2017年 02月 14日 ( 2 )
2017-02-14 日本人のチャイナ国の心象とチャイナ人のそれ
日本人の中国人に対するイメージがおかしすぎる……どうにかならないのか=中国メディア
典拠)という記事である。日本人のチャイナ国に対するイメージは古いというのである。
そして日本人はチャイナ人を見下しているというのである。
今のチャイナ国がその記事のいう通りだとしたら、日本人がそれを見下すのは間違ってはいない。

近年目覚ましい経済成長を遂げた中国では、北京や上海の大都市はもちろんのこと、内陸部の
地方都市の景観も大きく変化した。一方で、日本国内には依然として「中国は貧しい国」という
イメージを抱いている人もいるようだ。』(同)。
庵主のイメージはもっと凄いのである。チャイナ国はハエもカもネズミもいない清潔な国なのだ。

最近、日本に観光でやってきたチャイナ人の第一の感想が「日本は道路にゴミ一つ落ちていない
清潔な国だ」ということである。ならば、そんな日本ほどにも清潔でないという国からやって
きたというチャイナ人はどこの国〈チャイナ〉からやってきたのか。嘘チャイナ人なのか。
では、当の嘘チャイナ人は自国であるチャイナ国をどう見ているのか。

ならば開発途上国と言うな。』(同米)。日本人以上に自分の国を見下しているのである。
今でも日本にタカっている事を恬として恥じないというのだから。自尊心のない国柄なのである。
アル添酒を見下す人がいる。見下されて当然なのである。純米酒と同等なわけがないからである。
アル添酒を見下すのはおかしいという方がおかしい。いつまでもアルコールに頼っているものを。

-----

庵主のチャイナイメージは、幼少の頃TVで放送されていた人民中国の映像によるのである。
その映像を、TV局はどうやって手にいたのだろうか。中共がスポンサーのCMだったのかも。
そこでは、人民中国は自力更生で、いまでは蠅も、蚊も、鼠もいない清潔な国に変わったという
洗脳映像が放送されていたのである。それと、通勤時の道路一杯に広がる自転車の群れも、だ。

今となってみれば、その映像こそ、中共がでっちあげた「南京大虐殺」に勝るとも劣らない、
見てきたような嘘映像だったのである。
それ故に、子供心に植えつけられた庵主のチャイナ国に対するイメージは遥かに美しいのである。
当時はそういう映像をTVが何の検証もせずに放送していたのである。全面広告だったのだ。

今、日本にやってきて、「日本の空は美しい」とほざき、「道路にゴミ一つ落ちていな」と
驚いて見せるそれらの、小汚い(と当人が言っているんですよ)国から来たという偽チャイナ人
の言う事を真に受けるほど今どきの日本人は、幼少の庵主のように愚かではないのである。
「サーチャイナ」だか「サーチナ」の言っている事のことである。

『毎度お馴染み中国国民の人気取りの創作記事だな。山間部には電気も水道もないのは事実。
寧ろ都市部のみを中国と言い切る「祖国は一つ」の方に矛盾と見下しを感じる。』(典拠米)。
長年どの国よりも援助したのに、ずっとODA援助金出せだのAIIBにシツコク参加しろと
言われ続けたんだもの。[中略]素直に大都市より未発展地が大半だと信じるよ』(同前米)。

[PR]
by munojiya | 2017-02-14 01:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-14 「売れるのと認められるのは同じではない」
歌がうまいと言われている福原美穂さんのことである。
庵主は、どんな歌を唄っている人なのか知らなかったのである。
試しに聴いてみた。
この歌からは庵主に伝わってくるものはなかった。

この子の歌唱力は本物
日本で認められないのが残念すぎる。』(典拠米)。
売れるのと認められるのが同じとでも思ってるのかよ』(同米)。
世の中は二律背反で成り立っているのである。売れている物が必ずしもいい物とは限らない。

それだからこそ人は救われるのである。
頭のいい人が全てだったら、庵主などは立つ瀬がないのである。
しかし、「欠点こそ人間の魅力だ」と思っている庵主はそれで生きていられるのである。
もっとも、正しくは庵主の思いとは関係なく「生かされている」のであるが。

お酒もいい米で造ったものだけが旨いのだったら世話ないのである。そうでないから面白い。
『[福原美穂は]ここまでの歌唱力持ってても提供される曲がこんなだとゆー悲しい現実
宝の持ち腐れ』(同米)。『いい歌でしょ。てか作詞作曲本人だし。』(同米)。
こんだけ歌唱力あるのに日本ではだめなんだなあ』(同米)。上手いだけでは旨くないのだ。

-----

歌が上手い方が海外でデビューしないといけない日本はおかしい。
だから早くアイドルとアーティストで
分けて欲しい!』(典拠米)。
面白〈ばかばかし〉いのがアイドル、肩が凝るのがアーティストという分類でいいのかなぁ。

この人の場合も歌唱力があると讃えられながらも、日本では売れなかったのである。
ね、この歌、上手いでしょうオリジナルを知っていると一層この歌の上手さが判るのである。
心にしみいるのである。歌を聴く喜びにひたれるのである。素直に聞きいることができるのだ。
でも、売れなかったのである。すでに故人である。その人が唄うこれも聴いてみたくなる。

3大ディーバ
朱里エイコ、しばたはつみ、前野曜子
合掌!』(典拠米)
庵主はその「ディーバ」という言葉を今初めて聞いたのである。故にその意味を知らない。

三人とも亡くなって何年も経ってから、ようやく正当な評価を与えられたような気がして
なりません。死去ではなく引退状態ですが、ちあきなおみもそうですし。』(同前米)。
旨いお酒同様、判る人だけが分かっていればいいのかもしれない。
分かっている人がいればそれは連綿と続くのだから。ちなみにその朱里エイコよりも“旨い”人

-----

朱里エイコが唄っている「あの鐘を鳴らすのはあなた」の話である。
オリジナルもすばらしいが、朱理さんの声は持ち歌として聞こえます。さらりとしながら
ズシーンと重みもあります。何回聞いても聞き飽きることがない曲です。』(典拠米)。
「朱理」はもちろん「朱里」の誤植である。

映像無しの「歌」だけで感動した。この歌が録音されてから、ネットが普及するまで、
ほとんど誰も知らずに埋もれてた。もっと多くの人がこの歌を聞いて欲しい。』(同前米)。
まったく 聞き飽きないなあ』(同前米)。
呑み飽きしないお酒同様、それは最高の褒め言葉だろう。なるほどのもう一曲。

[PR]
by munojiya | 2017-02-14 01:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)