2017年 08月 04日 ( 2 )
2017-08-04 庵主は牛乳有害説の信奉者なので、
庵主は、牛乳は体に良くないという説が好きなのである。
戦後、日本人に、それまで聞いたこともなかったアトピーなる皮膚障害が発生するようになった
のは、日本人がパン(小麦粉)と牛乳を飲み食いし始めたのが原因なのではないのか、というの
が庵主の仮説である。例によって、庵主の仮説には根拠がないからただのネタであるが。

人間の体は、十年や二十年でその体質が変わる事はないのではないかということである。
長く米を食べてきた日本人の体質は、牛乳やパンにはまだまだ適応できないので、拒絶反応を
起こしているのではないかという直感である。
それがアトピーみたいな症状となって現れてきているのではないか。

食が間違っているのではないか。
ということで、今度はパン食有害説が好きになりつつあるのである。理に適っていると。
『大学病院で血液検査とDNA検査をさせられ[中略]変な病名告げられる。焦る。
医師団が顔曇らせて一切告知しないので、病名をPCから盗み取る。防衛大学の指定大学病院だ。

何コレ?と調べてみて数年後、こんな病気を発見。
左翼がよくパン食べるなとか、酵母中毒とか、グルテンフリーしろとやり取りしているのを
見たが、こんなことが書かれていた。ワシの病名と同じ。わしもパン食べまくっていた。』
典拠米)。パンに使われている酵母がヤバイらしいという。酵母と聞いたらお酒もまた。

-----

こんな記述もある。
慢性的非行未成年者は、コントロール群に比べて、牛乳をより多く飲んでいた。
アメリカの未成年の刑務所で、牛乳の代わりにオレンジジュースが供給された後、反社会的行動
が激減した。牛乳を飲むようになると、再び問題行動が増えた。』(典拠)。

アメリカの学校で、給食をファストフード(ゴミ食)から、まともな食事に変えたら、構内の
素行問題が減少したという話を聞いたことがある。
食事が良くないと、人間の行動が乱暴になるという事である。
人間の異常行動の原因は食生活にあるという仮説ネタである。

[PR]
by munojiya | 2017-08-04 00:45 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-08-04 結婚しないと困る人たち
軍隊というのは「武装した官僚制」だ、と書いていたのは、確か小田実だと思った。
見掛けは武器兵器だが、その本質は上意下達絶対服従の官僚制だというのである。
その伝で、庵主はいうのである。
軍国主義というのは「産めや増やせや」の人口増加主義である、と。

戦前の政府ないし軍部は結婚を奨励して多産を推進する緻密な政策を施していたという。
まずは結婚させて子供を増やさない事には軍国主義の発展はないからである。
しかし、その軍国主義が占領国の都合で否定されているために、個人の自由を謳歌する若い人達
には結婚をする人が減ってきたというのである。

それで困るのが、結婚を前提に政策を策定してる政府や、企業の経営者なのだという。
『でも、結婚をしなくなるとなると、結果的に出生率が下がり、計画していた社会制度が維持
できないので、必死に結婚させようとする側がいるのも事実。
今や結婚は様々な思惑渦巻くビジネスと化しているのです。』(典拠)。

ビール業界も、新規の需要者である若者の絶対数が人口減少で減りつつあるところに加えて、
若い人がビールを飲まなくなったことで、その経営者にとっては、売上げを増やす事を目標と
する企業活動においては、どんどん子供が増えてほしいということで必死に結婚してほしいと
願っていることだろうが、そういう発想は当節の日本では軍国主義とされるのである。

-----

なぜ若者は結婚しなくなったか。
世の中にはそれが存在していても、一生それに関わらなくても生きていけるものがある。
お酒がそうである。
一生、お酒を呑まない人もいるのである。それでも生活に支障はないからである。結婚も、だ。

難しく考え過ぎだな。結論は若者に金が無いから結婚しないだけ。または金が無くても長期的
に収入の目処が立てば結婚の決断は容易い。仮にフリーターでも今から頑張れば家族を養えるの
であれば恋愛も結婚も躊躇しないだろう。長期の賃金デフレと消費市場低迷が問題の元凶だ。
つまり消費税を廃止すれば少子化問題は秒殺で解決する。』(典拠米)。

世の中いろいろ便利になって一人暮らしがしやすくなったのも無理に結婚しなくても良く
なった要因でしょうね。
洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、コンビニ、24時間やっている食堂なしに仕事をしている人が
一人暮らしをするのは難しいでしょう。』(同前)。

逆の視点から見れば、そういう仕事は何のためにやっているのかと訊かれたら返事に困るの
だろうが。目的もなく続ける仕事はやってもむなしくないのか、ということである。
昔は、といっても戦前は、国民皆兵だったように、そのために国民皆婚が国策だったのである。
今は、強兵の目的がなくなったので、皆婚の意味もなくなったのだろう。好きに生きれと。

[PR]
by munojiya | 2017-08-04 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)