「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 11月 ( 91 )   > この月の画像一覧
2010-11-30 「うまい」の最上級
庵主〈あんしゅ〉が「うまい」というときの感興には三種類あるのである。
うまい、うまっ、うめぇ(発音は「んンめぇ」)の順番に感動が大きくなるのである。
「うめぇ」を越える言葉があったのである。「んまい」である。感動を越えて至福になる。
いかにもうまそうである。庵主はそういう酒も好きなのである。呑みたくなるではないか。

うまいの比較級の作り方である。
「まいうー」(212番)
二つ星なら「まいうーー」、三つ星なら「まいうーーー」、さらに「まいうーーーー」がある。
最後のはもちろん嫌味である。

庵主の今月の「まいうーー」は、意外や意外、甲類焼酎だった。
「極上/宝焼酎/プレムアム」である。
今まで、庵主は、甲類焼酎なんか馬鹿にしていたのである。
ただの精留アルコールじゃないか。味もそっけもない、ものだと思っていたのである。

しかし、そこに技があったのである。
日本人、恐るべしである。
そんなもの(アル高用専用酒)にもこだわりの芸をみせる日本人に感心したのである。
それと同じ血を引いている自分に笑っちゃったのである。笑いは健康の元である。
[PR]
by munojiya | 2010-11-30 01:13 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2010-11-30 パノラマ写真
これが面白い。パノラマ写真である(ご注意。クリックすると即、音が出ます)。
どーなっているのだろう、である。左右だけでなく、天地にも回転するのである。
めくるめく。
うまく めくるめくことができない方はこちらをクリック(音無し)してみてください。

庵主はこういうどうなっているか分からないことが好きなのである。
わからないということは快感なのである。手品を見る楽しみもそれである。
世の中には庵主の想像の枠を越えることを思いつく人がいるものだという有り難さである。
そういう人がいなかったら味わえなかった面白さを楽しませてくれるのだから。

「読まずに死ねるか」と言うのは内藤陳〈ないとう・ちん。本名は、のぶる〉である。
「呑まずに死ねるか」は庵主である。全然呑めない人は呑んではいけませんよ。それ毒です。
目の前にこんなうまいお酒があるというのに、だれもそのことを教えてくれなかったばかりに、
それを知らずに死んでいくのでは生まれてきた甲斐がないではないか、という思いである。

落語の「親子酒」では、もう二度と酒を呑んではいけないと親から戒められているのに
禁を破って酔っぱらってしまった息子がいうのである。
親も酔っぱらっていて「顔が二つにも三つにも見える伜にゃこの身代は譲れない」という親に
「俺だってこんなグルグル回る家なんかいらねぇや」。酒呑みの世界はパノラマ写真である。
[PR]
by munojiya | 2010-11-30 00:36 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2010-11-30 時局物 拙速な即断
『今回は北朝鮮が南朝鮮を攻撃した。わが国はそれによって直ちに南朝鮮を支持を表明する
センスが分からない。両国とも外国で別に軍事同盟を結んでいるわけでもない。
マスコミを朝鮮が支配しているから、その報道が南朝鮮から見た報道に過ぎず、
我国日本から見た報道は一つもない。 

先は大きな戦争だからその準備として
1)史那人、朝鮮人の観光ビザの停止
2)不法滞在者の摘発
3)史那人、朝鮮人にしている経済援助の停止[、]だろう。』(米欄)

この事件を奇貨として、在日問題の不正状況を一気に正す機会だというわけである。
特別永住権制度も、「永住」であって、「永久」ではないのだから、
戦後60年、時間にして二世代を経過しているのだから、そろそろ正常に戻すべきだろう。
一部にはそれは在日朝鮮人・韓国人を却って不幸にする制度なのだという考え方もある。

それは特定の外国人に対する「異常な」特権なのである。
外国人に対する特権は廃止して、もっと自国民を大切にするのが筋だろう。
といっても政治家の皆さんがパチンコ屋さんなどから大いに世話になっているらしい。
日本酒・焼酎の税率を高くし、輸入酒の税率を異常に安くすることを容認できますか。

-----

こういう助言を親切〈いやみ〉というのだろう。『おーーい新聞社やマスコミども、正義の論説
などどうでもいいから、早くスタンスを変えないと飯が食えなくなるぞ。芸者より落とる[劣る]
ことをするな。朝日新聞は満州事変をみて、これを煽り立てれば新聞が売れて、銭が儲かると
判断しただろう。それまで軍縮を支持していたがね。』(同上)

[PR]
by munojiya | 2010-11-30 00:05 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2010-11-29 スピリッツのうまい飲み方
この歳になって、スピリッツのうまい飲み方を会得した。
スピリッツというのは、蒸留酒のことである。焼酎、泡盛、ウイスキー、ラム酒等々である。
醸造酒を蒸留してアルコール度数を高めた酒である。
本来ストレートで飲むとうまいのだが、喉や胃を傷めるから普通は割って飲むのである。

芋焼酎などは、6:4のお湯割というのがスタンダードな飲み方のようである。
体調によってはお湯の量を増やせばアルコール度数を自由に調整できるから、
スピリッツとは度数が高い酒といってもそれを自由に調整できるじつに重宝な酒なのである。
さすがに、ビールを割って飲む人は見たことがない。

