「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:時局物( 831 )
2017-02-16 これは偽ニュースか「金正男暗殺される」
つい最近、ネットリテラシーが高いと思われる人達がばたばたと騙された「偽ニュース事件」が
あったので、このニュースもそれかもしれないと庵主は疑心暗鬼になっているのである。
「金正男が暗殺された」というニュースである。犯人は「金正恩」、おっと「北朝鮮」(ルビは
「べいぐん」だという説も)らしい。『金正男が暗殺・北の工作員の仕業』という速報である。

なんといっても、そのニュース源が、『韓国の全国紙・朝鮮日報系のケーブルテレビ・TV朝鮮
[2017年2月]14日、複数の韓国政府関係者の話として「金正男氏がマレーシアで
北朝鮮によって毒殺されたと見られる」と報じた。』(同)というものだからである。
あの嘘吐き民族の報道機関の言う事を信じられるかということである。

この情報も凄い。
これは独裁者の正恩が既に正気ではなく粛清を激化しないと、もう安心出来ない精神状態に
あることを物語る。いつ最高指導者が暴発するか分からない。そのような危険な状態にある。
[中略]北朝鮮の別名「刈り上げ君」はかなり異常な性格のようだ。

米国と韓国の特殊部隊はこの「刈り上げ君」暗殺部隊を送り込む作戦を早める可能性がある。
勿論失敗すれば全面戦争になるが、もうそれを覚悟し始めたと見ている。』(同)。
そういう情報をどうやって入手したのか。ひょっとしてそれは「妄想ニュース」なのではないか。
庵主のお酒の評価は、庵主が実際に呑んで確かめたものである。評価の当否は別として、だが。

[PR]
by munojiya | 2017-02-16 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-13 な、なんだ。アメリカ人のこの反応は
映像を観てたら涙が流れてきた。
国のために尽くしてくれた兵士たちに寒暑を。』(典拠5:49)。
アメリカ人(と思われる)の涙を誘った映像は何かというと、安倍総理がアメリカの「靖国神社」
であるアーリントン墓地を訪問して黙祷を捧げている映像のことである。

現在アメリカを訪問中の安倍総理は、[2017年2月]10日午前(日本時間同日深夜)、
日米首脳会談に先立ち、和親丼郊外にあるアーリントン国立墓地わ訪れ、無名戦士の墓に献花
されました。氷点下の中、安倍総理は19発の礼砲と儀仗兵に迎えられ、日米の国歌が演奏
された後、花輪を手向け、黙祷を捧げています。』(同0:14。以下も出典同じ)

その献花の様子をCNNがフェイスブックで生放送で伝えたという。
その反応が凄いのである。好意的なのである。そして感動的だったというのである。
ありがとう日本! 私たちのヒーローに敬意を表してくれたことに感謝します』。
私もこのセレモニー観に行ってきたよ。本当に感動的な体験だった。』。

これこそ他国やその国民に対する敬意の表し方だよ! 日本の首相に大きな拍手を送りたい!』。
その感動は普段接した事のない吟醸酒を初めて呑んだ時の感動と似たようなものなのだろう。
それは、心のこもっているものにを出合ったときの感動なのである。
シンゾーを観てたら涙が流れてくるのだ。その頭〈こうべ〉を靖国で下げる事はないのだから。

[PR]
by munojiya | 2017-02-13 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-10 黒田勝弘氏賛
[黒田勝弘氏曰く]「それはそれ、これはこれ」の政経分離が難しくなった。<
何言ってるんだ? こいつ。
韓国が一方的に嫌がらせを仕掛けてきてるのに、「韓国人は割り切ってるのに、
日本人が粘着してる』みたいな言いぐさだな。』(典拠7:55)。

ソウルの帝王こと黒田勝弘記者の南鮮事情の真摯のレポートもいまや形無しなのである。
韓国の情報が少なかった昔は、黒田氏の記事、著作にはそれなりの価値があった。
今や単なるチョーセン人の味方だが。』(同8:24)。時代は変わったのである。
本質をかわして、南鮮人の本当の危険性の認識を疎かにさせる記事だというのである。

