の南鮮がそれを引き取らないという。
自分を鍛え、修行する過程で、朝鮮民族のしがらみからはなれ、立派な選手になる人と、
やはり、朝鮮民族特有の血が残る人と別れると聞く。[リンクは庵主]』(典拠8:16)。

[PR]
by munojiya | 2017-06-15 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/24463834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2017-06-16 報道しな... 2017-06-15 物は言い... >>