カテゴリ:未分類( 1695 )
2017-08-06 「江戸時代まで家系がたどれない」女
日本人は、とんでもない女を掴まされたものである。
小生[水間政憲]の最新刊『ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実』の41ページに
「そして、昭和天皇の侍従長・入江相政の母親は、白蓮の姉・信子でした。」と、入江侍従長に
唐突に触れたことに、「????」を感じた方は洞察力が優れていらっしゃいます。

保守層の国民にとって入江侍従長で記憶に残っているのは、最初に「小和田雅子さん」が
皇太子妃の候補に名前が挙がったとき「小和田家は江戸時代まで家系がたどれない」として、
反対され「雅子さん」は候補から外されたのですが、昭和天皇が逝去され入江侍従長が皇居から
去ってからまた「小和田雅子さん」が皇太子妃候補に復活したのです。』(典拠)。

さらに日本人は、それよりももっと凄い女を掴まされたというのである。
皇后陛下の入内にはGHQが、からんでいます。平民正田美智子さんの入内を日本政府より
アメリカメディアが先に知っていたのは、なぜ。』(典拠)。
いずれの女も筋がよくないということである。

そのやり口を見たら、湯田金が嫌われる理由がよくわかるのである。筋がよくないのである。
湯田金は、いまは「グローバリスト」と呼ばれている。
敢えて和訳すると「地球破戒主義者」である。
「普通酒」と業界が呼んでいるお酒がある。敢えて英訳すると「フェイクサケ」でいいのか。

-----

それにしても出自をベースにすると、妃殿下及び実家の方々の
常軌を逸した言動の数々に得心は行きますね。
娘の嫁ぎ先や特権に巣食うなどの他「日本人離れした」感性は、つとに指摘されて来たことでも
あります。典拠)。

雅子妃の振る舞いは、というより、小和田家の振る舞いは、「チョウセン人」という補助線を
引けば、なぜか合理的に納得できる、というのである。こういう事をする人も亦、なのだろう。
庵主は、役所の戸籍係ではないので、その出自がチョウセン人かどうかを知る由もないけれど。
そういう安心感は、悪事はチョウセン人になすり付けるという日本人の知恵かもしれないが。

[PR]
by munojiya | 2017-08-06 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-06-30 女性天皇と女系天皇の違いは判るか
チョウセン人が、あるいはアメリカの湯田金に唆されてチョウセン人が表に立って、長い伝統が
あるわが皇室の解体を策動しているというのが、ネット界の日本人が抱いている危機感である。
相手がチョウセン人からタチが悪いのである。しかも、マスコミもソレ系だから始末に悪いのだ。
大きな事故というのは、運悪く悪い条件が重なって起こるのである。

いま、日本はその悪い条件が一時に集中している時期なのである。
国会議員には成り済ましの日本人であるチョウセン人が跋扈していて四面楚歌である。
四面創価と言った方がいいのか。困ったものである。
お酒には、見た目は同じだが、純米酒とアル添酒とがある。

それを気にしない人もいるのである。逆にそれを峻別してアル添酒を見下す人もいる。
アル添酒を見下す事を差別と言えるか、である。それは峻別というところだろう。
日本人はチョウセン人を差別しているのではない。峻別しているのである。別種だからである。
天皇は女性天皇でも女系天皇でも同じじゃないかという人もいるのである。

その違いが判らないからである。一見すると同じように見えるからである。
しかし、ここは女系天皇は駄目である。なぜなら品質が劣るからである。峻別する必要がある。
女性天皇と女系天皇の違いが判らない人でも、判ることがある。
女系天皇を容認する人達はチョウセン人だということである。

-----

女系天皇の容認を主張することは現皇室に対する侮辱になりかねないという指摘である。
現皇室の血脈の断絶=皇統の断絶、という誤ったイメージこそ、問題なのではないかと思い
ます。旧宮家を含めて、皇統は、采女制度からも推察されますように、古代より、凡そ国民の間に広まっております。否、現皇室よりも皇統が濃い民間人も多いのではないでしょうか。

