2017年 04月 05日 ( 2 )
2017-04-05 昭恵夫人の向かって左隣が査恵子さんか
おいおい、私人だという安倍昭恵内閣総理大臣夫人に、なぜこんなに大勢の公務員が秘書として
仕えているのか。その人件費は私人が負担しているということなのか。それ以前に公務員は私人
から雇われたら所属している官庁との二重雇用になるが、同時に複数の先に勤めていてもいいの
だろうか。官庁から給料を貰って、昭恵夫人からも貰ったら濡れてに粟じゃないのか。

夫人が大勢の秘書に囲まれている写真はここで見ることができる
二枚目の写真の昭恵夫人に向かって左側にいる人が経産省の谷査恵子さんなのだろうか。
その写真だけでは、誰がどこの官庁の誰なのかは判らないので、当てずっぽうである。
違っていたら御免、である。

その谷さんは、一生懸命に昭恵夫人に仕えたご褒美ということで、突如、現在は日本とは地球の
裏側にある外国に栄転して活躍しているらしいのである。
どこの国でどんな仕事をしているのか委細は情弱の庵主のところには伝わってこないのである。
ご褒美だから、存分に羽を伸ばしてきていいよ、という赴任なのかもしれない。

谷さんの近況の取材に行く記者はいないのか。居場所が遠すぎて、飛行機代が出ないか。
佐藤優/はい。この件は「昭恵夫人本人は違法行為をしていないが、彼女の行動で周囲が違法
行為をしている」という形で追及できます。』(典拠)。
昭恵夫人はマッコリでも飲んでハマってしまったものだろうか。K(軽率)の法則に。

[PR]
by munojiya | 2017-04-05 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-05 ドン・クエール、サラ・ペイリン、小西洋之
ダン・クエールサラ・ペイリン、小西洋之」というオマジナイがある。
それを唱えれば、どんな自信がない人でも生きていく希望が湧いてくるという3人である。
まえの二人は、知らない人がいないアメリカの二強である。
最後の人は、我が日本が誇る、以下省略である。

NAVERまとめに「史上最低おバカ議員・小西洋之ツイッターまとめ」
なんてものが1年も前に作られていたようです。
クズ王って単語で検索するとなぜか小西洋之関連のものがごろごろヒットしますね。
世間的にはとっくにクズ王で認知されているようです。よく見たらクイズ王でなかった。

ではまずはクズ王小西のツイートから』(典拠)。
その先は、生きていく希望が見いだせない人は読めばいい。
自分も満更ではないぞ、と自信が湧いてくるのである。
世の中にはこういう人もいるのかという安心感が満ちあふれてくるのである。

日本人の不安を取り除くオマジナイが「それって、チョウセン人」という一言、
そして絶望感から救ってくれるオマジナイが標題のそれである。
心が乱れているときには旨いお酒を呑むのがいい。人は歴史から切れた時に心が乱れるのだ。
旨いお酒は連綿と続く日本の伝統に共鳴させてくれるから心の乱れが収まるのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-05 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)