「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 02月 ( 84 )   > この月の画像一覧
10-02-28 日曜日のくつろぎ篇 出る絵、退く絵
絵には二通りある。
藤田嗣治の「アッツ島玉砕」とか、香月泰男のシベリアシリーズの何枚かは出る絵である。
絵の前に立つと、絵が孕んでいる気魄がドーンと飛び出してきて見る人の心を揺さぶる。
逆に絵が奥に引っ込んで見える絵がある。たとえば岡野浩二画伯の抽象画はそれである。

心が向こうの世界に吸い込まれるような感じがする絵である。これは怖い。
どっちの絵がいいのかというと、いうまでもない。どっちも面白いのである。
もう一つの絵がある。画面の平面上で収まっている立体感のない絵である。平面の絵である。
お酒でいえば、うまくもないが、まずくもない、どうでもいい酒である。

うまい酒とかまずい酒というのは、どうでもいい酒に対して味のあるお酒だということである。
絵も同様に味のある絵には立体感がある。その絵が持っている気合のことである。
出る絵というのは、絵が見る人に向かって飛び込んでくるのではない。
見る人の心が吸いよせられるから近くに寄ってきたように見えるのである。

心が引き込まれてしまう絵なのである。それはその世界にひたりたくなる絵なのである。
一方退く絵というのは、見る人の心の位置が絵から離れるものをいう。
いずれも絵の位置は変わらないのに見る人の立ち位置が動くのである。
そのように人の心が立体的に動くことを味があるというのである。
[PR]
by munojiya | 2010-02-28 00:27 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
10-02-28 中国なくして日本なし、日本なくして中国なし
たしか、それは孫文の言葉だったと思う。腐れ縁のことであるがうまいこと言ったものだ。
希代の大法螺吹きと言われた孫文である。法螺吹き孫文というとは黄文雄氏の本による。
同氏によると、福沢諭吉は法螺を福沢、嘘を諭吉〈ゆーきち〉というのだそうだ。
世に大風呂敷の筋〈ながれ〉は尽きまじ、といったところか。

人は嘘(夢)〈うそ〉に生きるのである。
実〈じつ〉に生きても死ぬのは同じだから、嘘〈きょ〉の方が楽しいという選択である。
呑んだ結果は酔っぱらうことに違いはなくても、同じ呑むなら無味い〈まずい〉お酒よりも
有味い〈うまい〉お酒を呑んだ方が楽しいという選択と同じである。

で、医療なくして看護なし、看護なくして医療なし、である。
両者は一体なのに、医療の現場では医師が看護婦の上にあるという。
自動車でいえば、前輪と後輪の関係なのに業界では前輪が威張っているようである。
車は後輪駆動が多いから、どっちかというと後輪の方が本当はより重要なのではないのか。

勝負に勝って相撲に負けたという言葉がある。要するに負けは負けなのではあるが。
同様に、病気は治ったが患者は死んだという言葉があるからすごい治療もあるのである。
看護のない医療は、余韻のないお酒みたいなものである。心はいやされない。
お酒を呑んで酔っぱらっていい気持になってもそのまま突き放されたのでは寂しいのである。
[PR]
by munojiya | 2010-02-28 00:26 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
10-02-28 おまけ マスコミの「若者が離れてるもの」一覧
トホホの流行り。全部引用転載。全パクリなので参考篇〈おまけ〉である。
『マスコミの「若者が離れてるもの」一覧
テレビ離れ
クルマ離れ

読書離れ
酒離れ
新聞離れ
タバコ離れ

旅行離れ
理系離れ
恋愛離れ
CD離れ

ゲーセン離れ
パチンコ離れ
スポーツ離れ
日本酒離れ ←New! 』(895番)(ただし抄録)。親離れはしていないようである。
[PR]
by munojiya | 2010-02-28 00:20 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
10-02-27 焼酎2題
焼酎の値段が分からない。
庵主などは、焼酎だから四合瓶で千円がいいとこ、一升でも2500円だと思っているから、
いまどきの、四合瓶で二千円とかいった焼酎を見ると不安になってくるのである。
騙されているのではないかという思いにとらわれるのである。

