2017年 05月 31日 ( 3 )
2017-05-31 「支那の戦争文化」
5年、10年で民族の精神が変わるものではないのである。
否、百年、二百年と言い換えても同じだろう。
今の日本人の食い物は、日本人の体質に合わないのではないかということである。
ココナッツオイルは、日本人は食べてはいけないという説がある

それをいったら、「アルコール」もそれだろうといえないこともないから、食い物論は永遠の
出版ネタなのである。
庵主は牛乳有害説を取っているのである。
貧乏でそれを飲めないことによる嫉妬説といえないこともないけれど。          

牛乳は、アルコール同様、そんなものを飲まなくても何も困らないのである。
庵主は今オリープオイルを食しているが、ひょっとして日本人の体には良くないのではないか、
という懸念は拭えないのである。外国から輸入された食品は毒の場合があるということなのだ。
異国の農産物は日本人の体質に合わないから食べない方がいいという説もよく聞く処である。

で、その『支那の戦争文化』(典拠)も亦、今もその根底は変わっていないだろうという事は
想像に難くないのである。チャイナ人の残虐性は少しも変わっていないという事である。
チャイナ人という毒を、日本という国土に入れてはいけない理由である。チョウセン人はそれに
輪をかけて残虐なのである。その上タチが悪いという事は現に日々経験している通りである。

-----

中国兵は卑怯にして残虐極まりない軍隊で、例えば中国軍の捕虜になると、四肢を
斬り分けられ、生きながらに火炙(あぶ)りにされたり、磔(はりつけ)にされたりした
のである。
更に日本兵の屍に対しても、酸鼻を極めた蛮行を行なっている。

即ち死者の首を切り落とし面皮を剥ぎとり、或いは男根を切り落し、胸部を開いて石を詰め込み、
首は両耳を穿って紐や針金を通し、さながら魚を串刺しにしたように口から喉に紐を透して
持ち運びする等々、それが中国軍の戦争様式であり、日本軍には絶対に見ることのできない
支那の戦争文化である』(典拠2:14)。文化大革命では同族を本当に食った事もである。

[PR]
by munojiya | 2017-05-31 00:04 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2017-05-31 5月30日はマスコミが試される日
この美貌だったら、詩織姉さんの勝ちみたいである。
5月30日は何の日か。「ゴミゼロ」の日だという。くしくもゴミを減らせという物日なのだ。
そして、『各局の扱い方で“そんたく度数”がわかるぞ』(典拠米)という日なのだという。
状況からして安倍総理がもみ消したとしか庵主には思えない犯罪の検察審議会への不服申立だ。

当時、警察は安倍総理の気持ちを忖度してか、おっとそれを悪用した事例の場合には平仮名で、
まろやかに「そんたく」と書くのか、そんたくしてか、もしくは総理の指示によって、総理の
お友達である山口敬之さんの逮捕状を握りつぶしたというのである。
ちなみに逮捕状の容疑は強姦罪である。酩酊させて事に及んだというから準強姦罪か。

状況証拠からすると揉み消せるような事案でないが、総理の側近である菅義偉官房長官の右腕の
警察官僚から指示を受けた中村格刑事部長が握りつぶしたという。素人の庵主が知っている
のだから、正常な判断能力があれば、不起訴処分は不当という結論しか出し得ないのである。
では、なぜ安倍総理は山口敬之容疑者(になるのが相当の人)を救おうとしたのか。

オチ(お笑い)は欄外に引用したとおりである。「狼狽オチ」とでも呼んでおけばいいのか。
山口容疑者(仮)が、「週刊新潮」編集部に自白に等しいメールを送ってしまったというのだ。
この山口とか言う奴は安倍ちゃん御用達の記者だったんでしょ。それじゃ相当に安倍ちゃんや
自民の知られちゃまずい情報を沢山握ってるんだろうな。』(典拠)。

