2017年 04月 01日 ( 3 )
2017-04-01 権謀術数「総理が外国人でも奇怪しくはない」
南鮮では、失脚した朴槿恵〈ぼく・きんけい〉前大統領に続くの次は「親北反日」の大統領が
選ばれるということが既定路線であるかのように喧伝されている。
それが分かっているのなら、日本政府はなぜ、そうでない「反北親日」の大統領を立てようと
しないのか。

今、38度線にある最前線を日本海まで下げたときには、防衛費用が全然異なるからである。
勿論、日本海まで下げた方が膨大になる。
南鮮に親日政権を立てておけば、その費用は全然軽微ですむのである。
核ミサイルが、北鮮から飛んでくるのと、南鮮から飛んでくるのでは、所要時間が違う。

南鮮からそんなもが飛んできたらほ防ぎようがないのではないのか。
だから、わが国の安全のためには、南鮮も、北鮮も日本の管理下におかないとならないのだ。
南鮮人の火病的政治を放置しておいてはならないというのが、日本の国策になるべきなのである。
その逆の、南北朝鮮からの日本の政治に対する働きかけは旺盛だという。

社民党の出身の国会議員や弁護士には、子供の頃の記録がない。ましてや、幼なじみや幼少期
にこういう連中を見たという日本人が皆無なのである。』(典拠)。
そこまでやってくれているのだ。国会議員の中には「南鮮産」や「北鮮産」の議員がいるのだ。
その点、お酒は原料欄にちゃんと「米(国産)」と明記されているから安心なのである。

-----

西洋や中東でもこういうことはしょっちゅうある。
一番有名なのは、イスラエルのモサドの工作員(=スパイ)がスリーパーとなって、イラン人に
なりすます。そして、そのイラン社会で確固たる地位を築く。そして指導層になる、いつしか
イラン大統領に立候補。

しかし、一度指導層に入ると、本国イスラエルの指導層と共謀して、イランを破壊していく。
しかしそれがバレて、絞首刑になった。』(典拠)。
イランは後進国だからと甘くみてはいけない。映画「ゴーストライター」は先進国の例である。
そしてわが国の現総理も周りはみんなチョウセン人人脈なのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-01 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-01 青山繁晴、三振
青山さん、外しましたね、、』(典拠米)。
「金正恩は死んでいる」と断言したのは青山繁治さんである。よく見たら2015年の事である。
その断言が2017年の今もネットに残っているのでそれが嘘だと実証されているのである。
日本人は「嘘つき」にも優しいのである。それに対するコメントが冒頭のそれである。

庵主はもっと優しいので、標題のように野球に見立てて、三振しましたね、と言うのである。
「大空振り」の三振である。「大ぼら」と言い換えてもいいかもしれない。
国有地激安取引に「私もしくは妻のが関係していたら総理も議員も辞める」と言い切った総理は
どうなることやら。安倍総理も、天性なのか、政略なのか、嘘が常習化している人なのである。

ジャーナリストの嘘は「大ぼら」と言えばいいのだろうが、総理の嘘は何と呼べばいいのか。
坊さんの嘘は方便といい、政治家の嘘は政略というのだったか。
しかし、今度の総理の言葉にはその「政略」がないのである。
「逆上」して口走ってしまったとしか見えないからである。

「それ火病だよ」ということなら判りやすいのだが。
ネットでは、どうやって調べたものか、鳩山由紀夫と曽野綾子は「チョウセン人の子供」という
事になっているが、安倍総理にはまだその名誉チョウセン人の称号は与えられていないのである。
まさかないとは思うが、朝鮮産米を使ったお酒があったとしたら、それは名誉酒と呼ぶしかない。

-----

ウソつかない。[それが嘘だったのである]
TPP断固反対。
ブレない。
自民党』(典拠)という往年のポスターを見て、見落としていた事に気がついた。

そのポスターには下の方に小さく『日本を耕す!!』と書かれていたのである。
庵主は「耕す」を、素直に「たがやす」と読んでしまうが、ルビはそれとは違うのでないのか。
たとえば「ぶっつぶす」とか別の読み方をするのではないかと、ハタと気付いたのである。
「青山繁晴三振説」をひっくり返すかもしれない一行。今の金正恩は影武者だというのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-01 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-04-01 信者とはよく言えばワガママな人
日本人の信者を見る目はクールである。
なんの用があるものか、わざわざ日本にやってくるイスラム教徒がいるというのである。
異教徒が他国にやってくるのは、かつてのキリスト教徒がそうであったように、侵略目的以外に
考えられないのである。そういう人を英語で言えばテロリストということになるのだろう。