それで頼りになるのはネット情報である。
四合瓶の焼酎を本当に二千円で売っているものがあるのである。
本当にというのは、冗談ではなくという意味である。その値付けを云々する意味ではない。
例えば「佐藤 黒」は四合瓶で2500円だという。税込みで2625円になる。

酒類には消費税以前にすでに酒税が掛かっているから、税込み込みで2625円である。
その「佐藤 黒」の評価の一つがこれである。
『芋焼酎なのだけど,芋っぽくない,芋焼酎が駄目な人でも呑めてしまう,
でも芋焼酎らしさは失っていない.』●引用元

でも「芋っぽくない芋焼酎」というのほめ言葉なのか。婉曲に貶しているものか判らない。
甘くない砂糖というのがあったら、商品としてはどんなものだろう。
そういう砂糖があったとしたら、なんのために使うのか庵主には想像もつかないのである。
焼酎は自縄自縛に陥っているのではないかと心配になってくるのである。

-----

「赤薩摩」の紹介文にこういうのがあった。
『使用している紫芋「頴娃紫」(エイムラサキ)は(中略)鮮やかな紫色をした非常に希少な
さつまいもです。本来は製菓用に用いられる芋を贅沢に厳選して使用し、
獲れたて新鮮なまま、蒸留所で仕込んでいます。』●引用元

製菓用の芋というのは、芋焼酎の原料としてはどうなのだろう。
コシヒカリで造った日本酒みたいなものではないのかという疑問が湧いてくる。
巨峰で造ったワインといった下手物と同じじゃないのか。
そんな芋を「贅沢に使用」しても自慢になるのだろうか。いや「贅沢」は「厳選」に掛かるのか。

[PR]
by munojiya | 2010-02-27 01:12 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
10-02-27 番外篇 冒険とは
検索サイトで言葉の定義を調べる時は、意味を知りたい言葉に「とは」を付けるといいという。
「酒とは」何かは分かるが、「香水」の定義が分かる人は少ないのではないか。
いい匂いがするアルコールをいうのか。ならば、香り吟醸のお酒も香水なのか。
否、それを香水とはいわない。そういうときに香水の定義を検索サイトで調べるのである。

検索サイトの検索窓に「香水とは」と打ち込むのである。
「香水」とだけ打ち込むと、香水という言葉が使われているただのサイトが出てくることがある。
「いいお酒を呑んだ時のウキウキ感は、香りの美しい香水をつけたときのそれと似ている」
といったサイトが最初に出てくることがあるからである。

香水の定義はウキウキなのではない。
香水はウキウキだが、ウキウキはすなわち香水でないからである。
この一文の標題は「冒険とは」になっているから、検索サイトで「冒険とは」としたら
これが出てくるかもしれないがその場合は御免である。ここには冒険の定義は書いていない。

昔、冒険とは地上を這いずり回ることだった。今はその楽しみがなくなってしまったのである。
監視衛星( グーグル)で上空から地上を見ることができるからである。夢がなくなったのである。
冒険とは夢だったのだ。秘境も空から見れば丸見えである。面白くもなんともないのである。
その点、お酒の世界は今なお想像の世界である。夢を味わっているのである。だからうまい。
[PR]
by munojiya | 2010-02-27 01:09 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
10-02-27 笑い話 恥ずかし話
男が、食い物の話をするなんてのは はしたないという考え方がある。
矜持である。武士は食わねど高楊枝という言葉がある。
やせ我慢こそ男の美学だというのである。
なあに、その言葉ができた頃はろくに食うものがなかったからなのである。

目の前にお酒が一本しかなかったら比べようがないのである。語りようがないのである。
比べることから食い物話は始まるのである。どっちがうまいかである。どっが増しかである。
純米酒とアル添酒はどっちがうまいかである。どっちが真っ当かである。
純米酒しかないときには、アル添酒の貶しようがないのである。