-----

逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕[の北村滋さん]
[右腕さんの指示で逮捕状を]握り潰した中村格は安倍官邸の刑事部長に大出世した
準強姦罪の「山口敬之」にいいねする安倍昭恵の神経
山口氏が官邸関係者にSOSを送ったはずのメールが、なぜか新潮編集部に送られてきた、

という自爆のオチ付き
山口敬之は「総理.」[「総理」]単行本を幻冬舎から出版
山口敬之の姉が安倍昭恵と同じ中学、高校、 大学に通っていて、友人
安倍夫婦って最低だな、』(典拠)。


また、警察のDNA鑑定やカメラ調査から証拠が揃い、山口敬之氏を逮捕する寸前で捜査員
から「上からの指示で、逮捕できなかった」などと連絡があり、逮捕ができなかったと明らかに
しています。
詩織さんは検察審査会に不服申立をして、山口氏の逮捕を要請中です。

一部のメディアでは安倍政権と親しいジャーナリストということで警察側が逮捕を自粛した
と報じられており、事実ならば加計学園問題や森友学園問題に匹敵する騒動になるかも
しれません。』(典拠)。
バレなきゃすむ犯罪の隠蔽ではなく、証拠が揃っている犯罪を揉み消したのだから、ねぇ。

-----

詩織さんは、2015年4月4日に山口氏に都内のホテルに連れ込まれ、性犯罪の被害に
遭ったと主張している。』(典拠0:49)。
で、今は何年か。2017年5月30日である。事件は約2年も前に起こったことなのである。
以来2年間も耐えに耐え続けた被害者の女性も辛抱強い性格だったのである。

不起訴処分が決定してから2年もたってから検察審議会に不起訴不当の申立をするというだから、
よほどすぐに申立できない事情があったのだろうかと疑念が拭えない事は否めないのである。
で、ややこしいのは被害があったという女性の弁護士が西廣陽子弁護士で、所属する松尾法律
事務所の民進党の松尾明広弁護士は云々、という関係なのだという。民進党絡みなのだと。

薬をもられて気を失ったが、タクシーに乗せられてホテルに連れ込まれたって、意味不明。
しかも、2年前に言えよって。』(典拠米)。
だれもがそう思うのである。庵主も最近の事件だと思っていたのだから。
話がだんだん奇怪しくなってきたのである。逮捕状を握りつぶしちゃったのには敵わないが。

それハニトラですよ、と言ってのける人もいるのである。女が半裸の状態で朝目覚めたときに、
男が脱衣して乗っかっていたというのも、女がタクシーに乗る前から泥酔して吐き続けていた
からだというのである。男は女が吐いたゲロが服にかかったから服を脱いでいたというのである。
男と女の間にはいろいろなストーリーがあるのである。Kと女には関わらない方がいいみたいだ。

-----

中にはこういう風に考える人もいるのである。
現時点で山口氏は完全に無罪ですよ。どうもこうもない。上訴して最終的に却下が相当と
されたら逆に名誉棄損で訴えられる。
事実がどうだったかなんて外部にはわからない。

わかっているのは裁判所は訴えを却下した。裁判にする理由がないと判断したという、かなり
この詩織氏には不利な状況です。』(典拠米)。この人が勘違いしているのである。
中村刑事部長は、裁判にかける前に、所轄からわざわざ捜査権を取り上げて、容疑相当という
事で出ていた逮捕状を握り潰したのである。ね、絶対奇怪しいでしょう、という事なのだ。

己の告白と引き換えに「共謀罪の審議止めろ」と条件を出してくるバカバカしさ(笑)
民間人への影響を懸念するかのように共謀罪に反対してるバカ左翼だけど、
こんな茶番さえも意に介さないのだから、彼らが如何に共謀罪に怯えているのかが
手に取るようにわかるよね。』(同前米)。2年がかりのハニトラだったら手がこんでいる。