マスメディアは危機感を煽って女系に誘導したいようなのですが、民間の皇統保持者の存在が
意識に上ることで、逆効果となるのではないかと思うのです。』(典拠米)。
「日経」が言っている事は左翼の嘘なのである。言っている事に嘘はないが、その全体が大嘘と
いう論法をいう。実は現皇族以外にも皇統を継げる人はいるのだ。必要なのは皇統なのである。

[PR]
by munojiya | 2017-06-30 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-06-27 その人の言を信じれば安倍晋三はチョウセン人
そもそもは、国会議員の出自が公表されないから邪推するしかないのである。
以前から、「総理大臣の安倍晋三はチョウセン人だ」という説はあったのである。
状況証拠はまさしくそれを証明しているからである。
チョウセン人だとすれば合点がいくことが多いということである。

かりに、安倍晋三議氏がチョウセン人でないとしても評価は変わらないのである。
かみさんがソレである。ふつうの日本人がチョウセン人と結婚したがるか、ということである。
生島治郎さんみたいに、チョウセン人と結婚したがる人もいるから一概にそうとはいえないが。
あくまでも状況証拠ではあるが邪推の根拠にはなるのである。

邪推の根拠に事実の確認は必要ないからである。事実確認をするのはマスコミの仕事だろう。
事実を、客観的に、伝えるのがマスコミの使命である。
正確な判断ができる正確な材料を調べて伝えてくれればいいのである。
その不備を、庶民は、すなわち庵主の事だが、邪推で埋めるしかないのである。

安倍総理の特徴は平気で嘘を吐くということである。さらに背が高い。倭人ではないのだ。
そして、呑んでいるお酒が山口の「獺祭」だったら、ビンゴだろう。
あの有田芳生議氏も贔屓のお酒が「獺祭」なのである。
ちなみに、いま兵庫県知事選挙で苦戦中の勝谷誠彦候補も「獺祭」のファンなのである。

-----

肝心な、「その人」が言っている言葉が本文からはみ出してしまった。
『[安倍晋三さんの]お父さんの安倍晋太郎さんは「俺は朝鮮人だ」と自ら言っているのです。
では、間違いなく朝鮮人です。』(典拠)。それを信じたら当然総理の血はチョウセン人である。
そして安倍総理は背が高い。見栄えがする。倭人ではないのだ。倭とは小人という意味である。

安倍晋太郎さんはデカイ人です。安倍さんも背が大きいのです。済州島は体が大きいのです。
和田アキ子も済州島人です。済州島は巨人族です。日本神話では長髄彦が出てきます。本当に
スネが長いのです。一種の巨人です。体系[庵主校正:体形]から見ると済州島人ですから、
朝鮮人と思ってよいのです。』(同前)。総理はチョウセン人と仮定すれば条件がみな合致する。

[PR]
by munojiya | 2017-06-27 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-06-11 「変態新聞」が書く皇太子の記事
「変態新聞」の山田奈緒記者が書いた記事である。名前通り、スナオな人なんだろう。
<退位特例法成立>皇位継承へ 人柄にじむ皇太子さま』(典拠)。
日本の新聞社は、ネットに掲載した記事を、都合が悪くなるともすぐ削除してしまうことがある
ので、この記事もそうなる運命かもしれないので早く一読される方がいいかもしれない。

新聞社の記事を信用してリンクしたのに、後日クリックしたら削除されているのを知った時には
愕然とするのである。つまり、新聞社のその手の与太記事は根拠にならないという事なのである。
今どき、メモリーなんかただみたいなものなのだから、メモリーが不足するから削除したという
ことはないだろう。記事内容に不備があったから、もしくは与太記事なので削除したとみるのだ。

天皇陛下の退位を実現する特例法が成立し、皇位を継承される皇太子さまにも注目が集まる。
公務をこなす一方、趣味の登山や研究活動にも積極的な皇太子さま。温厚でユーモアに富む人柄
が、親交のある人々をひきつけている。』(同)。それは公式発表のお姿である。
しかして、現実のお姿はというと、このサイトで見ることができる。

海外での公式行事の場でカメラを取り出している写真を見ると赤面の思いにさせられるのである。
親はそれを注意しないのか。親の顔が見たくなるのだ。見なくても分かっているので亦哀しい。
お酒の公式のお姿は、すなわち理想像は、百薬の長である。
しかし、その現実のお姿は、吾妻ひでお先生が漫画で教えてくれるのである。