アル添酒がないときには、それと比べて純米酒のよさが語れないのである。
蕎麦と饂飩はどっちがうまいか、である。
『うどんとソバを両方いっぺんに食ったらさぞかしウマイだろうと
同じドンブリに入れてくったがマズかった 食感のちがいがきもちわるい・・・』(278番)

『本当に使えない無駄知識をありがとう。 行動力は評価する。』(同284番)
砂糖に塩を混ぜると、甘くもしょっぱくもなくなるものか。試してみることは大切である。
焼酎に甲乙混和というのがある。ブレンダーが上手だったら呑めないことはないだろう。
日本酒も純米酒とアル添酒の混和というのがあるが、それも実際に味わってみるしかない。

-----

酒税を回避するために、そこに塩を入れて造る味醂がある。
塩を加えることで飲用できないという建前にするのである。それを「醗酵調味料」という。
甘い味醂に塩を加えるとどんな味になるかというと意外とうまいのである。呑めるのである。
普通のお酒を塩をなめながら呑むというのは無味いお酒を塩味で回避しているのかもしれない。

[PR]
by munojiya | 2010-02-27 01:07 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
10-02-26 森伊蔵、伊佐美、村尾
悪いニュースである。質〈たち〉が悪い。下劣な行為だが蛮人の国ではよくある話である。
『中国で上記三銘柄が商標登録されていたと言う話。
中国では、これはと言う名前は全て商標登録し、中国進出の企業へ、登録した商標を
法外な価格で売りつける。銭ゲバの本領発揮といったところ。』●引用元(今週のお酒)

悪い噂である。焼酎もそうだが、お酒でも法外な価格で売られているものがあるから笑える。
『何故、中国で商標登録したかと言えば、
日本で森伊蔵などが法外な価格で売買されているからだ。
過去にはニセ森伊蔵も出ているので、そんなブランドものに目を付けない筈がない。』(同上)

次は正論ではあるが、案外蔵元もそれで得るところがあって放置しているのだったりして。
『中国人も悪いがプレミア販売していることが元凶だと反省も必要。
蔵元は、プレミアを付けて売る酒販店を調べて、
そうした店には一切出荷しないなどの厳格な態度で臨まれたし。』(同上)

庵主はその3銘柄を焼酎の3馬鹿と呼んでいる。
オークションに高値で出品して、その値段で自分が落とすというテクニックがある。
現物を呑んだことがない人はその値段を信じてしまうのである。高いものはうまいだろうと。
庵主は幸い貧乏だからそんな馬鹿高い焼酎は呑めない。馬鹿高い3焼酎という意味である。

-----

なぜ自分が高値で出品した焼酎をわざわざ自分で落札するのかというと、
高値で取引されたという実績を残すことで儲けにつながるからである。
その銘柄を予め何本か買っておいて、それを高い値段で落とせば
その後に高値で買うカモが引っかかってくるからである。出品者は大いに儲かるのである。

[PR]
by munojiya | 2010-02-26 01:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
10-02-26 番外篇 庵主が嫌いな言葉
作家の故有馬頼義〈ありま・よりちか〉は「原点」という言葉を嫌ったと読んだことがある。(注)
庵主は「原点」という言葉に違和感はないが、似たような言葉の「ルーツ」は使いたくない。
言葉の好みの問題である。
庵主が贔屓にしているブログの主宰者の師範は「程度」を「低度」と書くのが好きである。

その用法はそのうち広辞苑にも載るはずだと自信満々である。その低度の人なのだろう。
下品な言葉遣いは毒にもなるということである。有馬頼義はそれをいっていたものか。
下品な酒もそれかもしれない。毒になるのである。
人はどうでもいいことにこだわるということである。

純米酒でもアル添酒でもどうでもいいことなのである。
呑めば酔う。酔うから酒なのである。酔えば酒なのである。
その用をなすものなら、その優劣を論じても大して意味はないのである。
呑んでも全然酔えない酒なら非難されようがそうでないなら論じるだけ無駄である。

