2014年 09月 15日 ( 2 )
2014-09-15 李香蘭
李香蘭〈り・こうらん〉という名前は、その時代を知らない庵主にも格別の思い入れがある。
夜来香〈イエライシャン〉」である。リンク先は映像。音が出るのでご注意。
なぜか、この歌が好きなのである。
庵主は、プチ鬱症の気〈け〉があるのだが、この歌はその特効薬の一つなのである。

落ち込んだ気分を高揚させてくれるからである。
覚醒剤をやると、俄然気分が高揚するというが、そっちの高揚ではなく、それ以下には気分が
沈まなくなるという意味での高揚である。反発と言った方がいいのかもしれない。
要するに、鬱気分を忘れさせてくれる歌なのである。

おそらくは、日本人の、国を挙げての高揚期に作られたものだからだろう。
人もそうだが、国も、海外に発展するときの高潮感は国民の心を奮い立たせるのである。
日本は昭和20年8月15日の終戦、そして同9月2日の敗戦とピークを越えるのである。
時を同じくして、日本酒は、三増酒というとんでもない酒を造り出したのである。

戦後の日本酒は鬱然とした酒だったのである。呑むと気分が消耗する酒だった。
いま、日本酒は、絶頂期を迎えているのである。うまいお酒が簡単に手に入るようになった。
だから、今、気分が落ち込んだ時に、本当にうまいお酒を呑むと、鬱気分が簡単に消えていく
のがわかる。うまいお酒は、実は庵主の鬱気分解消剤なのである。薬はリスクともいうけれど。

-----

その李香蘭が亡くなったという。94歳だったという。2014年9月7日死去。
大鷹淑子〈おおたか・よしこ〉、享年94。ちなみに、享年には歳を付けないのだという。
リンク先の記事のは晩年の写真が使われているが、それでも、齢を考えれば十分「美しい」
容貌なのではあるが、若いころに李香蘭の写真を使うかどうかは別れる所だろう。

李香蘭の写真はここにあった
庵主にはそれが李香蘭なのか判別できないのは同時代に生きていたわけではないからだが、
それは山口淑子の死ではなく、やっばり李香蘭の死であってほしいのである。この人の肩書は、
元女優というより、元李香蘭と書くべきなのか。昭和の灯〈あかり)がまた一つ消えた。

[PR]
by munojiya | 2014-09-15 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2014-09-15 あっ危ない、その正体は中国産
「あっ、危ない その正体は民主党」というキャッチフレーズがあった。
民主党議員が、党籍を隠して立候補するからである。
民主党は、チョウセン政党と目されている。
大方の議員が韓国人の帰化人や在日チョウセン人だからである。

仮に、日本人であったとしてもその振る舞いはチョウセン人ということで同一視されている。
反日精神が旺盛なチョウセン人が、日本人にとって危険な人達であることは間違いない。
日本人に対して牙をむいている人達だからである。
その実態が露〈あらわ〉になったのが最近の嫌韓ブームなのである。

食品では、その民主党の役目を中国産食材が担っている。
韓国産食材はきったないということで、だれも見向きもしないから、問題にもならないのだ。
そんなことより、外食、特にチェーン店の1000円以下の食品て、米からして輸入品。
カツもソテー肉もどっかの工場でつくった冷凍。

とんでもない時代になっちまったもんだ。
ラーメンだって原液スープからして中国の工場製なんだろう。
チャーシューの豚肉も中国産かアメリカ産。
ネギまで刻んだのを輸入してるんだろう。
』(典拠米)。お酒は大丈夫だとは思うが。

-----

近所の食堂で「当店のごはんは国産のお米を使用しています」という張り紙を見たことがある。
ということは、邪推すると、外国産米、勿論その外国とは中国のことであるが、そういう米を
使っている外食店もあるということなのである。
庵主がいま食べている「メリケンコシ」は存外うまいのだが、中国産米はねぇ。

もやしは安くて健康にいい、貧乏人救恤〈きゅうじゅつ〉野菜として一定の評価があるが、
しかし、その大豆が多くは中国産なのだという。外食は害食と書いた方がいいのかもしれない。
梅干しの梅は日本市場の50%が中国産、辣韮は70%が中国産だと読んだ事がある。
蕎麦粉も想像に難くないのである。国産ならあんなに安いわけがない※からである。

-----

※『立ち食いそばの原価という話なんだが、蕎麦粉が3割しか入ってない蕎麦で、しかも蕎麦も
小麦も中国産かオーストラリア産で、国産の1/3から1/5という価格、おまけに、蕎麦粉も
良い所から1番、2番、3番とあるんだが、余った3番粉を使うわけで、あれくらい原価の安い
モノはない。ところが、世の中、下には下があるというもんで、もっと原価の安いのはうどん。

讃岐とか、山奥の一軒家みたいなうどん屋があるんだが、一杯100円で食えたりする。
もちろん、国産小麦では粉代だけでも25円以上なので、オーストラリア小麦です。
オーストラリア産スタンダード・ホワイトというヤツで、一杯あたりの原価では5.5円。
雑な機械で雑な作り方をしたうどんは、ひと玉20円で売るのも可能だろう。


-----

補遺『国産の蕎麦粉は、質にもよるんだが、1kg800円前後ではないかと思う。
輸入だと1/33です。3割蕎麦だとして、輸入だと蕎麦だけの原価が8円。小麦が加算され
て、まぁ、「原価30円」というのは、そんなもんだろう。ちなみに全てを国産で賄うと、
蕎麦ひと玉あたりの原価は150円くらいになると思う。

[PR]
by munojiya | 2014-09-15 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)