2017年 04月 11日 ( 3 )
2017-04-11 美しいシコに座布団が舞う
この見出しはよくないのである。
「美しいシコ」なので座布団が舞ったと読めるからである。
言いたかったことは、「美しいシコ」と「座布団が舞う」光景のことである。
相撲における、静と動の美しさの対比である。

シコを奇麗に踏める力士が対戦するとこんなに美しい土俵になるという。
宇良と阿炎である。
庵主は甘口のお酒を旨いというが、お酒は辛口に限るという人もいるように、
シコも美しいものがいいという人と、シコは実利でなければならないという人がいるようだ。

そんなもの、お酒も、シコも、どっちだっていいのである。
美しければそれでよし、というのが日本人の感覚なのではないか。
一つ主義主張に拘泥する姿は美しくないのである。見苦しい。いや、暑苦しいと言っておこう。
庵主も、お酒は甘口が本来だとはいうが、それでも、超辛口のお酒とやらも口にするのである。

そして、超辛口なるものはやっぱりうまくないと思って安心するのである。庵主が正しいのだと。
自分の意に沿わないシコの踏み方であっても、それがいいという人がいるということである。
座布団は、褒める時にも使われるが、貶すときにも使われるのである。重宝なのである。
上手な洒落には座布団が出る。期待外れには座布団が飛ぶのである。それを舞うというのである

-----

高見盛ののし袋の受け取り方が綺麗[1:54]』(典拠米。次も同じ)。
なるほど、そういうところを見るのか。で、「のし袋」は「熨斗袋」と書きたい処である。
逆に『日馬富士が土俵割った後呼び出しを突き飛ばしてるとこイヤだなあ[2:43]』。
暗にモンゴル人の稚性を貶しているのである。悪役を買ってくれることに感謝しつつ、である。

外国人が悪役を買ってくれることで、日本人はいつも善人でいられるのである。
近くにチョウセン人がいることで、助けられている日本人は少なくない筈である。
ソレよりはマシだということで、生きていくことになんとか耐えられるからである。
自分が最低だと思った分には、生きていく希望がなくなってしまうというものである。

宇良の相撲にはこういう見方もある。宇良の相撲は美しくないというのである。
美しくないというよりは、日本人の美意識からずれていると言った方がいいのだろう。
日本人が求める相撲とはちょっと違うぞ、否、それは相撲じゃないよという主張である。
アル添酒はお酒じゃないという主張に似ている。見た目は同じように見えるのに、である。

日本人は、ご飯の時の米の違いや、お酒の銘柄には頓着しないのに、相撲には細かいのである。
その相撲の歴史は、日本人が笑う南鮮の嘘歴史に匹敵するファンタジーなのだという。
今の日本人が信じている「国技」なんて言葉はつい最近使われるようになったものなのである。
南鮮に対しては、それと同じ言葉が別の意味で使われることはご存じのとおりなのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-11 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-11 真実が日本とは異なる星のファンタジー(前篇)
真実は一つだと思っている人はまだ若い。
大人とは、真実を使い分けることができる人をいうのだ。
庵主にとって真実のお酒とは旨いお酒をいうのである。庵主が旨いというお酒は甘いお酒である。
だから、超辛口のお酒なんかは真実の枠外にある酒なのである。真実とはそういうものである。

南鮮人の歴史は「ファンタジー」と呼ばれて揶揄されている。現実に反して麗しいからである。
日本人が知っている「真実」の歴史とは全然異なるからである。歴史には別の真実もあるのだ。
南鮮はかつて日本と戦争をして勝った事になっているという。庵主はその真実を知らなかった。
日本人は、今そういう気違いを相手にしているのである。関わるなというのは正論なのである。

南鮮の学校では、「朝鮮戦争」は南鮮が日本と戦った戦争だと教えているというのである。
おまけに、南鮮はその戦争に勝った事になっているという。ここで吹き出したら日本人である。
南鮮人は疑問をいだかないという。その辺の事情を教えてくれる人がいるので引用させて頂く。
韓国では北朝鮮と戦った1950年6月25日~1953年「朝鮮戦争」を一切教えていない。

