2017年 08月 06日 ( 2 )
2017-08-06 「江戸時代まで家系がたどれない」女
日本人は、とんでもない女を掴まされたものである。
小生[水間政憲]の最新刊『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実』の41ページに
「そして、昭和天皇の侍従長・入江相政の母親は、白蓮の姉・信子でした。」と、入江侍従長に
唐突に触れたことに、「????」を感じた方は洞察力が優れていらっしゃいます。

保守層の国民にとって入江侍従長で記憶に残っているのは、最初に「小和田雅子さん」が
皇太子妃の候補に名前が挙がったとき「小和田家は江戸時代まで家系がたどれない」として、
反対され「雅子さん」は候補から外されたのですが、昭和天皇が逝去され入江侍従長が皇居から
去ってからまた「小和田雅子さん」が皇太子妃候補に復活したのです。』(典拠)。

さらに日本人は、それよりももっと凄い女を掴まされたというのである。
皇后陛下の入内にはGHQが、からんでいます。平民正田美智子さんの入内を日本政府より
アメリカメディアが先に知っていたのは、なぜ。』(典拠)。
いずれの女も筋がよくないということである。

そのやり口を見たら、湯田金が嫌われる理由がよくわかるのである。筋がよくないのである。
湯田金は、いまは「グローバリスト」と呼ばれている。
敢えて和訳すると「地球破戒主義者」である。
「普通酒」と業界が呼んでいるお酒がある。敢えて英訳すると「フェイクサケ」でいいのか。

-----

それにしても出自をベースにすると、妃殿下及び実家の方々の
常軌を逸した言動の数々に得心は行きますね。
娘の嫁ぎ先や特権に巣食うなどの他「日本人離れした」感性は、つとに指摘されて来たことでも
あります。典拠)。

雅子妃の振る舞いは、というより、小和田家の振る舞いは、「チョウセン人」という補助線を
引けば、なぜか合理的に納得できる、というのである。こういう事をする人も亦、なのだろう。
庵主は、役所の戸籍係ではないので、その出自がチョウセン人かどうかを知る由もないけれど。
そういう安心感は、悪事はチョウセン人になすり付けるという日本人の知恵かもしれないが。

[PR]
by munojiya | 2017-08-06 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-08-06 不治テレビの落とし話
いまや作る番組、世に出す番組がことごとく低視聴率で、まさに「不治テレビ」と化している
TV局の笑い話である。不治テレビの呪いで主演女優が泣いているというのである。
今、庵主は据置型のパソコンを使っているが、そんなものはそのうちなくなるという説がある。
大方は、スマホに取って代わられるというのである。

同様に、単体のテレビは十年後にはなくなっているだろうという予測をする人もいる。
だれもTVを見なくなるというのである。
今でもそうだが、TVは放送時間に見るものではなく、だんだん、自分の都合の言い時間に見る
ものになっているのである。視聴率の裏に、隠れた事後鑑賞率があるという事である。

その予測が、案外それまでに日本が滅びてしまい、本当に当たってしまったりして。
かつて、十年後には宅配の新聞はなくなって、新聞はファックスで送られる来るようになると
予測した本を読んだことがあるが、それは大はずれだったものである。
これから十年後には、新聞社がつぶれてしまい、宅配新聞はなくなっているかもしれないが。

TV局は広告収入が減っているため、番組の制作費を削減する事を進めているという。
予算が減るからつまらなくなり、つまらないからまた視聴率が下がるという悪循環に踏み入って
いるという。不治テレビのオチは『フジは冷し韓国屋でもやればよい。』(典拠米)。参考
祥時のときは乾杯だが、不幸の時は献杯という。不治テレビは「韓杯〈おてあげ〉」なのだろう。

-----

不治テレビのドラマに狂い咲きがあるという。
フジテレビの[最近就任した]宮内正喜社長が[2017年]7月28日に行った定例会見
にて、同局の月9ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD 
SEASO」の高視聴率に言及した。』(典拠)というのである。

庵主はテレビを持っていないので、不治テレビにそんな番組があるのを知らなかった。
テレビの事なんかどうでもいい生活をしているからである。
南鮮のテレビドラマ、とりわけその歴史時代劇は妄想ドラマと呼ばれている。
その歴史現代劇があるとしたら、それは捏造ドラマと呼ばれるのだろう。そうするしかないのだ。

朝鮮戦争で、自国民を見捨てて、真っ先に逃げまどう李承晩の場面なんか、南鮮人ならだれも
見たくない事だろうから。米軍から貰った最新兵器を投げ捨てて、自国民がまだ残っているにも
かかわらず、我先にと逃げ回る南鮮軍の「逃げ恥」を見たいという南鮮人もいないだろうから。
「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマがあったが、それは南鮮の諺だったのか。

不治テレビには「妄想視聴率」というものもあるらしい。南鮮に汚染されたテレビ局の独自の
用語かと思ったら、「タイムシフト視聴率」という言葉があるというのだ。
リアルタイム視聴率とその妄想〈うそ〉視聴率を足した数字を「総合視聴率」と呼ぶらしい。
新聞社の「公称発行部数」と同様に、広告主を騙すための数字なのだろう。「嘘恥」である。

[PR]
by munojiya | 2017-08-06 00:02 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)