[PR]
by munojiya | 2017-06-11 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-06-08 いかがわしい、眞子内親王の婚約騒動
日本人がいかにチョウセン人を嫌っているか、というより、異民族の血をケガレとみているかと
いうことがよくわかる事件が起こった。すくなくてもチョウセン人は嫌いだという事である。
秋篠宮の長女眞子内親王の婚約騒動である。『ウラに何かある』という説〈ネタ〉もある。
ネット内の表記が今では「犬HK」になっていてる放送局が速報を打ったのである。

「いかがわしい」というのはその犬HKの、おっと、NHKの不審な報道に掛かるのである。
眞子内親王」に掛かるのではないので為念。
「古池や蛙飛び込む水の音」という俳句がある。原文の表記はこれでいいのかは知らないが。
それを、目の前にある古池に蛙がチャポンと飛び込んだ句だと思っている人がいるのである。

「古池や」の「や」は切れ字で、そこで舞台は大きく変わる構造になっているというのである。
古池は見えるところにあるが、飛び込む音は別の舞台の耳で聞こえる世界のものなのである。
標題で「いかがわしい」のあとに「、」を打ったのはそれが切れ字の意味なのである。
眞子内親王の婚約者というのか、恋愛相手というか、ちょっかい者の名前は小室圭という。

ネットでは早急〈さっきゅう〉に、相手が在日チョウセン人である事が伝えられた。
コリャ駄目だという意思表示である。マスコミはその素性を一生懸命に隠しているというのに。
眞子内親王様、御愁傷様である。その相手選びは間違っているという判定(参考意見)である。
南鮮産もしくは北鮮産米を使って造ったお酒を日本人は受け入れるや否や。「や」は切れ字。

-----

【参考意見】利口な男が皇族の女にちょっかいを出すかという事でも男の実力は判るのである。
一般の民間人であれば、憲法にも記されているように婚姻の自由は認められており、他者が
介入すべき領域ではありません。
しかしながら、公的立場となる「皇族」となりますと婚姻による影響は全国民に及びます。

となりますと、第一の選択とは、戦後行われてきたように、「皇族」に対して無条件、かつ、
無制限に婚姻の自由を認め、外国に出自であれ、カルト教団の信者であれ、誰でも構わないと
する立場です。
ただし、この選択をしますと、皇室の権威は低下の一途を辿ることになります。

また、姻族が外国人であった場合には、出身国の政治的影響も問題となります。第二の選択とは、
皇族の婚姻の「お相手」に一定の条件や制限を課すというものです。この選択では、「皇室」の
権威の低下は回避できますが、出自や門地、あるいは、信教による差別として、内外から批判を
受ける可能性はあります。』(典拠)。

ここは左翼用語を逆用したらいいのである。
“「天皇制」は制度なのだから”、皇族の一員に出来合い結婚はありえないのである。
なんたって「象徴様」の一族なのだから、象徴を汚す振る舞いは許されていないからである。
ところで「一般の民間人」は「馬から落馬」ではないのか。一般でない民間人ってあるのか。

-----

一般でない民間人の事例を思いついたのである。
在日チョウセン人である。それに気付いて苦笑しちゃうのである。
さて、眞子内親王に在日チョウセン人の刺客〈ストーカー〉をくっつけようとしてきた勢力の
思惑はこうだという。日本人の思惑は「NO」である。

メディア、あるいは、その背後の「国際勢力」が日本国民を誘導したい方向は、第一の選択の
ように思えます。
しかしながら、奇妙なことに、婚姻の自由に伴う「皇室」の権威の低下については決して触れ
ようとはしません。

否、内心において権威の低下を認識しているからこそ、メディアは電波を利用し、カルト教団は
信者を大量に動員して、「皇室」の権威づけに躍起になっているのかもしれません。そして
さらに奇妙なことに、これらの人々は、差別反対を唱えながら、”皇族という特権身分をなくし、
平等化しよう”とは、決して主張しないのです。

