2017年 12月 09日 ( 3 )
2017-12-09 笑い話「人によっては何の問題もない事案」
安倍派と呼んだらいいのか、反野党心情と言ったらいいのか、「モリカケ問題は安倍総理には
なんの責任もないどうでもいい問題だ」と言う人は少なくない。そんなことなんかよりも、北鮮
の核ミサイルの方が重要な問題だと言うのである。森友学園の池端理事長とちゃっかり一緒に
写真に写っている青山繁晴議員などはそのためか、ネットで盛んに米朝開戦の危機を煽っている。

勿論、青山議員は、安倍総理に一本釣りされて議員になった人である。
なお、庵主は観相能力もダメだが、写真を見て、それかフォトショなのかどうかの鑑定能力も
ないので、その写真がフェイク画像だったら、御免である。
他の人の写真の顔だけ取り替えたものかもしれないからである。

すぐ嘘だとは判るもののいかにもそれらしく見えるフォトショで加工された顔換え写真の実例
そういう写真、というかデジタル画像を見せられて、それがフォトショだとすぐ判りますか。
先の青山議員(議員になる前の写真かもしれない)が写っているデジタル画像も顔だけ取り替え
たように見えない事もないのである。ハイレベルのフォトショになると庵主には判別できなのだ。

フォトショを使ったいたずら写真があるという事はともかく、これはフェイク映像ではないこと
だろう。否、TBSのニュースだから、ひょっとしてCGかもとい疑いは持っていいのである。
この映像だ。その手のことを憮然として表情で指示した人がいたとしたら何の問題もないのか。
そういえば、庵主は本物のビールとフェイクビール(本ビール)の違いも判別できないのだった。

[PR]
by munojiya | 2017-12-09 00:04 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2017-12-09 「キチガイ」と言う事は差別か
「差別か」は「差別化」ではない。「差別(だろう)か」という反語である。
お酒の表示でも、「無ろ濾」といった表記が見られるが、庵主はこの手の漢字とかなの混ぜ書き
が大嫌いである。紛らわしいことが多いからである。
その辺は前後の文脈から解釈すれと言われても、一瞬判断に戸惑うことがあるからである。

その一瞬が、イライラするまではいかないが、煩わしいのである。だから嫌いだ。
それが好きだという人もいるから、良し悪しを言っているのではなく好みを言っているのである。
そんな表記ははなから悪いに決まっているからである。
「行為」を「行い」と書いたら、「行為」なのか「おこない」なのかと一瞬戸惑うのである。

取り上げた記事は、「キチガイ」という言葉を差別用語だと主張するものである。
その文脈ではそれでいいのである。
しかし、庵主の場合は「キチガイ」という表記を「一緒には暮らしたくない人達」という意味で
使っているので、それは差別用語なんかではなく、区別用語なのである。

甘口・辛口という場合の辛口と同じである。庵主はそんなもの呑みたくないが、辛口を差別して
いるわけではない。そういうお酒を呑むのは避けたいという事なのである。
だって、うまいと思えないお酒を呑んでもしょうがないからである。体質的にも呑めないだが。
同様に、気の合わない人達と暮らすのは疲れるからである。まして文化が違う人達とはなおさら。

-----

自分の考え方と異なる人達を、もしくは文化の異なる人達「キチガイ」と呼ぶのは心情としては
よく分かるのである。それだったら、「関わってくるな」と言えば終わりである。
それがしつこく絡んでくるから困るのである。
ね、そういう人達がいたらキチガイでしょう。一緒には暮したくないじゃないですか。

で、庵主はフランス語も疎いのだが、そのフランス人「エリック・C」さんの言葉のどこに
その「キチガイ」があるのか判らないのである。
その名前も、例えば「ドナルド・トランプ」なら「D・トランプ」とするところだろう。
それを「エリック・C」というのは「C」は「クレージー」という厭味なのだろうか。

-----

共産党員にとっては「清掃員」というのが差別用語だというのである。
ちゃきちゃきの共産党員(だったか、そのシンパだったか)の五寸釘ほなみが『今井絵理子クソ
すぎて。きっと、今井絵理子ファンだった人で嫌いになって人も多いだろう。清掃員でもやって
ろよ。』(典拠)と言ったというのである。

その「清掃員」が差別用語だというのである。
「鉄道員」とか「警備員」とか「公務員」という職業名はいまでは差別用語なのか。
その発言には前段があって、今井が言った『参院新人議員が挨拶回り 自民・今井氏「雑巾がけ
から頑張る」』(同)というものである。

「雑巾がけ」に対する返歌が「清掃員」だったのである。短歌の伝統に則った返しなのである。
『[五寸釘ほなみ達は]最低賃金上げろ!と叫びながら清掃員を差別する。』(同)とあるから、
清掃員は低賃金労働者だという認識なのだろう。
日本人はその認識は狂っているよ、というのである。

五寸釘ほなみこそクソだ ∥  「清掃員でもやってろ」 ∥ 清掃員の人に失礼極まりない
だろ』(同前)と一喝されている。。
五寸釘さんも、それを言うなら「共産党員でもやっていろ」と言えば誰も文句はなかったのに。
「赤旗」を配達している共産党員は最低賃金以下の、否、持ち出しの労働者だというから。

[PR]
by munojiya | 2017-12-09 00:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2017-12-09 どーなっているのだろう、今時の写真は
今どきの写真は360度見渡せるのである。
あの冨岡八幡宮をネットで検索したら出てきたのがこの写真である。
カーソルをいじると前後左右、上下を見ることができる。境内の全景を見ることができるのだ。

昔は、写真はビントを合わせるのが第一だったが、いまでは、好きなところにピントを合わせる
ことができるようになっているという。
コンピタによるデジタル画像様様の時代になっているのである。
あーつまらない。

美人が写っている写真を見ても、またフォトショかと思うと、見た目は全然問題がないにも
関わらず、なぜかつまらなく感じるのである。
アル添酒もそれなのである。見た目も、呑んだ目も、いやここは呑んだ舌と言うべきか、全然
問題ないのに、なぜかつまらなく感じるのだ。気のせいだろうがどこか違っているような感じが。

カメラは、撮影の要であるピントを合わせるという技がいらなくなった。
デジタル画像は、真っ白でなければあとからフォトショでかなり修正できるから便利だ。
フィルムでは撮れなかった夜景が綺麗に撮れるのだから鬼に金棒である。
で、冨岡八幡宮は、映画じゃないが「そして誰もいなくなった」神社である。血まみれ神社だ。

[PR]
by munojiya | 2017-12-09 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)