暗に、今では、却って有害なレポートになっているという指摘である。
「来日南鮮人500万人[突破]」の実態にはこういう邪推もあるのである。
韓国売春婦が3ヶ月ビザで、年に2~3回繰り返した結果としてのべ人数500万人突破した
とも推察できる。ビザ無し入国禁止と売春と疑われる女の入国禁止しないといけない。

2014年以降、国内で増えている性病は、韓国からの旅行者が増えてきていることに符合して
いる。日本政府には、早く断交を決意してほしい。[リンクは庵主が張ったもの]』(同米)。
断交は政府が決めるのではない。断交するかどうを決めるのは有権者である自分なのである。
「政府は早く断酒を決意してほしい」。断酒は自分が決める事で政府が決める事ではないように。

-----

黒田のおっさんよ。お前が韓国人の代わりに友好ムードを演出しても何の解決にもなりません。
肝心の韓国人は日本人を憎むことをやめてないだろ。
日本人は虚偽友好お断りです。』(典拠)。解決になる記事とはこういうのをいうのだろう。
ここに、一つの予言がある。

近いうちに日本のシンポ派弁護士の有志がアベタンに対して、韓国圧殺策動は憲法前文に違反
する悪辣な意見行為だと阻止ようを起こしそう』(典拠8:41)。
「シンポ派」という片仮名書きは弁護士の正体がソレだという意味合いなのだろう。
「アベタン」も亦その含みだったりして。

て、ゆうかさ、もう何かで不利益を被ったとしても
もう韓国を嫌いな気持ちを隠したくないんだよね』(同前8:47)。
多少の不利益よりも、関わらないという利益の方がずっと大きいということなのである。
黒田の論調はいつも「ウンコはそれほど臭くありませんよ」だもんな』(同前9:15)。

その見事な譬えに、座布団10枚。
『[南鮮人の]あまりに酷いご都合主義に反吐が出ます。昔の日本人的な考えは通用しない
一度嫌えば二度と振り向かないのが日本人だ』(同前米)。
相手はストーカー国家だから、関わり合いにならなくても警戒は怠れないのである。

[PR]
by munojiya | 2017-02-10 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-07 北海道千歳市の市民に良識はあるか
北海道新聞によると日教組から多額の闇献金を受けていた事で有罪となり、
公民権停止が課されていた小林千代美元民主党衆議院議員が
千歳市議選に出馬するそうです。
千歳市民の見識が問われる事にならなきゃいいですが。』(典拠)。

「設問 この文章で筆者が言わんとしていことは何ですか。30字以内で答えなさい」
「解答例 千歳市民は責任をもって小林千代美候補を落選させてください」
小林千代美の人物像はこのサイトに詳しく書かれている。
ネットでは昔の悪事がちゃんと出てくるから有り難いのである。

それが便利だとはいわないが。
悪人にとっては、いつまでも過去の悪行の記録が消えないので往生しているのである。
それを称して、「ツイッター」が「バカッター」と呼ばれるように、「電子刺青」と呼ばれる。
ネットは怖いのである。若いころのお姿を見ることができるのは便利ではあるが。

千歳市はサントリーの瓶詰め工場(おっと、過去形だった)とキリンビールの千歳工場(所在地
は恵庭市だが)、それにグレイスワインのワイナリーがあって、お酒には恵まれた所である。
ただし、「千歳鶴」の蔵元は残念ながら千歳市にはない。
もし小林候補が当選したら、祝勝酒は何を飲むのだろうか。斜め上でマッコリだったりして。

[PR]
by munojiya | 2017-02-07 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-02-06 安倍さんのこの「嘘」を信じられるか
「嘘」は「うそ」とではなく、それを「ステートメント」と読んでいただきたい。
心にない言葉だという意味合いである。
安倍総理は、淡々と財務官僚が書いたのだろうところのその原稿を読んでいたからである。
その言葉は血が通っていなかったからである。

「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による年金積立金の運用はですね、
法律の規定に基づき、専ら被保険者の利益のために行われるものであり、政府としてはですね、
今おっしゃったようなことをですね、検討しているわけでは全くございません」
(安倍晋三 首相)』(典拠TBSニュース原稿)というものである。

