2017年 02月 05日 ( 2 )
2017-02-05 「質の低いサイトは下位」というニュース
米グーグルの日本法人は3日、インターネット検索で、有用なコンテンツを持つ高品質な
サイトがより上位に表示され、質の低いサイトの順位が下がる仕組みを導入したと公式ブログで
発表した。特定のテーマの情報を集めた「まとめサイト」で、検索の上位に表示させ、閲覧数を
増やすため、無断引用や真偽不明の記事が相次いだことへの対策とみられる。

グーグル日本法人は「ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えた」と公式ブログで表明した
が、品質の具体的な判断基準は「公表できない」(広報担当者)と説明している。
(2017/02/03-20:15)』(典拠JIJI.COM)。
こういう、そっくり転載という「記事」も下位になるのだろう。

その記事には「サイト」とあるから、そのサイト全体にかかる仕組みだったら、その中にある
多くの記事の中に一つや二つの転載〈パクリ〉があっても影響はないのかもしれない。
それよりも、グーグルには、まず検索記事の見出しの頭に掲載日を載せてほしいのである。
例えば、今年の「日本酒フェスティバル」を検索したら、以前の記事が最初に出てくる事がある。

それが最新情報だと思って開催日を見たら二年も三年も前の記事だったという事があるのである。
もっとも掲載日が最近のものでも、中の記事は過去記事の再掲載だったりするから迂闊に掲載日
を信用することはできないのであるが。
お酒の製造年月は必ずしもそのお酒が作られた日にちではないように、である。

-----

お酒の「製造年月」はそのお酒を商品化したときの日付を押すしきたりになっている。
だから、三年前に醸したお酒を三年間タンクの中で熟成させて、今年瓶詰めして商品として
売り出したら、そのお酒の「製造年月」は今年の日付になるのである。
ネットの掲載日も、記事が書かれた時点と一致しないという事ではそれと同じなのである。

[PR]
by munojiya | 2017-02-05 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-02-05 着物の美人写真
着物を着ると女は美しく見える。
いな、美しく見える、と思わなくてはいけないというのが日本の文化なのである。
相撲取りは、客観的にはメタボ(でぶ)の醜体であるが、日本人はそれを美しいと見るのだ。
そうでなくてもそう見えてしまうのが文化なのである。日本人の文化なのである。

着物を着たら女はみんな美しく見えるのか。
かえって下品に見える人もいるのである。
二枚目の写真のお三方はしっくりしていると思うのに。

背広には胸にボタン穴が付いているが、着物にはそれがないから困ったことになったのである。
それを付けるところによってその人の品位が出てしまうからである。
着物の胸のあたりにバッチを付けてもいいのである。
ただ日本人離れしているというだけのことなのである。つまり違和感があるということである。

では口直しならぬ、おめめ直しの着物の写真である。こういう着物姿ならほっとするのである。
真ん中の咲ちゃんは朝鮮系美人だといわれているから、左の葱みたい名前の人もそうなのかも。
右のゴリ押しさんも赤貧だったというから出自はそうかなと思いが巡る芸能界の着物写真である。
もし原料米が朝鮮産というお酒があったらそれを日本酒と呼んでいいものか。思案する処である。

-----

「本醸造酒」と呼ばれるお酒がある。
「本物」の「醸造酒」と呼んではいけない。
それはアル添酒なのである。
ただし、アルコールを混ぜる量が原料の白米重量の10%以下に制限しているお酒である。

それぐらいの添加量ならお酒と呼んでも許されるだろうという業界の自主規制なのである。
昔、「三増酒〈さんぞうしゅ〉」と呼ばれるお酒があった。
それはお酒にアルコールを添加して三倍量に増量したお酒である。
もやは、お酒とは呼べない代物だが、それをもお酒だと看做すのが日本の文化だったのである。

アルコールを混ぜて三倍という事は、一升瓶ならその内にお酒は3合しか入ってないという事だ。
お酒にアルコールを混ぜたというより、アルコールに気持ちばかりのお酒を混ぜた状態である。
100%ジュースに33%水を混ぜたものなら、まだジュースと見ることができるが、
逆に、水にジュースが33%混ざっている状態をジュースだと強弁できるかということである。

「水っぽい酒」という言い方があるが、「酒っぽい水」だったら、それは水だろう。
で、日本の人口はいま1億2700万人ぐらいだと思うが、その内に朝鮮系の人が2650万人
いるという説を聞いたことがある。もしその数字が正しいとしたら、総人口の20%に当たる。
だんだん日本が酒っぽい水になっていくというのである。奇麗な着物美人の写真が好きですか。

[PR]
by munojiya | 2017-02-05 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)