「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 01月 ( 93 )   > この月の画像一覧
10-01-31 日曜日のくつろぎ篇 新型日本人
葉隠派の日本人には、最近の日本人の根性が気に食わないのである。
なじめないというべきか。時代の変化が速すぎるのである。
時代の趨勢に自分の生き方が合わせられないイライラのことである。
最近の若い日本人の振る舞いの一つひとつが気に触るのである。今時の若い者は、である。

字が読めない、計算できない、働かない、である。
今時の若い者〈もん〉は読み書きもできないといって嘆くのである。
で、そういっている人はちゃんと読めるのか。書けるのか、である。
各政党の党首が書いた色紙の筆跡を見ると、その揮毫を見る方が赤面してしまうほどである。

分数が分からない大学生がいるという。それを大学生と呼ぶのが間違っているのである。
女子高校生が売春をやっているという記事を時々目にするが、それは反対で、
あれは売春婦が高校生をやっているのだという的確な指摘もあるのである。
いまは、呼称が上げ底の時代なのである。実力がない人を博士と呼び大臣と呼んでいる。

言葉のインフレである。実力のある人の数は昔とそんなに変わらないと庵主には思われるが。
上げ底といえば日本酒もそれである。アルコールで薄めた酒をも日本酒と呼んでいる。
それがお酒だと思ったら世も末であるが、実にうまいお酒もちゃんと造られているのである。
伏線を回収する前に行数が尽きてしまった。新型日本人にたどり着けなかったのである。

----

小澤一郎代議士は、政治屋もやる不動産屋なのだという揶揄があった。そうだったのか、と納得。

[PR]
by munojiya | 2010-01-31 00:50 | 日曜日のくつろぎ篇 | Trackback | Comments(0)
10-01-31 笑い話 今月の大笑いと怖い話
とにかく笑えるのがこれである。
仕事中など周りに人がいるときに読むと、可笑しくて噴き出してしまい不審がられるので、
できれば近くに人がいないことを確かめてから暇なときにゆっくり笑っていただきたい。
幸せとは、それを幸せと感じない状態のことをいうみたいである。

たしかに、満たされていれば、わざわざ小さな幸せなんか求める必要がないのである。
いつもうまいお酒を呑んでいると、あえて求めてまでまずいお酒を呑むまでもないように。
その笑い話集であるが、泣けるのである、可笑しすぎて涙が出てくる。
「秋の夜に鍋と日本酒をたしなみたくなるとき」(ずっと下の方にあるコメントの144番から)

うまいお酒があるということは至福なのである。しかも、ワインの馬鹿高い値段に比べて
いいお酒がほどよい値段で買えるというのは恵まれているという以外に言いようがない。
お酒の自販機で、ちゃんとお酒とお釣りが出てくるのは世界的には奇跡みたいである。
同じ種類の笑いではあるが、こちらは苦笑のオンパレード(勢揃い)である。

さて、怖い話はそういう国柄を破壊する政策を進めようという政治家がいるということである。
小澤一郎である。その政策を「外国人地方参政権」(音あり)という。酔いが醒めるのである。
米から造るお酒に、多文化共生と称して麦だの粟などを混ぜようというものである。
庵主はそういう“お酒”は呑みたくないのである。米の酒という幻想に酔いたいからである。
[PR]
by munojiya | 2010-01-31 00:31 | 笑い話 | Trackback | Comments(1)
10-01-31 「どうぞ たたかってください」
鳩山総理の決意を高らかに明言した言葉である。総理の志はけっして低くはないのである。
小澤幹事長が市民から告発されて、検察から容疑者として事情聴取されたという(1月23日)。
それまで新聞の紙面を賑わせていた疑惑人が、“晴れて”容疑者になったのである。
容疑者は推定無罪である。当たり前のことだが犯人ではない。犯人に見えたら報道が悪い。

普通の容疑者は、当局からの一方的な発表はあっても、容疑者の記者会見はない。
容疑者は自分の主張をマスコミに公表できないようになっている。片手落ちである。
ところが、小澤容疑者は本人がその「無実」をマスコミに対して表明できたのである。
マスコミが主張を聞いてくれる幸せな容疑者なのである。容疑者の王道を行く人である。