理由は同じ朝鮮民族同志で戦う理由など存在しないと教え込む学校教育と嫌憎日ヘイト教育方針
からである。では1950年6月~1953年の戦争をどのように教育してきたのか。
驚くことに、この戦争は韓国が日本と戦って戦勝国となった「韓国戦争」と教えている。
国連軍の米英仏連合国が「日本」と戦い韓国から追い出した戦争と教えている。』(典拠米)。

-----

本文からの続き。『これについて質問すると高校生や大学生、40代の社会人に聞いても同じ
ような回答が返ってくる。
それでは「韓国戦争」とはどんな内容なのか簡単に紹介すると、現在韓国の小中高学校教育で教えている事は以下の通りである。

1.朝鮮半島で同じ民族同志で殺し合う戦争などなかった。北と戦った朝鮮戦争は教えていない。
2.1945年8月15日に日本は負け、満州の日本軍がソ連軍に追われて朝鮮半島に侵入して
韓国を占領した。日本軍は婦女子まで銃を持って侵入して、韓国人を虐殺し悪逆非道の限りを
尽くし韓国を占領し居座りつづけた。

3.1950年6月25日に「韓国戦争」が始まり、朝鮮半島から日本軍を追い出す戦争が
「韓国戦争」。
米英仏韓の国連軍が侵略者の日本軍を朝鮮半島から追い出し、韓国が勝利した戦いが「韓国戦争」
と教育している。

4.北朝鮮はソ連軍と中国軍が北朝鮮から日本軍を追い出した。中国軍と韓国軍は「韓国戦争」
で供[庵主校正:共に]に戦った同志戦友と教えている。
5.慰安婦とは、日本が「韓国戦争」の時に20万人を強制連行してジープに乗せて売春させて
いた。』(典拠米)。なるほどそれなりに辻褄は合っているのである。後篇に続く。

[PR]
by munojiya | 2017-04-11 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-04-11 それは「北鮮の対米宣戦布告」だと見る話
「瓢箪から駒」という。
それは、多分、北鮮のいつもの冗談だと思うが、
今度のそれは、すなわち虚言癖は「冗談から巨魔」になりそうなのである。
「巨魔」は、語呂合わせのために造った庵主の造語である。「こま」と読むのである。

意味は「巨大な魔」ということで「戦争」のことである。
『[2017年4月]5日朝、弾道ミサイルを発射した北朝鮮のメディアは、
「水爆などの攻撃手段は待機状態だ」と伝え、中国との首脳会談を控えた
アメリカを名指しして、避難を強めている。

5日の労働新聞は、「アメリカを一瞬で粉砕できる強力な力がある。
水爆など多様化された核兵器と、それを運搬する手段もある」と強調した』(典拠0:28)。
そのうえで、「韓国と太平洋作戦地域のアメリカ軍基地はもちろん、アメリカ本土も攻撃圏内
だ。攻撃手段は、発射待機状態で、ボタンを押せば飛んでいく」と警告している。』(同)。

「太平洋作戦地域のアメリカ軍基地」とは日本国内のそれの事だったりして。
瓢箪はまたお酒の容器にもなるが、そこから思いもよらなかった頗る旨いお酒が出てくるのなら
ともかく、巨魔が出てきたのではたまらない。庵主にはどうすることもできないけれど。
トランプ大統領も悪い酒で酔っばらっていなければいいのだが。

-----

『なんで朝鮮半島に住んでいる奴等って
口だけは達者は達者なの?』(典拠2:31)。
今のアメリカ大統領ってアレだぞ
分かってんのか北チョンは』(同前3:03)。

これ、北が先制攻撃くらっても
文句いえないんじゃないの』(同前3:14)。
日本や南糞ならいつもの感じで終わるが、
米国相手には言わない方がいいんじゃなのか?』(同前3:30)。

北朝鮮にミサイル試し撃ちされ
米国も射程に入っているとか言われれば
米国だったら間違いなく先制攻撃する
もう戦争は始まっているぞ』(同前5:59)。

アメリカが北朝鮮をわざと挑発
北朝鮮アメリカは遠いから
日本のアメリカ施設で妥協して攻撃
アメリカ大儀[庵主校正:大義]をゲットして攻撃』(同前9:12)。巨魔が出るなよ。

[PR]
by munojiya | 2017-04-11 00:02 | Trackback | Comments(0)