庵主が難じているのは体は酔うが心が酔えないお酒なのである。
ここちよく酔いたいからである。庵主は「心地好い」という文字面も嫌いなので仮名で書く。
さらに庵主が嫌いなフランス語が「ソムリエ」と「コンシェルジュ」である。不快。
いや、言葉が嫌いというよりはそれを臆面もなく名乗れる人たちが苦手なのである。

-----

(注) 有馬頼義には「原点」という本があるから、それは有馬頼義でなかったかもしれない。
    柴田錬三郎だったかも。よって、その話の主は不明ということにしておいてほしい。

-----

日本のマンションは、要するに縦割長屋〈たてわりながや〉だろう。
自分の住宅区の壁が隣の壁になっている節約構造の住宅を長屋というのだろう。違ったかな。
長屋と言う言葉は落語の世界以外ではイメージが悪いのでそれをよく言えば共同住宅である。
それをアパルトマンというが知恵者がそれをマンションと呼んだのである。その奸智は許す。

なぜ、その奸智を許すかというと、可笑しいからである。タワーマンション=墓型長屋。
創価大学の本部棟のデザイン(この言葉は、ステレオと並んで庵主は許す)が墓型である。
創価学会は大金持ちなのに建築デザインがダサイのは教祖の美意識の現れか。野暮である。
同じ宗教でもナチスドイツのデザインは狂い咲きのような美しさがあったのに惜しいことだ。

[PR]
by munojiya | 2010-02-26 00:36 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
10-02-26 笑い話 食い物話
いい大人が食い物話をするのを嗤う人がいる。
その嗤い話の実例である。その子の親を嗤うのである。
『そういや、大学生の頃、合宿で米を研ぐのに洗剤ぶっこんだ馬鹿女がいたわ
ちょっと目を放した隙にやりやがって、その晩の飯を全滅にされた

吊るし上げられたら、「えー、洗剤入れないと汚いもん!」と逆切れ
なら、お前全部食えよwwwww
その晩の献立、お約束のカレーライスだったんだぜ……orz 』(294番)
よく聞く話であるが、話の内容には庵主は笑えないのである。親は何していたのかと。

庵主などは、やる気はしないが洗剤で研いだ米は本当に食えないのか確かめたくなる。
それを食べても死ぬことはないだろうが、おそらくはまずくて食えないのだろう。
そういう米で炊いたご飯は、庵主には合成清酒を目の前にしたようなものである。
呑むまでもないことは分かっているが、念のため試してみたくなるのである。

食い物話を嗤う人に尋ねるといい。
お前さんはこれまでに自分が食べる物を自分で作ったことがありますか、と。
日本は、海外に付加価値の高い工業製品を売って、食料は外国から買えばいいという
インテリさんは、いったい何を食って生きているのだろうか。人を食っているのだろう。
[PR]
by munojiya | 2010-02-26 00:29 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
10-02-25 真は言葉で伝えられない
『曹洞宗の道元をはじめ、学問の達人たちは「真」は「言葉にできない」と言うことがよくある。
「ことば」の語源が「事の端」だからだろうか。いや、話し言葉にせよ、書き言葉にせよ、
言葉の発信者と受信者は別々の人間だから、だろうと思う。
つまり、「真」は自ら体得するしかない。』●引用元(コメント欄)

真は言葉で伝えられない。なるほどである。
では何で伝えるのか。心で伝えるのである。その時の業〈わざ〉を気合という。言葉はいらない。
しかして、その方法は。
お酒を通じてである。お酒のうまさとはその気合のことである。共感のうまさなのである。

真実とか真相とかいうが、それは絶対値ではなく、相対値なのである。
なぜならば、それは個人の認識力だからである。
認識力には個人差があるからである。
“高み”に立っている人の真実なんか役に立たないことがあるということである。

お酒を呑めというのではない。お酒が秘めている「気合」を感じる感性を磨けということである。
気合とは神との交流である。それにはお酒を呑むのが一番手っとり早いということである。
お酒をいくら呑んでも利口にはなれない。肝腎なのは呑む量ではなく、呑む姿勢である。
気合を感じようとする呑み方が、実はお酒の量が一番少なくてすむ呑み方なのである。
[PR]
by munojiya | 2010-02-25 00:11 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)