ただ、その記者会見でかえって墓穴を掘ってしまったものだから観客の心象を悪くした。
その小澤幹事長に、鳩山総理が贈った言葉が「(検察と)たたかってください」である。
幹事長の職責を全うするために一歩も引いてはいけないという激励の言葉である。
男はその職責を投げ出してはいけないという普天対、おっと不転退の決意である。

今、総理の双肩に重くのしかかっている沖縄の米軍キャンプ移転問題。普天間基地である。
不転退の決意とは、普天間基地問題に対する決意でもあるのである。
総理がちょろちょろ変わる自民党政権と違ってこんどの政権はヤワではないのである。
ということは、とても素面では書けないのである。酒の肴と書いて、法螺話と読むのである。
[PR]
by munojiya | 2010-01-31 00:02 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
10-01-30 酒に恨みはないものの
物言う役者津川雅彦の中川(酒)氏
『お父さん[故中川一郎]譲りの繊細さが、仇になり
お酒に敗けてしまったような印象を受ける [敗けるは原文通り。普通は、負ける]
最後が残念でなりません。 [最後は原文通り。普通は、最期]

お酒さえなければ
日本の首相にも
相応しい政治家だった。』
お酒に強い人は、神経は弱い人だったというわけである。

お酒が呑めるばっかりに、お酒に呑まれてしまったのである。
庵主はお酒がほとんど呑めないから、呑まれることはないが、
そのかわり大した仕事もできないのである。
バンバン仕事をして、酒で体に鞭打って頑張る人の方が世の中の役に立つみたいである。

それも生き方の違いであって、己の自尊心の支えとするところがお酒に関しては、
量が呑めることを誇るか、その味わいがわかることを誇るかの違いであるが、
それは体質によるから、お酒の呑み方にもいろいろあるということである。呑み手万流。
それでいいのである。お酒も一つ、呑み方も一つというのが一番つまらないのだから。
[PR]
by munojiya | 2010-01-30 00:14 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
10-01-30 「人間が居なくなるのが一番優しい自然」
鳩山由紀夫「明言」集が続くが、こんどの発言は真っ当である。●引用元(反響の2)
理は通っているが、それが自家撞着なので可笑しいのである。
それゆえ、一連の奇怪しい発言よりも、こんどの可笑しい発言は笑えるのである。
「地球から見れば、人間が居なくなるのが一番優しい自然に戻るんだと いう思いも分かる」

まったくそうなのである。しかし、それは自己否定なのである。破壊者は自分なのだから。
地球に優しい人は、自分のことをすっかり忘れているようなのである。
会社の経済的利益を追求して行なわれる合理化もそれである。
一番の合理化は社員であるその人がいらなくなることで、人件費の削減が利益に直結する。

それをやったら、その人の存在価値を否定するということになってしまう。
庵主が合理化を囃す人を嗤う理由である。アンタが一番いらない人、無駄じゃないのか。
世の中で一番大切な人は、そう自分自身なのである。究極の合理化とは自分の否定である。
このお酒をうまいと感じるのは自分自身だからである。不合理の味がお酒の味わいなのである。

他人が呑んでうまいといっても、それではちっとも意味がないのである。
まず、そのうまいお酒を自分で呑んでみてそのうまさを実感してみることである。
その味をうまいと感じる連帯感が生きる力となるのである。日本人の連帯感である。
鳩山先生は、学者になって後進を養い育てていたほうが有能だったように思えるのだが。
[PR]
by munojiya | 2010-01-30 00:12 | Trackback | Comments(0)
10-01-30 時局物 裏の裏の裏
検察対小澤戦争。野次馬総理「どんどん戦ってください」。得たりとマスコミはお祭状態。
天下御免となって、出てくる、出てくる。嘘記事、想像記事、飛ばし記事のオンパレード。
情報源秘匿はジャーナリストの魂だといって与太記事(真がない記事)の書き放題である。
書かれる方は書かれ放題ということになる。敵の姿が見えないのだから防戦一方で可哀相。

嘘が嘘を呼び、思惑が思惑をふくらませ、邪推が邪推を生んで、国政は狂乱状態である。
検察と書くとだれがそれをやっているか見えないのである。
検察という人はいない。庵主は、それをやっている人の顔が見たいのである。
ある人は自信をもってこの人だという。(欄外に、しかし)『佐久間達哉特捜部長(顔写真)

