2017年 06月 03日 ( 3 )
2017-06-03 「悪魔」の正体
キリスト教に、というか、聖書に出てくる「悪魔」とはなにか。
なんてことない、その正体はこれだというのである。
欧州列強は人間じゃねぇ
悪魔だ。』(典拠米)。

聖書とは、そのまつろわぬ悪魔〈はくじん〉と神との戦いだったのである。
ご存じのように、今、神は劣勢である。
科学という知恵を持っている悪魔に、神の領域がどんどん狭められているのである。
本当の歴史を知ったら、悪魔を見ると吐き気がする筈である。

知らない事は幸せなのである。
アメリカからやってくる映画の大半は、敵を作ってやっつけるという狂気の映画である。
平和に暮らしていれば誰も困らないのに、あえて戦争を仕掛けて、諍いを起こし、自分で作った
苦難を乗り越えることがヒーローだというのである。武士道とは反対のヒーロー道とでも呼ぶか。

耳で聞いたら「疲労度」に聞こえるように、そんなのを相手にしていたら疲れるのである。
なのに、相手はなぜか擦り寄ってくるのである。似たようなのが特アの連中である。
外見はアジア人だが、中身は悪魔なので、特別な悪魔で「特悪」、表記は「特亜」なのである。
アル添酒もそれで、外見はお酒だが、中身はアルコールを混ぜたリキュールなのである。

[PR]
by munojiya | 2017-06-03 01:17 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-06-03 譬え話列伝「馬小屋で猫が生まれても」
説得力のある譬え話のシリーズである。
日本に、不法に入国した移民の子供をどう処遇するかという問題である。
もともと不法なのだから、本国に送り返すのが筋だろう。
しかし、日本で生まれた子供は日本語しか話せないという場合があるのである。

在日不法入国南鮮人(主に済州島から不法入国してきた人達)のことを言っているわけではない。
この場合はインドから不法入国してきた家族の子供のことである。
難民と、違法に入り込んで見つからないように暮らしてる人たちは別物だよ。』(典拠米)。
そこで出てきた譬え話がこれである。

馬小屋で猫が生まれたからって、馬になれるわけじゃないよ。』(同)。
この無茶苦茶な意見が笑える。
猫と馬は別の動物だけど、インド人と日本人は同じ人間でしょ。』(同)。
でも文化は違うよね。文字通り正反対だよ。

ムスリムが異教徒に対するジハードを捨てない限り、キリスト教徒と共生することは
出来無いってことだよ。』(同)。南鮮人のように反日を掲げている人達と共生できるか。
離れて暮らす事がお互いにとって合理的な選択なのだ。見掛けは同じ人間でも中身が違うのだ。
純米酒とアル添酒もそれである。ただアルコールは毒だからどっちを呑んでも変わりはないが。

-----

このオチが怖い。
ドイツにアフガニスタン人の子供のケースがある。
難民申請に不備があったから、警察が家に乗り込んで空港に連れて行ったら、報道されて議論を
呼んだ。大勢が抗議してた。

今日読んだのは、そのアフガニスタン人がまったく協調性がなかったってこと。
“ドイツに戻ってドイツ人を殺してやる”って言ってた。
ジョークでも想像でもないよ。
日本はもっと厳しくしたほうがいいって。』(典拠米)。

[PR]
by munojiya | 2017-06-03 01:15 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-06-03 笑い話「普通の韓国人」と普通のマスコミ
『[南鮮人は]ここまで頭おかしいのか』(典拠5:28)。
いいえ、普通の韓国人』(同5:30)。
ちなみに、ずっと前から
こうなんだ』(同5:38)。サッカーのファン(サポーターというのか)は辛抱強いなぁ。

TVで放送されているサッカーの試合で、南鮮人が信じられない事をやったというのである。
普通の日本人が、意識して本物の南鮮人(および在日南鮮人、もしくは帰化した南鮮人。以後、
それらを一括して南鮮系人〈ソレ〉と表記する)に接する機会は少ない筈である。
芸能人にはソレが多いので、無意識に接する機会は多いのだかソレを認識することは少ない。

日本人がソレを強く認識するのはスポーツの国際試合で見るソレの振る舞いなのである。
そこで見る本物の南鮮人が、南鮮人を代表してみっともない振る舞いをしたというのである。
TVで見る南鮮人の姿が、日本人にとっては南鮮人の期待通りのイメージになるのである。
そのイメージが「コリャ駄目だ」というわけである。ソレを「土人」と呼ぶ人もいるのである。

サッカーで、ベンチの選手がレッドカード(気違い札)を貰うというのだから笑い話だろう。
庵主は、スポーツとしてはまだ野蛮状態に留まっているサッカーを知らないから幸せなのである。
浦和と聞いたら埼玉か。そういえば、最近埼玉の「神亀」を呑んでいないなと、全然別のことを
思い浮かべてしまうのである。花より団子、球よりお酒。乱闘騒ぎもお酒につながってしまう。

-----

これに対する、多分南鮮人だろうかと思われるコメントがこれである。
히로시마와 나가사끼에 원폭 투하한 날을 중국 한국 기념일로 쉬어야 하는데 
일본원숭이 잡는날로 미래가없는 민족 없어지기를 기원하는 날로』(同前米)。
翻訳するならこちらで。同じロッカールームの別の写真がこちらである。

で、AFCは先にこういう決定を下しているという。
ならば、南鮮チームの暴力行為にはどんな決定を下すのか、下さないのか。
「今後の成り行きが注目されます。
その対応によっては問題になりそうです」といったところである。

そのサイトの後ろの方にある南鮮の主張は気が狂っている。
その論理構造はこうだというのである。
「慰安婦合意は破棄だ。
再び謝罪と賠償金を払え。

それと、なせ、韓国へ投資や観光に来ないのだ、
スワップも再開しろ。
何、朝鮮半島有事には日本へ帰国するだと。先に逃げる気か。
本当にお前たちはけしからん奴だ。」意味不明すぎます。』(典拠4:24)。

[PR]
by munojiya | 2017-06-03 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)