その理由は、「皇族」を残した方が、「皇統乗っ取り」、「日本国民の支配」、あるいは、
「上下の逆転」が容易に達成されると考えているからかもしれません。ここには、差別反対を
強力な梃として’皇族’となり、’皇族’となったら、今度は上から一般の日本人を差別したい、
という利己的な自己矛盾さえ見え隠れしているのです。』(典拠)。

[PR]
by munojiya | 2017-06-08 09:01 | Trackback | Comments(0)
2017-05-19 この動画は善意なのか、ためにするものなのか
いま、ネットに流されている陰謀論者待望(かどうかは分からないが)の動画がこれである
新商品が出た時に最初に飛びつく消費者を特攻隊という。なんなので漢字は特購隊としておく。
殆どの場合は外れを引いて討ち死にするからである。
商品改良のためのモニターとして只で使われるという事である。

まだ世の中の人が気付いていないものに真っ先に飛びつく人を先進的という。感度が高いという。
果たして、その動画に飛びつく人は、飛んで火にいる夏の虫になるのか、
はたまた、進取的な感性の持ち主なのか。
庵主の所にも伝わってくるところをみると、どうやら前者のような気がしないでもないが。

陰謀論界の新商品みたいだという事である。
この話を全否定するわけでも、自分の聞いた話の方が正しいとか言うわけでもなく。
今の世の中、いろんな情報で溢れていて、気軽に見れる。その中には間違った情報や、意図して
本当の情報を隠す為だったり、間違った方向に誘導しようとするものがある。

だから、どんな話も100%鵜呑みにするんじゃなく、個人個人、どこか自分の中で中立な目線
を持って、慎重に見極める必要があるよ。皆さん冷静に。勿論、自分もなんだけどね。』(同米)。
この動画は素晴らしい。だが一つだけ間違いがある。それは亜麻は「植物」で「木」では無い
事。』(同米)。最初から間違っているらしい。「これはいいお酒だ。だが不味い」と同じだ。

[PR]
by munojiya | 2017-05-19 01:04 | Trackback | Comments(0)
2017-05-18 三木康一郎の「怖え~~~」映画
「監督 三木康一郎」とあってもその監督の名前を知らない。
「トリハダ -劇場版-」とあってもその映画を知らなかった。見れた人は大儲けの映画だ。
なにげなくGyao!を覗いてみたら、出ていた映画がその「トリハダ」である。
コメントが正直なのである。そのコメントに好感をいだいて見てみたら結局最後まで。

ありそうな事件、いそうな人、
身近な人間の心の闇を描いたオムニバスドラマ。[独立しているようで繋がっている話]
身近なところから異常な事件になり、
ハッとさせられるホラーかな?

なんとなく止められずに観入ってしまった。』(典拠米。以下も同じ)。
暇つぶし程度の感覚で視聴したけど、引き込まれるものがあった。
普段の生活の中で起こりえるシチュエーションもあり恐怖を感じた(感じるものもあった)。
だまされたと思って、一度視聴してみても損しないレベル。』。危険一人で見るな、である。

実際に起こりそうで…… 途中良くわからない所もあったけど、最後はきれいにまとめました
な。』。『他の人のコメント通り!!! 期待以上に楽しめた。怖え~~~~~~~~』。
だが、私は劇場では見たいと思わない。調度 ネットで見るのにいいスケールだと思う。』。
必要以上に旨くはないものの、あればつい呑み続けてしまうようなお酒みたいな映画だった。

-----

「もっと旨いお酒を持って来い」とはならないお酒のことである。
そこはかない味をしみじみと味わえる、奇妙に人なつこいお酒のことである。
贅沢をしているという気恥ずかしさを感じることなく安心して呑めるお酒のことである。
谷村美月だけは知っていた。例によって分からない所もあったが怖い映画だった。調度→丁度。

この解説を読んで、初めてストーリーが分かったのである。未見の人は禁閲読。
ストーリーを知って、いっそう怖くなった。他人と関わる事は、本当は怖い事なのである。
庵主は映画のストーリーを忖度する能力もないのである。分からない所は切り捨てればいいのが。
まして、他人の心の内なんか、超能力者ではないので分かるわけがないのである。

