「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 13日 ( 2 )
2017-02-13 な、なんだ。アメリカ人のこの反応は
映像を観てたら涙が流れてきた。
国のために尽くしてくれた兵士たちに寒暑を。』(典拠5:49)。
アメリカ人(と思われる)の涙を誘った映像は何かというと、安倍総理がアメリカの「靖国神社」
であるアーリントン墓地を訪問して黙祷を捧げている映像のことである。

現在アメリカを訪問中の安倍総理は、[2017年2月]10日午前(日本時間同日深夜)、
日米首脳会談に先立ち、和親丼郊外にあるアーリントン国立墓地わ訪れ、無名戦士の墓に献花
されました。氷点下の中、安倍総理は19発の礼砲と儀仗兵に迎えられ、日米の国歌が演奏
された後、花輪を手向け、黙祷を捧げています。』(同0:14。以下も出典同じ)

その献花の様子をCNNがフェイスブックで生放送で伝えたという。
その反応が凄いのである。好意的なのである。そして感動的だったというのである。
ありがとう日本! 私たちのヒーローに敬意を表してくれたことに感謝します』。
私もこのセレモニー観に行ってきたよ。本当に感動的な体験だった。』。

これこそ他国やその国民に対する敬意の表し方だよ! 日本の首相に大きな拍手を送りたい!』。
その感動は普段接した事のない吟醸酒を初めて呑んだ時の感動と似たようなものなのだろう。
それは、心のこもっているものにを出合ったときの感動なのである。
シンゾーを観てたら涙が流れてくるのだ。その頭〈こうべ〉を靖国で下げる事はないのだから。

[PR]
by munojiya | 2017-02-13 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-13 「縷々」の実例
「縷々〈るる〉」という言葉がある。
お前は馬鹿だから、一つ一つ子細に説明してその非を教えてあげるね、という意味である。
その態度を、馬鹿にしているというべきか、親切の度が過ぎるというべきか、別れる処である。
いろはのいから縷々説明してくれるというのだから、教育的指導というのかもしれない。

東京に、庵主はテレビを持っていないので見たことがないがMXというTV局があるらしい。
なんでも「ニュース女子」という番組があって、番組の中で、沖縄で米軍基地反対運動をやって
いる人達のことを報道したら、嘘を報道されたといって自称「従軍慰安婦」、おっとっと、自称
「被害者(のりこえねっと)」が憤っているという話である。

よほど反日ネタがなかったのか、「朝日新聞」と「東京新聞」が社説をあげて、誰も(庵主こと
だが)見ていないTV番組を取り上げて、反日報道をやっているというのである。
その両紙に、縷々、新聞報道の正しいあり方を説明しているのが、武田邦彦中部大学教授である。
ここで聞く事ができる。その大学がどこにあるのか知らないのは庵主の生活範囲の狭さによる。

外国人は日本の基地問題に口を出すなというのは正論である。沖縄の米軍基地反対運動に加担
して言いるのりこえネットの辛淑玉代表は外国人だから、武田教授の指摘は外れてはいない。
そして「朝日」と「東京」は自分が反日新聞だという立場を旗幟鮮明にせよというのも全くだ。
アル添酒はお酒(醸造酒)なのかリキュールなのか旗幟鮮明にせよというのと同じである。

-----

翼得意の被害者ビジネス。 やってることは言論弾圧。
反日左翼の在日は日本から出て行って欲しい。』(典拠米)。
『[武田教授がいうような]外国人がいるいないが問題ではないんだな。事実に基づかないデマ
を放送でヘラヘラ笑いながら垂れ流していることを非難されているのだから。』(同前)。

「事実に基づかないデマを新聞でヘラヘラ笑いながら垂れ流している」ところの「朝日新聞」が
他社の報道を非難してもなんの説得力もないということが問題なのである。
報道能力がある新聞が、事実関係を調べる事もしないで、調査能力がない情弱な読者に与太記事
〈デマ〉を押しつけるのはメディアの自己否定ではないかというなのである。

[PR]
by munojiya | 2017-02-13 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)