「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 09日 ( 2 )
2017-02-09 南鮮では「旭日旗」が愛国心の試金石
南鮮人には、特異な嗜好癖があるという。
「嗜好癖」というより「ヘイト癖」と言った方がいいのかもしれない。
私は旭日旗を見ると鳥肌が立ち、
恐ろしいと感じる』(典拠5:56)という南鮮人が少なくないというのだ。

ニンニクを嫌悪するドラキュラみたいな性癖なのである。
しかも、それが発症したのはつい数年前のことである。(欄外参照)
それまでは旭日旗を見てもなんともなかったのに、である。
ただし、それは南鮮人に共通の癖〈へき〉ではないようである。

若い人は旭日旗を見ても嫌悪感なんかないのだという。
すなわち、旭日旗を嫌悪する性癖は、南鮮の老人特有の病気のようなのである。
病名は「愛国心」である。ならずものの最後の砦とされている病気である。
古い世代はその性癖に忠誠を誓うが、若い世代は気にしないという。

愛国心というよりも、世代間の矜持の違いなのかもしれない。
愛国心が生きがいの人は古い価値観に生きているということである。
日本でも、古い人は三増酒に忠誠を誓っていたが、今の若い世代はそれよりずっといいお酒を
ためらいなく楽しんでいるのである。古い世代の呑み手はおいてけぼりを食らっているのである。

-----

2011年のアジアカップの日韓戦で韓国サッカー選手・キ・ソンヨンが日本人への猿真似を
してFIFAの人種差別に違反する行為をして
その言い訳に旭日旗を利用したのがキッカケだよ。』(典拠米)。それは南鮮のしきたりなのだ。
組織的に反日を煽っている部署なり団体があるのだろう。それをやると儲かる人達である。

日本の嫌韓は、組織的発生ではなくて、自然発生だから本物である。
南鮮人は誰かに騙されている反日だが、日本人の嫌韓は韓国人嫌いがふえつつある世界の潮流に
も合致する歴史的必然なのである。人のいい日本人にも嫌われるようじゃ南鮮人は世も末である。
もう関わることもないが。しかし、南鮮人の狂気に対する警戒は怠ることはできないのである。

[PR]
by munojiya | 2017-02-09 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-09 一番困るパターン
うまいだろうと踏んで、一升瓶でお酒を買ったものの、それが期待外れだった時も困るが、
一番困るパターンはこれだという。
認知症ボケボケでアタマが腐っているのに、身体だけは健康そのものって、一番困るパターン
なんだけどね』(典拠)。

認知症は製薬会社が作っているという説である。
製薬会社が病気を作る、という話なんだが、高血圧マフィアが騒いだせいで、基準になる血圧
が昔とずいぶん違ってきたわけだ。昔の基準では「年齢プラス90」と言っていた。
60歳だったら150。それが今では「年齢関係なく130」とか言う。

20も基準が下がったら、年寄りの半分くらいがみんな高血圧認定されてしまう。そこでやたら
降圧剤を投与、結果として、「血圧下げたら痴呆になりました」というわけで、世の中、認知症
だらけです。』(同)ということになるのだというのである。
夏の生ビールは気温が1度上がると、売れる量がそれに比例して増えるのだという。

降圧剤は、血圧の上の数字を「1」下げると同様に売り上げが伸びるのだろう。
医者が、製薬会社のセールスマンに、おっと、今はセールスパーソンとでもいうのか、製薬会社
の手先となって、いや、結託して病人を増産しているというのである。儲かるからである。
血圧医者にとっては、患者が痴呆になっても血圧下がればそれでいいんだろう。』(同)。

-----

そういうのを商売熱心と言っていいものやら。
精神科医が新たな精神病を増やして患者獲得するのと同じ
こいつら治療が目的なのではなく
患者を増やすのが目的だから』(典拠)。

日本で1番売れてる薬は降圧剤
昔は180で高血圧認定が140以上は薬飲みなさいとなった
言わなくてもどこが絡んでるかわかるよな?』(同前)。
血圧学会[スポンサーは製薬会社じゃないのか][が]血圧を下げようとする目的は、

頭に血をめぐらさないように馬鹿化して血圧薬を大量に売ろうとすることだぞ。』(同前)。
コレステロールの基準値も不思議。
200mg/dlに引き下げられてから毎年基準値オーバー(210前後)なんだけど、
どの医者も「全く問題ありません」と言う。』(同前)。

たまごの大ウソがばれて基準も崩壊した感じだ』(同前)。
「気をつけろ! 減塩しすぎると「認知症」になる」週刊現代
「そして、さらに驚くべきことが明らかになりました。正常な血圧の人にとって、増塩は疾患の
リスクを高めないが、一方で減塩はリスクを高めると報告されたのです」』(同前)。

-----

医学界、というより、医療業界の三大大嘘はこれだろう。
「血圧を下げろ」。年寄りには惚けを促進させるだけなのだと。
「塩分を減らせ」。貧乏人は塩分でご飯を食うんだよ。
「糖質を摂るな」。糖質カットのビールや酒の不味さはご存じの通りである。

血圧高く、塩分過多、ご飯いっぱいの生活をしていた時は少なかった成人病は、それを制限した
結果、子供の世代にまで蔓延しはじめたのである。どんどん健康が悪くなっているのだ。
慢性の病気(高血圧、高脂血症、精神病)の薬はいったん病気と診断されると死ぬまで飲み
続けてくれるから製薬会社にとってはおいしい薬。』(典拠)。

[PR]
by munojiya | 2017-02-09 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)