<異常な愛情と執念の6日間>
これも題材自体は良くあるストーカー話です。
が!単なるストーカーよりも数段キモいのは、ストーカー役の笹野鈴々音さん(TVシリーズ
ではお馴染みだそうな)の好演によるでしょう。[最初に扉の陰から出てきた時が一番怖い]

古川くんのシャワーシーンとか不気味だし(予告編に出ちゃってるけど)、最後もね……
キモイ!!としか言えません。
とにかく、笹野鈴々音サンの異常ストーカーっぷりを楽しみに観て下さい!って、楽しくない
か!?』(典拠)。確かに舌と小指は不気味だった。要するに女は怖いという映画だった。

-----

何が怖いかといって、日常の域を出ない怖さなのである。日常生活が怖く思われてくるのだ。
幽霊とか超能力現象が出てきたら笑って見られるが、それがないホラーはホント怖い。
「トリハダ」の怖さの要諦は五つあるという。『そんな訳で、各話はすごくシンプルで短いん
だけど、個人的には以下の「トリハダ5箇条」が凄く好印象なのです。

・幽霊は出ない
 ⇒「とりあえず髪の長い白い服の女出しとけ」的なホラーには食傷気味なだけにGood!
・超常現象は起きない
 ⇒ぶっとび超能力もいいけど、それはリアリティをゼロにするからね。

・音楽で恐怖を煽らない
 ⇒うんうん。お化け屋敷的な映画が多いからね。これは大事。
・過度な演出はしない
 ⇒これもいい心がけ。大袈裟なら怖いってもんじゃない。

・日常から逸脱しない
 ⇒非日常的な不条理ホラーもいいけど、こういう日常に潜む怖さは心に刺さるよね。
前述の通り、元が深夜テレビではあるが、劇場版になっても「劇場版!」って変にスケールを
大きくせずに、あくまでも深夜テレビ並みのテイストなのは逆に好感を持ちました。』(典拠)。

-----

この映画で一番怖いのは笹野鈴々音〈ささの・りりね〉である。
映画で最初に登場する場面の、タメの演出が怖い。
宅配便のお兄さんがマンションの笹野の部屋に荷物を届ける。
マンションだから金属製のドアである。

呼び出しのチャイムを推してからややしばらくしてそのドアが開く。
ドアは画面のこちら側に向かって開くので、最初は荷物を受け取る笹野の姿が見えないのである。
庵主はそれまで笹野鈴々音という女優を知らなかったから、ドアの向こうに誰が出てきたか想像
もつかなかった。その姿を見た配達員の顔におののいたような表情が浮かぶ。

しかも、荷物を受け取る笹野を見る配達員の視線の先が妙に低いのである。
配達員はどんな姿を見ているか。ドアの下からちょっとだけ見える笹野の足は素足である。
ひょっとして下着姿で受け取りに出た女を見ているのか。
映画はそんな淡い期待も無視してなかなか笹野の姿を見せてくれない。この間合いが怖い。

ホラー映画なのである。ドアの向こう側で何かが起こっているのだ。それが見えない怖さ。
そして、ややあってドアの陰から出て初めて画面にその姿を表した笹野の姿を見たら。
TVシリーズでは笹野が多くの人にトラウマを与えていたというのも、納得いく怖さだった。
笹野鈴々音の衝撃度が他を圧倒している。』(典拠)。

[PR]
by munojiya | 2017-05-18 00:02 | Trackback | Comments(0)
2017-05-14 ハーフの悲劇
日本人と外国人との間に生まれたハーフは美形が多いとされている。
日本人×黒人、日本人×特ア人の場合もそうなのかは聞き漏らした。
どうやらその外国人というのはもっぱら白人を指しているようである。
というのは白人にはこういう発想があるというのである。

白人特有の思想に、自分たちの仲間が他民族と結婚したら、その子が自分たちよりもましてや
相手よりもずっときれいになる。だから、自分たちの遺伝子は偉大なんだ、と考えるというもの
がある。つまり、白人ハーフになると、非常にきれいだから、どんどん相手の娘をものにして子
を作れ。そういう思想がある。』(典拠)。

