2017年 06月 18日 ( 2 )
2017-06-18 「朝日」と「中日」の功罪の功の方
今では、反日の牙城と認識されるようになった「朝日新聞」と「中日新聞」は、功罪の罪の方が喧伝されているが、功もあるのだという。日本の部活音楽に寄与しているというのである。
吹奏楽のコンクールの主催や共催が朝日新聞や中日新聞だったりする関係か、指導者にパヨク
率高いのがね。

音楽の話をする分には真面目で良い方多いけども、政治の話は振らない方が安全。
まぁ、そんな教師の指導だから一丸となって暗譜とかも出来るんかなと思ってしまうが。
典拠米197)。
小学生のこの演奏がすごいのだという。

庵主は幸いなことにその凄さが判らないのである。
ただ眠たくなる音楽だなと思って聞いていたら、それは庵主一人だけではなかった。
これをBGMに寝よう。』(同米44)。
庵主は、本当にこれを聴いていて電灯を点けたまま眠りこんでしまったのである。

朝、目をさましたら、パソコンの電源が入ったままになっていた。
ディスプレイの画面は節電モードで真っ黒になっていたが。
庵主にはこういう曲の方がわかりやすくて好きである。その正調
庵主はいいお酒を呑んでも眠たくなるのだから、小学生の演奏はきっといい音楽なのだろう。

-----

「毎日新聞」はネットでは「変態新聞」と呼ばれている。
「読売新聞」は今では「国売新聞」と呼ぶのがネットでの揶揄である。
その伝で、「朝日新聞」は「朝鮮系反日新聞」、「中日新聞」は「中国系反日新聞」と呼べば
いいのか。で、朝めざめてまた小学生の演奏を聴き直したら、悪くはなかったのである。

[PR]
by munojiya | 2017-06-18 00:04 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-06-18 笑い話「虚カス」


標題は「虎カス」ではない「虚」である。まず、この異様な光景を見ていただきたい。
何が異様かというと、広島カープファンが「六甲おろし」を唄っているということである。
何が起こっているのかというと、こういうことである。
あの阪神ファンがそれで泣いたというのである。

桧山の引退試合生で見てたけど対戦相手の巨人ファンも残ってた
金本の時も横浜ファンは残ってくれた』(典拠米)。
そりゃ引退試合のときはファン残るだろ敵でも』(同米)。
たかねん 残らないのが巨人。残る方もいるが、ごくわずか。』(同米)。なるほど。

カープファンはなぜか当たり前のように他球団の応援歌も歌えます。笑 でもそれは対戦
チームの攻撃も楽しく見れるように応援歌とかチャンテとか勉強して行ってます。』(同米)。
いや、これ当然だから。どっかの虚カスは当然の事が出来ないらしいけど。』(同米)。
虎の兵庫県、鯉の広島県に挟まれた岡山県に在住の私は、両球団のファンです。

(どっちかというと虎寄り。)どっちの歌でも歌ってやるぞと意気込んでいます。ま、両球団の
色(黄・赤)を混ぜ合わせたような球団は応援する気などありませんが。』(典拠米)。
あんたとはうまい酒が飲めそうだ笑』(同前)。
庵主はプロ野球の事情にも疎いが、嫌われている球団が一つあるようである。嫌韓ならぬ嫌虚か。

-----

阪神ファンの結束の強さは、これは庵主の仮説だが、阪神って在日チョウセン人のチームだから
ではないのか。阪神ファンの核心は在日チョウセン人が担っているとしたらどうだろうか。
阪神ファンのあの熱狂的応援風景はまさにソレのそれだからと思えば合点がいくのである。
阪神の正体はその心情が反日精神で、在日チョウセン人の激情をかきたてるものがあるのだ。

広島カープファンが親神(阪神に親和的な事)的なのは、広島がヤクザの本場であるように、
ヤクザといえばソレの適職だと言われていることから類推するに、広島はソレの勢力下にあるの
で阪神ファンと広島ファンは同根だから心情に通じるところがあるからなのではないか。
話は突然変わって、この唄い方にはまってしまったのである。曲は流石の古関裕而である。

[PR]
by munojiya | 2017-06-18 00:03 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)