そんなものを観光客と称して安易に受け入れようという“日本人”がいるのである。
排斥が正義である。
宗旨が異なる異教徒は無用に社会の混乱を招く原因になるからである。
宗教の本義は、「異教徒の排斥による徹底的な差別」にあるのである。

宗教とはそのものずばり「ヘイト」の事なのである。
関空にはイスラム教徒を安易に受け入れる施設があるという。
「祈祷室」があるというのだ。しかもそのレストランでは、イスラム教徒しか食わない
ハラル料理を用意しているというのである。郷に入ったら郷に従うのが筋だろうにが。

日本に、自分勝手な習慣を持ち込んでもらっては困るのである。ハッキリ言って迷惑である。
在日チョウセン人が嫌われているのは、それだからである。
信者というのはよくいえばワガママな欠陥人間のことである。はっきりいって独善なのである。
酒を飲んではいけないという信者が日本にそれを布教する事を受け入れられますか。無理である。

-----

ザビエルが、日本にキリスト教を持ち込んだときに、閉口したという。
自分の信じるものがガタガタと崩れていくのを感じたという。
自分が売っている宗教ができそこないの商品だという事を気付かされたからである。
日本人は、そんな粗悪な商品を見向きもしなかったという。

「日本では宗教差別をしない」と喜んでいる人が、自国では恐らく他宗教を差別している事実
な。』(典拠米)。
信者とは差別大好きの道を選んだ人達なのである。
当然、相手からも同様に差別されても文句は言えないのである。
それは自分が相手に対してやっていることだからである。

てかさ……他人の家に遊びに来て、やれ何が食べれない やれ私の家ではそれはしないとか
言う人に遊びに来て欲しいか?
他人様の家に御呼ばれしたらその家のルールに従う、それが出来ないなら自分の家に籠って
外に出るなって話、特に海外旅行は自分の知らない価値観や暮らしを見て楽しむ物だろ?

その根本も理解出来ず自国の言葉や習慣・宗教を持ち込むなって思う。』(同前米)。
だからって、日本に移住とかしないでね! 自分たちの教義と合わないと、法律、社則を無視
するのは日本に住めませんから。』(同然米)。
「移住しないでね」という部分は、日本在住チョウセン人にも聞かせてあげたいのである。

-----

信者をクールにみているのは、庵主だけではないのである。
ムスリムが憧れる日本っておかしいだろ、空虚な毎日を送ってる証拠だ。
イスラム教に対する誇りはないのか。』(典拠米。以下も同じコメント)。
日本にやってきて、日本が素晴らしいという外国人は自国に誇りがない人達なのかもしれない。

豚肉を否定するムスリムとか、おもてなしする側の日本の食生活では、面倒くさいんだよ。
おいしい豚カツをご馳走しようという「お・も・て・な・し」ができないではないか。
それは日本人の気持ちを踏みにじるということなのである。
中華人民共和国の口癖で言うなら、外国人の無礼は「日本人の心を傷つけた」ということになる。

神は全てを許すのに、ムスリムが特定のものを拒むと言うのが差別そのものなのだ。』。
案外、その「神」こそが差別の根源なのかもしれない。
だからイスラム教は神の教えではなく、メシアの教えなのだ。
イエス釈迦イエスなどをメシアと言う。彼らは神に近づいた人であって神ではない。

ムスリムでも絶対神を信じるならば、マホメットの言葉ではなく、全てを差別しないアラーの
言葉に耳を傾けろ。メシアは神の代弁者、霊媒師に過ぎない。だから絶対神を信じている人は、
どんな宗教宗派に対しても差別なく寛容なのだ。』。
教祖というのは神を騙るペテン師の事なのかもしれない。そんなものを信じる人は、以下省略。

[PR]
by munojiya | 2017-04-01 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)