2017年 02月 08日 ( 2 )
2017-02-08 チャイナ国が世界で尊敬されない理由
チャイナ国はアフリカに多額な援助をしているのに、なぜ日本の援助の方が評価が高いのか。
その理由をチャイナ人が自己分析したというのである。長い文章で。
しかし、その理由を賢明な日本人はたった3行で解き明かしているのである。
答は簡単

シナチクは劣等民族であり、
日本のおかけで近代化されたのに
その恩ある日本にいやがらせばかりしてるからだろう』(典拠7:14)。
日本人は「恩」を知らない人間を人とは思わない民族なのである。そういう文化なのだ。

シナチクとは、キムチがチョウセン人の愛称であるように、チャイナ人の愛称である。
チャイナ人やチョウセン人を、その振る舞いに品位がないので軽蔑するときにはチャンとか
チョンと呼ぶが、恩も知らない人間性を見てそれを人間の別概念だとするときにはシナチクとか
キムチという愛称を使う。人間と呼べる水準にはいまだ遠いというときに使う呼称なのである。

犬や猫がどんな悪さをしても、それらに人間に対するような期待はしていないのと同じである。
見た目は人間でも、中身が異質なものを比べてもしょうがないということである。
見た目は同じでも、中身が異なるものを比べてもしょうがない例としてはお酒もそうである。
純米酒とアル添酒は本来異質な価値観なのだ。アル添酒を本醸造と呼ぶのは日本人のユーモアだ。

[PR]
by munojiya | 2017-02-08 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-08 格闘技も終わった
歴史的には、それぞれ見かけはどんどん美しくなっているが、中身はどんどん劣化しているのだ。
例えば活字である。日本では、書体は、昔は明朝体とゴシック体ぐらいしかなかったのである。
それで十分に日本語を支えてきた。今は、庵主では覚えられないほどの数多くの書体があって
華やかだが、それらの書体はハッキリ言って大変申し訳ないがゴミである。面白いけど味がない。

面白いけど味がないお酒を呑まされたときはガッカリするのである。口直しが必要になる。
そういう新しい書体は見出し用の文字で、それで本文は組めない。読みにくいからである。
冗談でそんな書体で本文を組んだら、その書体の「薄っぺらさ」がすぐバレてしまうのである。
見出しでハッとさせるだけが限界の書体なのである。それなりに有用ではあるが。

いい絵とは長く見ていても飽きないものだという。パッと目を引くがすぐに飽きてしまうものは
中身がないという事である。広告写真にはそういうものが多い。引きつけるのも才能ではあるが。
結局ノアの面々が出て行ってから一時期全日本の方だけ見ていた時期があったなあ(苦笑)。
今は格闘技そのものを見なくなったけど。』(典拠)。

格闘技業界というのは、芸能界同様、日本ではチョウセン人のしのぎになっている。
選手や俳優というのは右を見てもチョウセン人、左を見てもチョウセン人状態なのである。
庵主は興味はないが、かつては面白かった格闘技も今は飽きてしまったという人の実感である。
映画も終わった、音楽も終わった、格闘技も終わってしまっているようだ。お酒だけは軒昂だ。

-----

もし、これを今若い人が読んでいるとしたら、自分はそういったもののカスをあてがわれている
のかと思ってはいけない。
これは、庵主のような年寄りの地点に立って見たときの風景だからである。
若い人が立っている地点で見たときには、映画はすごく面白い未知の世界なのだ。

音楽は高い可能性を秘めた世界なのだ。若い人は年寄りとは世界の見え方が異なるのである。
格闘技は男が、女でもいいが、自分の人生をかけるに申し分ない世界なのである。
フィルムからデジタルになってつまらなくった写真だって、南鮮の反日同様奥は深いのである。
それらの世界をまだ知らなかったらまずは味わってみるべきである。ただし未成年者は禁酒。

年寄りの言葉に騙されてはいけない。
年寄りの口癖は「近頃の若い者は」である。その口癖が出たら老化したという証なのである。
映画にしても、音楽にしても、格闘技にしても新しい流れに乗れなくなったという事なのだ。
そして、もう一つの口癖が「昔のものは良かった」である。今のものはつまらない、と。

〈とし〉をとると感性が萎えていくのだろう。新しいものが煩わしくなるのだ。
また若いころにはうまいと感じた味わいが、齢をとるとつまらなくなることがある。
子供の頃はあんなに美味しかった甘いものが、齢をとるとそんなにほしくなくなるのである。
すなわち、世界は、若い人の世界と年寄りの世界が並行して存在しているという事なのである。

[PR]
by munojiya | 2017-02-08 00:03 | Trackback | Comments(0)