主任検事時代の長銀事件→全員無罪 冤罪確定
副部長時代の福島県知事汚職事件→実質無罪判決
大久保秘書事件→唯一の証人が証言を翻し検察負けほぼ確定?
この連敗の一発逆転を狙った小沢捜査←今ここ 』駄菓子本(51番)

『無能佐久間にやらせるって事は、実は検察は小沢無罪を狙ってるのかもな』(77番)
読みが深い。苛めて、手を打って恩を着せ、その見返りが出世という算段である。奸智である。
検察の高官はみんなパチンコ企業に流れるから、巨悪の根源はパチンコにありなのである。
不味いお酒が放置されているのも、お酒離れを推進して国民の健康を増進する奸智なのだろう。

-----

『「いま捜査の指揮棒を振っているのではなく[原文ママ]、特捜部長の佐久間(達哉)じゃなくて
大鶴(基成)さん[その顔写真]。・・・・」(週刊朝日 2月5日号  p22~23)
大鶴基成最高検検事は、ライブドア事件で失敗し、福島県ダム談合事件でまた失敗したので、
小沢氏を立件して出世するために汚名返上の最後のチヤンスにしようとしているとの話。

その他、石川議員事務所に対する捜査令状なしの違法捜査のこと、
小さな子どものいる石川議員女性秘書を事情聴取に呼ぶぞと脅した話など、
今回の検察に関して無茶苦茶なやり口の話など載っている。』(同上。コメント欄)という。
新聞・TV等の「報道」は裏を取っていない与太記事が少なくないようである。ネットもである。

[PR]
by munojiya | 2010-01-30 00:07 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
10-01-29 多田信男「磯自慢」
多田信男〈ただ・のぶお〉。「磯自慢」である。
静岡のお酒「磯自慢」の杜氏が、多田信男杜氏である。
その「中取り純米大吟醸35」は、たしかにうまい。いや、凄い。
うまいとか、まずいとかを考える必要がないお酒だからである。

そういう次元は遥かに越えていて、その味わいからどこまでその深さを見極められるか
というのがそのお酒の楽しみである。「うまい」という言葉しか知らないともどかしくなる。
味わうというよりも鑑賞するという領域のお酒なのである。
呑むというよりは、心で味わうお酒なのである。舌ではなく、心で感じる「うまさ」なのである。

口に含むとすっと体が呑み込んでしまうから、しっかり味わうことである。
悦楽の時間はあっという間に過ぎていくのである。
こういう記事(YOMIURI ONLINE)があった。
初めて覚えた杜氏の名前が多田信男だという人は幸せである。

それをきっかけにして、名杜氏が次々に目の前に現れるのである。そのお酒がまたうまい。
突然、目の前にうまいお酒の世界が開けてくるのである。
う・ま・い、のである。
納得と、満足と、感心の嵐が巻き起こるのである。それは感謝の気持となって収まるである。
[PR]
by munojiya | 2010-01-29 00:36 | 番外篇 | Trackback | Comments(1)
10-01-29 「天地神明に誓って全く知らなかった」
鳩山総理の言葉である。(2010年1月21日衆議院予算委員会)●引用元(話の福袋)
実母(でよかったのだっけ?)から貰った数億円のお金を全然知らなかったというのである。
貧乏人からすればそんなことはありえないというのが常識だけど、
しかし、大金持ちからすればお金のありがたみはそんなものかもしれない。

銭と金を区別することがある。
銭は汗水流して働いた対価である。無駄に使えば自分を馬鹿にすることになる。
金は泡銭とか仕事上の道具としてのお金をいう。無駄に使うとお金を馬鹿にすることになる。
その二つは見た目が同じものなので違いがあるのにもかかわらず混同してしまうのである。

純米酒とアル添酒も見た目が同じなので同じ物だと思ってしまう人がいるのに似ている。
もっとも、お金もお酒もその効用は同じなのであえて区別することもないのだが、
しかし、その受け止め方が、使い手や呑み手の見識に左右されるという点では同じである。
「天地神明に誓って全く知らなかった」の真偽はともかく総理としては不適格だろう。