安倍総理は、来週の日米首脳会談で、公的年金の積立金をアメリカのインフラ事業に投資し
雇用創出につなげる案を示すなどとした一部報道を否定しました。』(同)。
また安倍総理は、「私はGPIFに権限がなく、権限がないことを約束するような人間では
ない」と強調しました。』(同)。将来リンク切れになるが、期間内なら映像も見られる。

「私は原発の知識がなく知識がないことを約束するような人間ではない」としたら、「原発は
絶対安全」と確言した過去の言葉はどうなるだろうか。それは「嘘」だったということなのか。
今度のは「うそ」と読むのである。信者は信じるのである。けなし〈アンチ〉は貶すのである。
庵主が言う「このお酒は旨い」という言葉は貶すと損することは確かである。信じて呑むべし。

[PR]
by munojiya | 2017-02-06 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-01-29 国技なのに日本人横綱がいない
稀勢の里の奉納土俵入である
2017年1月27日、寒い中を明治神宮に大勢の人が集まった。
相撲を国技と言い始めた人は賢かったのである。
日本人がそれを見て狂喜するのである。

稀勢の里は19年振りの日本人横綱だという触れ込みである。
ということは、日本人が横綱を張れない大相撲はどこの国の国技なのか。
「国技」という言葉は、別の意味で使われることがある。
「なんとかは南鮮の国技である」という使い方である。

その「国技」という言葉には敬意はない。
いかにもチョウセン人らしいという意味合いである。
そういう意味では横綱稀勢の里も「国技」みたいなのである。
委細はこうであるこういう見出しもある。なるほど相撲は国技なのである。

お酒と一概に言っても、その中身には純米酒とアル添酒があるように、
日本人と一概に言っても、その中身にはいろいろあるのである。
違いが分からない人にはみんな同じに見えるのである。
庵主は純米酒とアル添酒の違いが判別できないように、日本人の判別もできないのである。

-----

白鵬→張り手(パンチ)、カチアゲ(首への肘打ち)、喉輪(首攻撃)
日馬富士→頭からの立会(頭突き)、張り手(パンチ)、変わる(逃げ)
鶴竜→喉輪、張り手(パンチ)、変わる(逃げ)
(やはり首から上への攻撃は基本的には禁じ手にすべきだろう。特に横綱の場合はそうである。)

今場所[2017年初場所]は稀勢の里が焦点になったが、去年の春場所は去年のこの場所で
初優勝した琴奨菊が二連覇をかけ横綱昇進に挑む場所だった。その時、この稀勢の里がやったの
が、立会に当たると見せて右に逃げて左から出し投げ。琴奨菊がスッテンコロリンしてあえなく
連覇の道は潰えた』(典拠以下同じ)。

まあ、こんなものは横綱の技とは言える代物ではないのだが、すべてがそんな感じである。』。
最近の横綱は[白鵬のことである]自分の部屋に他部屋の力士を招いて練習するのではなく、
横綱自ら他部屋に乗り込んで道場破りする。そしてその部屋の見どころのある若手や人気力士を
引っ張り出して執拗に稽古させて、怪我をさせ、その恐怖心を植え込む。

こうやってトラウマを作り出し、後々関取として対戦する時に相手を恐怖させる。』(同前)。
先場所の白鵬対正代の対戦がまさにその証拠だろう。正代は顔を張りてパンチでノックアウト
されるかもしれない恐怖のあまり体全体がこわばり目をつむって立ち会い、あっという間に白鵬
の逃げ投げで転ばされた。』(同前)。なるほど、相撲はそう見るものなのか。

[PR]
by munojiya | 2017-01-29 00:27 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-01-28 この名前が読めるか「安慶田光男」
庵主は長年生きているが、それでも初めて出会う苗字というのがある。
お酒もそうで、結構いろいろなお酒を呑んでいるのだが、まだまだ出会ったことがないお酒や
初めて出会うお酒がいくらでもあるのである。
今度の苗字は「安慶田」である。「やすけた」か、「あんけだ」とでも読むのか見当もつかない。

沖縄県の副知事だというから沖縄では一般的な苗字なのかもしれないが、庵主にはなじみのない
苗字なので読めなかったのである。
ネットで調べました。「あげだ」と読むという。名前は「みつお」と素直に読めるのである。
「諸見里明」という名前も出てきたが、これは「もろみざと・あきら」と見当がついた。

