2017年 04月 12日 ( 2 )
2017-04-12 幸せとは何か「違いの分からない俺」
幸せとは何か。
これに尽きるのである。
違いの分からない俺』(典拠)。
庵主は違いが判ることが差別の根源だと思っているのである。

そもそも、旨いお酒とそうでないお酒の違いが判らなければ、安いお酒で十分なのである。
旨いお酒を知ったら、旨いお酒はやっぱり、いい原料、いい造り、卓越した技のお酒でしか
味わえないということで、どうしても高いお酒になってしまうのである。
世の中にはお金を稼ぐために生きている人もいるが、庵主のような怠け者はそうではない。

無理をしないで生きているのである。向上心に燃えている人も苦手なのである。
「俺は、俺はが癌の元」と、そういう人の生き方を温かく見守っているのである。
効率主義者も苦手である。そんなに急いで効率的に生きたいというのなら、終点は死ぬことなの
だから、効率的にもっと早く死んだから如何と思ってしまうのである。その方が世のためになる。

庵主は、今のところ、コーヒーに関しては最高に幸せ状態である。
幸いなことに、どれが旨いコーヒーなのかが判らないのである。
還暦を過ぎてから飲み始めたコーヒーだから、何も先を急ぐことはないからである。。
コーヒーも酸味の旨いものを良しとすればいいという気持ちなので飲んでいるのである。

-----

地獄というのはこういうのをいうのである。
だいたい、庵主は「コーヒーバネット」なるものがある事をしらなかったのである。
ドリッパーはこれが一番旨くコーヒーを淹れられるというのである。
生きている世界が違うと、知らないものがたくさんあるのである。

コーヒー機器売り場に行ったら、ドリッパーにも、底に一つしか穴があいてないものや、それが
三つあるものとか、底の真ん中に直径1センチぐらいの大きな穴をくり抜いたものとかがあって、
庵主は吹き出してしまったのである。勿論、それを馬鹿にして笑ったのではない。
マニアの執念に感心して、心がなごんでしまったからである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-12 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-04-12 真実が日本とは異なる星のファンタジー(后篇)
このあたりからファンタジーに辻褄が合わないところが出てくるという。
6.1945年8月15日とは、日本が戦争に負けた日で韓国の建国記念日と教えている。
植民地支配から8月15日の独立の前後経緯は、「韓国戦争」に続く話につじつま合わないので
教えていない。

7.竹島は1950年6月~「韓国戦争」で日本を追い出し取り戻した島と教えている。
8.北朝鮮と1964年に国境紛争が発生したが、同じ民族で殺し合う大きな戦争にならず。
また一度も北朝鮮とは戦争していない。
同じ民族同志で戦争する理由もないと教えている。

9.日韓条約は過去の植民地支配の謝罪、賠償条約で、韓国の立場はこの条約を基本にしてる。
10.韓国は戦勝国で、国連設立に参加した当事国で最初の国連加盟国であると教えている。
この歴史観は40代の韓国人に共通した歴史認識として教育されており、韓国の小中学校で
週3~6時間この教育をしている。

韓国民は疑いもなく日本を恨むように教え込まれている。』(典拠米)。
南鮮のテレビの歴史ドラマのきらびやかな衣装は全部嘘、おっとファンタジーなのだという。
朝鮮では、その頃はどんな酒が飲まれていいたのか。口の悪い人はトンスルだというのである。
それではファンタジーにならないから、歴史の不都合と同様にその部分には触れないのである。

-----

(後注)
日本は国じゃなくて
星だってことを忘れてた。』(典拠3:00)。
同様に、お隣の南鮮も「星」なのである。見えていても、実は遠く離れている星、である。

[PR]
by munojiya | 2017-04-12 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)