「ほっ」と。キャンペーン
倍掛けか利幅一定か
居酒屋が提供するお酒の値段の付け方のことである。
銀座の和食の店で
1800円の「すず音」(すずね)を呑まされたことがある。
おいおい、である。

なにが
おいおいなのかというと、
高過ぎるからである。
ぼったくりだと思ったからである。

一ノ蔵の「すず音」というのはこういうお酒である。
蔵元のHPから引用する。
『淡雪にも似た薄にごりの「すず音」は、
グラスに注ぐと繊細で涼しげな泡が立ちのぼる発泡性の清酒です。

低アルコール酒の残糖分を瓶内で再発酵させ炭酸ガスを封じ込めた
弊社オリジナル製法による手づくり品で、
可愛らしさの中にも凛とした気品のある鈴の音をイメージさせる
優しい味わいです。』

「すず音」の小売価格は300ML瓶入り1本700円(税別)のお酒である。
1800円÷700円=約2.5倍。
それを見る限り合理的である。
一升瓶で2000円の酒を一合550円で提供するようなものだからである。

お酒は原価の2.5倍といった平均的なところに収まるからである。
しかし、1800円というのは
庵主には直感的に高いと感じる値段である。
その絶対金額がである。

ここに五勺で2500円のお酒がある。
絶対金額はさきの「すず音」よりは高いのだが
庵主はそれを高いと感じないのである。
なぜなら、龍力の「秋津」だからである。

「秋津」は一升瓶で30000円のお酒である。
一合が3000円だから五勺では1500円となる。
2.5倍すると3750円になる。
3750円もするお酒なんか庵主には高くて呑むことができない。

それが2500円で呑めるのだからこれは安いのである。
原価の約1.7倍での提供である。
それでも、提供価格2500円-原価1500円=お店の儲け1000円となる。
定価で仕入れているわけではないだろうから実際の利益はもっと多いわけである。

原価200円のお酒をその3倍で提供すると600円になる。
2倍の儲けだが1本600円という絶対金額が安く感じるので文句をいう人はいない。
利益額は1本売って400円である。
一升瓶当たりの利益は4000円である。

一方、さきの「秋津」の売り方では
一升瓶当たりの利益額は20000円となるということである。
高いお酒はこのように十分に、いや十二分に儲かるのである。
これって呑んでいて癪だと思いませんか。

大衆酒場は1本につき450円の利幅でお酒を呑ませているのである。
高いお酒を出すお店も1本当たりの仕入原価に500円程度の利益を乗せれば
十分ではないかと庵主は思うのである。
すなわち高い酒は1本当たりの利幅を一定にして売ってほしいという思いである。

お酒は料理と違って買ってきたお酒それ自体をそのまま出すものである。
お店が造ったものではないのにそれをただ右から左に移すだけで
原価の何倍という提供価格を付けるというのは強欲というものである。
さきの「秋津」を利幅一定でやっても一升瓶で10000円の儲けが出るのである。
[PR]
by munojiya | 2006-01-12 22:11 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://munojiya.exblog.jp/tb/2519550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ★番外篇・パソコンの故障★ どこでお酒を呑むかでは書ききれ... >>