いずれも悪役の名前みたいである。
安慶田光男さんをご尊顔を拝見するに、庵主には典型的な内田顔に見えるのである。
内田顔というのは、自民党都議連の重鎮内田茂さんのことである。
いかにも悪役といった風貌の事である。存在感のある押しの強い顔、と言い換えておこう。

きっとお二人とも善良ないい人なのだろうが、庵主は人を見る目がないので困る。
さいわい、お酒の旨い不味いを見る舌はあるので、お酒に関しては自信をもって言えるのである。
お酒の殆どはそんなに旨いものではない、と。ただし、中に、明らかに旨いお酒があって、
そういうお酒にめぐり合えたときには、不味いお酒のことなんかどうでもよくなるのである。

[PR]
by munojiya | 2017-01-28 00:30 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-01-08 憲法違反「平成天皇」
その天皇が「生前中」は、その天皇の名前を元号では呼ばない。
すなわち、今上天皇は「平成天皇」と呼んではならないのである。
なぜなら、それは亡くなってからの、いやこの「亡くなっても」駄目なのか、天皇陛下がお隠れ
になることは「崩御」というから、崩御された時の呼称だからである。

すなわち、まだ「生前中」の天皇を「平成天皇」と呼ぶことは、「お前はもう死んでいる」と
言うようなものだからである。今上天皇を蔑ろにすることだからである。
もしくは、早く死んでほしいと願っているようなもので、不敬この上ないとされるのである。
それは、わが国の歴史と伝統に対する冒涜的発言とされるのである。

この場合の「不敬」は天皇陛下に掛かるのではなく、日本の伝統に掛かるものなので、為念。
代替わりを願う時は、今日では「早く元号が変わればいいなぁ」といえばいいのである。
「平成」という元号は悪意に満ちた縁起でもない元号だからである。早く変えた方がいい。
陛下は雅子病(脚注)が感染したものか、今年は恒例の年賀の挨拶にも立たないというのである。

それが仕事だろうに、である。NHKは「生前退位」という言葉に拘っているというのである。
それは陛下の意向なのだろう。陛下は政治心情を語ることは違憲だというのである(斉藤説)。
よって今は「生前中」なのである。加齢性の軽い認知症も見られるからそれを自覚されたものか。
お酒は加齢で味が乗ってくるが、人は加齢で枯れていくのである。これは頭に乗ったというか。

-----

雅子病とは、遊び回る体力はあるが、仕事をする体力がなくなる精神的疾患のこと。
反日本人的生き方のことである。
反日本人的というよりも、非日本人的と言った方がいいのか。
「アンチ」ではなく、「ノン」である。それは異邦人化するということである。

その風景を譬えるなら、「糸の切れた凧」である。
日本人の生活の美意識から切れてしまっている状態である。
下世話な言葉で言えば、「みっともないったらありゃしない」。
雅子病は宮内庁詰めの名医ですらお手上げの難病みたいである。

お元気に遊び回っている最中に、ご公務が入ると急に体が不調になるというのである。
原因は不明とされているが、もしくは原因は分かって公にできない事情があるのかもしれないが、
庵主の見立ててでいえば「贅沢病」の一種である。
今は「生活習慣病」と名前を変えた「成人病」は「贅沢病」と呼ばれていたのである。

治療には生活改善が不可欠なのである。
雅子病では、昼と夜の生活が逆転してしまうようである。
鬱病の一種と見た方がいいのかもしれない。
陛下の場合は「老人性」だから、「加齢性鬱病」ということで説明はつくのだろうが。

[PR]
by munojiya | 2017-01-08 00:04 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-01-07 時の人「くろさきなるみ」さん
女が男に殺されたと聞くと、まず気になるのが、美人かどうか、ということである。
もし、被害者が美人だったら、興味がそそられるのである。
逆に、そうでなかったら、物好きな男もいるものだと同情してすぐ忘れてしまうのである。
不憫な女もいるのだなぁと思って、それに引き換え我の幸せを感じるのである。