しかし、それには罠があるという。
ところが、さらにその先になった場合に、知的面で非常に障がい児が多く誕生してしまうと
いう未知の、未解明の問題が存在するのである。
見た目もいまいち、知能もいまいちの、なんとも言えない子が登場するのである。

これは、むしろ白人の方がよく知っているが、表向きでは黙っていることが多い。』(同)。
印度の実例では、『白人と異民族が混血を繰り返した場合、最低カーストとして扱わなければ
ならないどうしようもないレベルの人間がどういうわけか誕生するらしいのである。』(同)。
国産の米と、外来の醸造アルコールのハーフである今日の日本酒の将来は如何、である。

-----

この白人ハーフ以降のリスクという問題は、まだほとんど知られていないのである。
ある種の遺伝の法則として、白人に見た目も知能も近い階層。あるいは、そのどちらかを保持
する階層。そして、両方の悪い面だけが増大してしまった階層。こういうふうになるらしい
のである。』(典拠)。

オチはこれである。ハーフには将来に禍根を残すリスクがあるというのである。
西洋人の白人[とのハーフ]ですらそうなのだから、朝鮮人ではなおさらである。
なぜなら朝鮮人の場合は、遺伝子上に救いがたい問題が蓄積されているからである。まあ、いま
ではかなり明らかになったが、その危険性は計り知れないものがあるのである。』(同前)。

[PR]
by munojiya | 2017-05-14 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017-05-01 それでも異人を迎えたいと思いますか
そういわれてみれば、確かに東京は奇麗なのである。
道路にゴミが落ちていない。
電車の中は奇麗なのが当たり前で、車両に汚い落書きをするのは国鉄の、今はJRというのか、
その千葉だったかの動労だけである。国鉄の労組員が日本人から馬鹿にされている理由である。

世界の電車事情はこうだというのである。凄い状態なのである。
それに比べると、日本の電車は異常だというのだ。
そういう汚い乗客を喜んで受け入れるのは馬鹿としか言いようがないのではないのか。
「馬鹿」という言葉の使い所はここである。ここしかないともいえる。

電車の車内も諸外国と比べたら奇麗だが、東京では道路もそうなのである。
確かにゴミが落ちていない事に改めて驚くのである。
日本に観光にやってきた外国人が驚いているという話を聞いて気付いたのである。
新宿御苑の周りの道路を歩いたが、本当にゴミが落ちていないのである。

唯一、煙草の吸いがらが1本落ちていたが、それは風情といっていいゴミだった。
ゴミの集積場所の片づけられた青いネットのそばにドリンク剤の空きビンが1本あったが、
取り残されたのではなく、あとから誰かが置いていったものなのだろう。
それがカップ酒の空きビンでなかったのは幸いである。日本はいつから奇麗になったものか。

[PR]
by munojiya | 2017-05-01 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017-05-01 「韓国語無用」
昔、シナでは、そこがシナの国内なのに、
「犬とシナ人は入るべからず」という張り紙があったという。
チャイナ人は字が読めるだろうが、犬はその張り紙の字を読めないだろうに。
日本のビールなのに能書きが英語で書かかれている缶ビールがある。あれと同じである。

さて、時代は今。韓国語で書かれたこの張り紙は、当然、南鮮人にはちゃんと読める筈である。
ただ、それが理解できるかどうかはまた別問題ではあるが。
当店では
韓国語ができるスタッフがいません。

それによるトラブルを防ぐため
韓国人のご来店をお断りします。
ご了承ください。』(典拠0:09)。サッカー界には「日本語だけ」という横幕もあるとか。
外国人が来ても応対できるスタッフがいなかったら、そりゃ来訪を断るのも道理である。

話が通じなくて日本人に迷惑をかけるような外国人観光客は断るのは正義の実現である。
ちゃんとした自分の国があるのにわざわざ日本にやってくる事はないのである。
迷惑だからである。今なら、せめて日本語翻訳機能のあるスマホ持参で訪日するべきだろう。
そんな配慮もなしに迷惑をかけに来る観光客なんかは断っていいのである。ね、道理でしょう。


[PR]
by munojiya | 2017-05-01 00:03 | Trackback | Comments(0)