2017年 04月 16日 ( 2 )
2017-04-16 日曜日のくつろぎ編「キラキラ苗字特集」
【衝撃】どんなに好きでも結婚できない!? 女性が嫌がる「なりたくない苗字」まとめ』
典拠)である。
庵主は、キラキラネームを見ると吹き出してしまうが、キラキラ苗字には同情してしまう。
つい「御愁傷様」と言いかねないのである。

可愛い女の子が生まれたので、優しい、菜の花のような子に育ってほしいと思って、
「優菜〈ゆな〉」と名付けたという。あとから辞書を引いたら「湯女」と同音だったのである。
男の子に、心たくましく、肝っ玉の太い子になってほしいと思って「心太〈しんた〉」と
名付けたという。あとで辞書を引いたら「心太〈ところてん〉」だったという。

「鬼頭〈きとう〉」という苗字は、「優菜」ちゃんの例である。耳で聞いたら、語感がねぇ。
「御手洗〈みたらい〉」は「心太」君か。
「毒島〈ぶすじま〉」になると読めない。
古い人なら、野球の選手に毒島選手がいたから読めるだろうが。

酒銘の「獺祭」もお酒呑みなら読めるが、普通の人は果たしてどのぐらい読めるものか。
「月桂冠」も「優菜」ちゃんに近い酒銘だが、みんな気がつかない振りをしているのである。
「越乃寒梅」に「灑」というお酒がある。「れい」ではない。庵主には読めなかったのである。
いうならば、キラキラ酒銘である。呑んでみたら存外うまかったので良しとするのである。

[PR]
by munojiya | 2017-04-16 00:04 | 日曜日のくつろぎ篇 | Trackback | Comments(0)
2017-04-16 「金正日」と「金正恩」の読み方
庵主は、チャイナ人やチョウセン人の名前は、漢字を日本語読みするというのが原則だから、
例えば「習近平」を「シー・チンピン」とは読まないのである。「しゅうきんぺい」と読む。
「朴槿恵」も「ぼくきんけい」と読む。それで困るのが「ごぜんか」さんというのがオチだ。
その場合に、北鮮の故・「金正日」をどう読むか、なのである。

「きんしょうにち」と読む人と、「きんせいにち」と読む人がいるのである。
さらに「きんしょうじつ」と「きんせいじつ」とも読めのだ。
「反日」と書いて「はんにち」と読む。「はんじつ」とは読まない。
「日本」は「じっぽん」とは読まないからである。

で、宇野正美先生によると、「金正日」の名前は本当は「征日」なのだという。
「日本を征服するぞ」という侵略思想なのだという。それでは露骨なので「日」だけにしたとか。
したがって、「金正日」の読み方は「きんせいにち」が正しいというわけである。
では「金正恩」は「きんしょうおん」と読むのか、「きんせいおん」と読むのか。
                        
チョウセン人には「恩」という概念がないというが、その人には正にあるので「まさおん」か。
北鮮は実はCIAの手駒なのだという人もいる。アメリが兵器を売るときの打出の小槌なのだと。
そう言う人が同時に、北朝鮮は日本の残置諜報だというのだから人の見解はいい加減なのである。
お酒の旨い不味いは、一口含めば判るのでその評価はゆるがないのである。いい加減さがない。

-----

兵事は凶事だといったのは孫子だったか、だれだったか。シナの兵書にそうあるという。
21世紀になってまだ、人類は人殺しをやめられないのである。
歴史は、その点で進化していないという事から、実質は劣化しているということである。
子供が、大人になってもお酒の味が判らないとしたら全然成長していないという事と同じだ。

本来あるべき水準に達していないのだから、劣化しているといってさしつかえないのである。
今年のゴールデンウィークは退屈しなくて、済みそう。』(典拠米)。
米朝開戦の煽りをくらって北鮮から日本に核ミサイルが飛んできて、逃げ回るのに必死で、退屈
している暇がないということになったりして。その予言がそんなふうに的中したら怖いけど。

[PR]
by munojiya | 2017-04-16 00:03 | Trackback | Comments(0)