先に死ぬ人は、生き残っている人に元気を付けてくれるのである。
生きていられるだけでも幸せだよと思い知らせてくれるからである。
今、死んでしまったら、もう旨いお酒も呑めなくなるのだから。
そう思うと、早く死ぬということには一抹のさびしさがぬぐえないのである。、

さて、今度の被害者は美貌や如何に。
昔と違って、今はネットですぐ被害者の顔を知ることができる。
マスコミが隠蔽する顔すらも出てくるのである。
ネットは話題にならない人にとっては便利だが、話題になった人には迷惑この上ないのである。

「くろさき」は黒崎だろうが名前の「なるみ」の字が分らない。「成美」かと思ったが「愛海」
だった。庵主には読めない。それも不幸になるといわれているキラキラネームなのだろうか。
『黒崎愛海さん スケートのキム・ヨナに似てるね。』(典拠84)。南鮮基準なら超美人だ。
ネットでは『被害者在●女の江戸川区某所実家』(同116)とやけに詳しいのである。信憑性

-----

本文中の引用文内の「キム・ヨナ」のリンクは蛇足になるが庵主が付けてもの。
原文にはそのリンクはないので為念〈ねんのため〉
4枚目の写真を見てあげてほしい。

[PR]
by munojiya | 2017-01-07 00:02 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2017-01-01 NHKがばらまく嘘にはもう飽きた
庵主のように、半径5メートルで生活をしていると、大晦日恒例の、まだやっているという
超マンネリ20世紀の遺物番組「紅白歌合戦」も別世界の出来事なのである。
「好き」の反対語は「嫌い」ではなく、「無関心」なのだという。
「嫌い」であるうちはまだその存在を認めているということだから興味はあるのである。

それに対して、「無関心」というのは、その存在に価値を認めないという認識なのである。
旨いお酒を知ると、大手酒造会社のお酒には無関心になってしまうのである。
それらのお酒はけっして悪いお酒ではないのだが、そういうお酒を呑んでみたいとは思わなく
なるのである。時には、好き嫌いを超越してその様子を味わってみることもあるけれど。

その「紅白歌合戦」のヨイショ記事である。番宣の丸写し記事である。
今年のテーマは「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年
に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、「紅白歌合戦」では「歌の力」で夢を
応援したいと考え、(以下、省略。省略部分は欄外に記載)』]』(典拠)。

歌の力といっても庵主は最近の歌を知らないのだ。知っている歌はみんな20世紀の歌である。
いや、最近の歌も知っている。2008年に作られたという歌を知っている。
旧臘大晦日に突然出合った涙ぼろぼろ必至の歌である「帰らんちゃよか」。昨日の記事に詳しい。
それよりもNHKの五輪押しつけが疎ましい。汚リンピックなんか誰も期待していないのに。

-----

引用文の省略部分
オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回NHK紅白歌合戦」までの4年間、
この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。
典拠)。

2020東京五輪は、「マスコミ」を今や「マスゴミ」と書くのが当たり前になってきたように、
「オリンピック」を「汚リンピック」と書いても誰も異を唱える人がいないのを見ても分かる
とおり、その醜い、というか、利権に満ちた実態を賢明な日本人は認識してしまったのである。
庵主は、「五輪」を「汚輪」と書くのである。「汚染五輪」の略である。利権汚染五輪の事だ。

NHKが必死こいて2020東京汚輪を、いかにも国民行事であるかのようにはやし立てている
事情をみんなよく知って知るのである。電通と組んで汚輪の利権を最大限に確保するためである。
電通は朝鮮、NHKは中国の利権だったか。いまや特アの牙城とみなされているのである。
自分たちの利権を隠蔽、もしくは糊塗するための虚飾だということが見え透いているからである。

まともな日本人なら、そんなことをだれも思っていない筈だからである。
むしろ、成熟した日本では、汚輪なんぞを開催することは却って傍迷惑なことなのである。
傍迷惑だけならともかく、今度の汚輪の続発する醜態はみっともないとしかいいようがない。
因みに、いや、今日はめでたい元日である。因みにの話については後日にすることにしよう。

[PR]
by munojiya | 2017-01-01 09:52 | 時局物 | Trackback | Comments(0)