朝鮮人ぽい顔の女だなー。』(同前米)。庵主には判らないが、そうなのか。
完全に在日朝鮮人だろ。』(同前米)。苗字なし(去姓)の詩織さんだから、そうなのかな。
ところで詩織さん、共謀罪とレイプと何の関係が有るの
支那チョン党の刺客な、それなら納得。』(同前米)。素性がよくないというのである。む。

-----

ストーリーにはこれぐらいのどんでん返しがなくちゃ。本当どうかは判らないけれど。
自分がほかのネットを見た情報だと山口敬之はこれだけじゃなく
戸籍謄本を偽造し離婚したふりをしてTBSの局員と同棲して妊娠を2回させたらしい。それが
TBSがドラマ化した「毒島ゆり子のせきらら日記」で小津翔太が山口敬之の再現らしい。

これがもし本当なら公文書偽造の罪でもあるんじゃないだろうか。
今回のは御用コメンテーター山口を安倍首相へのスパイとして送り込んでいた麻生太郎が警視庁
の中村格(菅官房長官の元秘書官)が所轄の高輪署が逮捕しようとしていた寸前で揉み消しさせた
というのが分かった。』(典拠米)。黒幕は安倍ではなく麻生だというのだ。森友劇場の時も。

-----

一つの事象も見る位置によっては別の意味合いに取れるというのである。
異なる視点で見ると、『反日の断末魔が聞こえる。』(典拠米)というのである。
本名 ユン〇〇 通名伊〇沙織 会見で本名名乗らない訳 韓半島キムチDNAの人種
顔出しに抵抗ない 厚顔無恥な反日半島系人。』(同前米)と邪推する人もいるのである。

必要な情報が提供されないと、不足分は邪推するしかないからである。
山口氏が逮捕もされてないし起訴もされてないのに馬鹿じゃないのか。
昨年[2016年。因みに事件は2015年4月の出来事]の7月に不起訴になっているのに、
なぜ今頃になって騒ぐのか。』(同前米)。なぜの背景

性犯罪は難しいですね
セクハラも被害者のさじ加減一つです。
嫌な上司ならセクハラでイケメンの同僚なら愛情表現ですからね。』(同前米)。
『[記者会見のオチが]コラコラ「共謀罪」って、予想通りすぎる。』(同前米)。

悪魔の証明を利用した民進党の罠だろうが。
こうなったら、顔出し告発した女に告訴してもらい、レイプされたとされる時の状況を徹底的に
さらけ出して欲しい。マスコミも連日報道すべし。』(同前米)。女が覚悟を決めたのだから、
マスコミも覚悟を決めて真相をきちんと報道したらいかが。できない事が分かっているので嫌味。

[PR]
by munojiya | 2017-05-31 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-05-31 オニの目にも涙
「オニ」と片仮名で書いたが、漢字を当てると「読売記者」である。           
「読売新聞」の記者が『涙目になりながら、今回の加計学園問題の前川・前事務次官について
驚きの証言をしたことが分かりました。』(典拠)というのである。
事の経緯はこうである。

『[2017年]5月25日に民進党の[加計学園疑惑]調査チームが会合を開き、ヒアリング
調査の中で読売新聞の記者から「本当は事実を恣意的に歪めて個人攻撃などしたくない」などと
証言があったと発表。』(同)。
それだけでは記者の名前が分からないが、女の記者の嘘涙〈そらなみだ〉だったのかもしれない。

読売記者よく言うよ
私は、読売の記者が 「涙目」なんて よくもまあ、シャーシャーと言えたと思います。女優の
演技と同じで、いつもの読売ですよ。お忘れ無く。』(典拠米)。
似たような事を思う人もいるのである。

三菱商事の社員はキリンビールしか飲まないと聞いたことがある。
「読売新聞」の記者は「アサヒビール」は飲まないものか、いつも気になっているのである。
かといって「アサヒ」に対抗して「ヨミウリビール」を造っても売れないだろうが。
「産経新聞」の記者は「サッポロビール」だろう。★一つ、である。

[PR]
by munojiya | 2017-05-31 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)