2017年 10月 29日 ( 2 )
2017-10-29 「支那」と「中国」は同じではないという
「中国」という国は、中華民国が成立するまではなかったというのである。
だから、それまでのいくつかの王朝をいうときは「支那」と言うしかないのである。
と、宮脇淳子先生が言っている(その5:40)。1912年まで中国人はいなかったと。
そして「中国」という呼称も差別用語なので、庵主は「チャイナ」と呼んでいる。

大国なのに「中」と呼ぶのは失礼である。
南鮮人が、「天皇」のことを「日王」と呼ぶのと同じような失礼の極みといっていいだろう。
日本人は、南鮮の「大統領」のことを、犬を食う民族だから「犬統領」だとは呼ばないのである。
「中」はまた「中毒」の「中」である。「毒に中〈あた〉る」である。相手を毒というのもまた。

「支那」と書けば2文字で一目瞭然なのに、わざわざ4文字を連ねるのはそういうわけである。
尊称でも、蔑称でもない呼び方が、国際標準の「チャイナ」だからである。
「中国」を英語でいえば「チン」ということになるが、チンはチャイナ人に対する蔑称である。
英語で、「日本」を「ジャップ」と呼んだら蔑称であるように、である。

日本では、アメリカのことを「米(もしくは米国)」とではなく、「雨」と書くことがある。
その「雨」も、本当のところは、「チン」であり、「ジャップ」なのだろう。
「お酒」という言葉は、日本語では一に「日本酒」のことを指すのである。二に酒類全般をいう。
「お」を付けて親しみ、国号を付けて尊称とする。で「清酒」と呼んで苦笑するのである。

-----

「日本酒」の読み方は「にほんしゅ」である。「にっぽんしゅ」ではない。
「にほん」と「にっぽん」の違いは別稿で庵主の仮説を紹介したとおりである。
「にっぽんしゅ」と呼ぶ場合は、半分蔑称の意味が加わるのである。
その場合は「ぽんしゅ」という。「ポン酒」などと表記される。

「清酒」という言葉は、実はアル添の日本酒をも日本酒に含めるための方便用語なのではないか。
戦時中の原料米不足から、日本酒にアルコールをまぜて増量するという三増酒が造られるように
なり、戦後も不作による米不足から、アル添増量酒が世に跋扈していたのである。その時世に、
知恵者が、米が主原料の酒を「清酒」と呼んで呑み手を誤魔化そうとしたのではないだろうか。

[PR]
by munojiya | 2017-10-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
★20147-10-29 ああ、「涙がとまらない」★2017/10/28 10/29掲載 世話物
小泉進次郎の、陸上自衛隊皇統工科学校の卒業式でのお祝いの挨拶である。
おっと「皇統」は「高等」の誤変換。
最後に私が一言申し上げたいのは
自衛隊の道をこれから選ばなかった、5名の依願退職をされる皆さんに対してです。

私は、その5名の皆さんの両肩に担っている使命、これは非常に大きいと思っています。
多くの国民は、高等工科学校という存在を知りません。
皆さんのような年でこれだけの日々を、厳しい訓練を乗り越えて社会に出る、そんな皆さんの
存在を知りません。皆さんの存在を、社会に届けてください。

この本校で[「この本校」は、書き言葉なら、馬から落馬]学んだことをこれから民間の世界で
生かし、活躍される5名の皆さんは
3年間学んだこと、そして同期がこれからも自衛隊で頑張る姿を多くの出合う人々に伝えて
ください。それが皆さんの役割です。』(同4:56)。

それが防衛大学校になると「任官拒否」といわれる。任官拒否は、非国民だと思われているが、
実はそうではないのだという説がある。宇野正美先生説である。あれは本当に優秀な選ばれた
自衛官が、陸軍中野学校のように、制服を脱いで民間に入って活動する自衛官なのだというのだ。
「多くの国民は旨いお酒の存在を知りません。呑み手の使命をそれを世に伝える事なのです」。

-----

最近小泉の身内、出自に関する動画がユーチューブに複数アップされています。明らかに
ネガティヴなものがあります。既に小泉人気を潰すために動き始めてるみたいです。奴等の攻撃
を信じて迷わされてはいけません。』(典拠米。以下も同じ)。
事実をネガティブと呼んだら、ファンタジーのことはポジティブと呼べばいいのかな。

例えば、南鮮はまったくポジティブな国なのである。未来は“明るい”のである。
アル添酒も、非常にポジティブなお酒なのである。未来は“悪酔い”なのである。
気のせいかな自衛隊じゃなく工科学校に行く人を褒めてそちらに陽動[誘導]しようとして
いる気もする。

若者ってこういう人の言葉に弱いから簡単になびく。[祝辞は身内しか聞いていないのだが]
この人は、韓国の危険な肥料を農協に推進して売り込む様に圧力をかけたりどうも信用ならん。
尤もらしい事を言って国民を騙し続けた小沢一郎や石破茂に似ている。
父親の小泉純一郎も終身雇用制度をぶち壊した張本人だしどうも信用ならん。』。

一方、信じたい人もいるのである。
私は小泉進次郎さんが大好きです。進次郎さんは私達国民を裏切らない そう信じてます。
将来必ず総理大臣になって下さい[。]応援してます。』。
当然、信じない人もいるのである。

『小泉進次郎が自衛隊卒業式で語った”ある言葉”に涙がとまらない。
→お前は韓流ファンの大阪のオバはんか? こいつと親父は日本史上最悪の売国奴だぜよ 
日本に次々と不味い外国産が入ってきてるのは、すべてこいつらのせいだから』。
『願わくば、彼の言う一言一句が既存政治家特有のリップサービスではないと思いたい』。

-----

小泉進次郎はまだ政策を語れないというのである。応援演説は人寄せで政策は必要ないのだが。
小泉進次郎、政策の具体的なこと何も言ってない
結局、この人もマスコミが作った「まやかし」「もちあげ」
全く応援演説の内容に説得力なし

こんなんにだまされ、何も考えず昔と同じように自民党に入れてるから
地方はいつまでたっても過疎化解消しない
地方消滅といわれるまでにしたのは、何を隠そう自民党そのもの』(典拠米)。
自民党は、日本最大の反日団体だという説もあるのである。その主成分は清和会なのだと。

[PR]
by munojiya | 2017-10-29 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)