「総理の地位に恋々としない」ともいっているから、不安になってくるのである。
いや、この人はなんのために総理をやっているのかと理解できなくなってくるのである。
日本人なら天地神明に誓うまでもなく自分で善悪当否進退を判断できるからである。
お酒なんか、神様に教えてもらうまでもなく、うまいお酒はちゃんと自分で判断できるのである。

-----

笑ってしまってはいけないのだろうが、
そこまで言ってしまったら国会議員に対して失礼じゃないのか。(米欄のトップ)
『間男するわウソつくわ脱税するわ。。。そんで最後に開き直りか!www』
今回は、いつもは引用時に削除する目障りな「www」を残しておいた。書けない事情

[PR]
by munojiya | 2010-01-29 00:33 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
10-01-29 おまけ 分かりやすい流れ
またしても、全面引用。●引用元(←注:リンク切れてます。リンク先失念) 【▼引用開始】 
小沢氏 事情聴取後記者会見内容&指摘まとめ
※事情聴取については被疑者として黙秘権を提示され、なおかつ調書2枚にサイン
1  1989年の11月に2億円を引き出して2004年10月までの14年間事務所に保管していた

2  1997年の12月に3億円を引き出して2004年10月までの7年間事務所に保管していた
3  2002年の4月に6000万を引き出して2004年10月までの2年半事務所に保管していた
4  2004年11月に新一万円札が発行されている。保管していたのなら旧一万円札
5  1990年当時、定期預金金利は7.5%。これを解約して事務所に保管していたことになる

6  自宅売却で得た億単位の金を現金で受け取って保管していたことになる
7  4億級の土地取引を秘書が独断でやったことになるが、文書には小沢本人の署名有り
8  その保管していた金についてはゼネコンからの献金ではないと主張。
9  その保管していた資産に対しての脱税疑惑

10 知らない・関与していない・秘書がやっていた とはいいつつも小沢氏本人のサイン有り
11 本日2010/01/23の検察事情聴取は 黙秘権 を提示され、調書2枚にサインをした
12 これまで一切関わっていないと説明してきたが、日本テレビ女性記者により
【▲引用終了】以下、欄外に続く。

-----

つづき。【▼引用開始】
   「一切関わっていないのだとすれば、なぜ単純ミスだという評価がこれまでできたのですか?」
    と突っ込まれ あーーえーーあーーえーー
13 政治資金管理団体が土地購入する必要ってあるのか?

14 秘書には政治団体の収支についてはきちんと管理し報告するように言ってきていたのに
   実際は自分自身はそれを見たことはありませんって釈明っておかしくね?ここでも責任もたないのか
15 民団って韓国の税金もらってる公務員なわけだから、それが選挙支援って内政干渉じゃね?
以下省略。【▲引用終了】

[PR]
by munojiya | 2010-01-29 00:10 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
10-01-28 上級者が呑むお酒
世の中にパック入りのお酒というのがある。あわれ紙箱に入れて売られているお酒である。
安酒である。とにかく値段が安い。時には聞いたらぎょっとするような原料の場合がある。
いちおう米を使ってはいるのである。その米というのが。それ以上は言わない。
庵主には言えない。ただそういう噂を聞いているだけで確認していないからである。

大丈夫である。呑めるのである。本当に体に悪いものなら体が反応してくれる。
吐いたり、下痢をしたりして毒を排泄してくれるのである。病気は体が自分で治すのである。
国産酒なら、短時間に呑み過ぎることがなければ死ぬようなことはないようである。
露西亜なら、偽ウオッカで年間数千人が死んでいると聞く。メチルが混ざっているらしい。

中国でも怪しいお酒があるらしいが、幸い日本ではその手の話を聞かないのである。
毒米を使って焼酎や日本酒造ったことがあるができあがった酒には毒性は残っていなかった。
残っていなかったという報道を信じるしかないが、国産酒ならまず大丈夫だろう。
もし毒米「薩摩宝山」が残っていて(全て廃棄済のはず)只だった庵主はそれを平気で呑む。

バック入のお酒はうまくもなんともないお酒である。素人が呑むお酒じゃないと庵主は思う。
それは上級者が呑むお酒である。なぜかというと、上級者というのは年寄りなのである。
その歳になると、お酒はうまいに越したことがないが、それよりもお酒が呑めるということが
ありがたくなるのである。若い人にその呑み方はできない。その心境は無理だからである。
[PR]
by munojiya | 2010-01-28 01:34 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)