アルコールを受け付けない体質の人ならともかく、5%前後なら水みたいなものなのである。
いま流行りのビール風味飲料もちょっとアルコールを加えると甘味が出てうまくなるのだが。
アルコールは実は甘味なのである。その甘味の引き出し方を会得したということである。
お酒も実は甘いのである。その甘さが、砂糖のような露骨な甘さと違って切ないのである。

その甘さが味わえるからお酒を呑むのだ。だから辛口の酒なんかは庵主には邪道なのである。
スピリットの甘さを最大限に引き出す飲み方は、酒1:3炭酸水という割り方である。
炭酸水の量は微調整が必要だが、スピリッツがこんなに心に滲みる甘さを秘めていたのかと
感嘆するのである。それを味わっていることがこのうえなく幸せな時間に感じるのである。
[PR]
by munojiya | 2010-11-29 00:16 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2010-11-29 仙菅大和
駄洒落である。語呂合わせは、日本語の諧謔の基本である。
それを、今や「仙菅大和」と呼ぶのだそうだ。
大日本帝国が最後の頼みとした「戦艦大和」に掛けたことは、もちろんである。
戦艦大和はどうなったかを知っている人はその言葉にあらぬ期待を抱くのである。

で、沈むのはいつなのだ、と。
「絞首合格」といって笑っていたのは皇軍の洪思翊〈こう・しよく〉中将である。
徴兵検査の「甲種合格」に掛けたこともは、もちろんである。
「仙菅大和」なら駄洒落だが、「絞首合格」は命懸けだから後者の勝ちである。以下、引用。

『[朝鮮人である]洪中将は、終戦時、南方軍総司令部の兵站総監を勤めていました。
そしてB級戦犯として、捕虜虐待の罪を着せられ、フィリピンで刑死しています。
当然のことながら、洪中将が捕虜を虐待したという事実はまったくありません。
要するに単なる結論ありきの、戦勝国による復讐裁判によって、殺害された。

しかし、その茶番裁判に、洪中将は判決のあと、周りの人に笑って答えたそうです。
「絞首合格だったよ」と。(中略)
そして、平然として処刑台に向かわれた。』 出処
庵主が頭をひねっても「専燗大和」しか出てこない。専ら燗酒を呑んだら沈〈まどろ〉むから。

-----

「父は最近専らゴルフに凝っている」の「専ら」を若い人に読ませたという。
「やたら」とか、「ひたすら」とか読んだという。読めないのである。
若い人は字の読み方も知らないという、年寄りが馬齢を自慢するときのいつもの話である。
中には「ばかだから」と読んだ人がいるというのが落ちである。若者の勝ちである。

[PR]
by munojiya | 2010-11-29 00:14 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2010-11-29 煽る人
狼少年という話がある。
話変わって、煽る人である。
朝鮮戦争の再開か。
人間の社会病理として、世間が戦争を期待する症状が生じることがある。

アホか、である。
戦争をして得をする人はいないのである。儲かる人はいるが。
平時は矜持、おっと変換違い、兵事は凶事というのが古来の戒めである。
それをすぐ忘れてしまうのである。人知は。インテリの武に対する劣等感ゆえに。

戦〈いくさ〉を煽る人がいるのである。
『明日から北東アジアは、おそらく冷戦期も含めて最大級の緊張の場面を迎える。
米韓の軍事演習、そしてなによりも空母ジョージ・ワシントンが黄海に入るからだ。
<米韓合同演習、[2010年11月]28日から/中国、北朝鮮に自制要求>』駄菓子本による。

そのアジテーター(情報屋)は勝谷誠彦氏である。当たれば麻原彰晃並みの予言者である。
果たして、その「予言」は当たるものかどうか。当たれば大儲けといった思惑なのだろう。
「今、日本酒がうまい。それを知らずにいる同胞〈にほんじん〉は大損をしているぞ」。
煽られて呑んでも得をすることはない。アルコールで体を壊すだけである。うますぎるから。
                                         
-----

ちなみに、こういう指摘をする人もいる。北朝鮮に関してはこの視点も話としては面白い。
『北朝鮮と米中ロは,馴れ合いのデキ・レースやってるんだよ!
日本だって,自民党などは,統一教会とベッタリつながって,裏で北朝鮮と
馴れ合っているし,創価学会と統一教会は兄弟分だ.』(同前リンク先冒頭部分)
いらない一言。情報通の筈のヤン教授が正恩を正雲と言っているのだから話の信憑性は云々。

-----

別のアジテーター。『NHKの大越健介。北朝鮮の砲撃を日本に対する武力攻撃だと定義。
米韓の軍事的報復に日本も参加するのが当然だと言い、国民に戦争の覚悟を訴え求めた、と。
大越の主張は、ひとつの意見だが、NHKのアナがNHKの電波を使い、ここまで
偏向[庵主ルビ〈せんどう〉]してはダメだ。(と、飯山は考えた。)』出処

-----

38度線の起源は、その以北が関東軍、以南が大本営管轄だった名残だと。
で、こちらに座布団10枚。『「関東軍」と言えば「満洲」
「満洲」と言えば「岸信介」
「岸信介」と言えば「勝共連合」

「勝共連合」と言えば「CIA」
「CIA」と言えば「統一教会」
「統一教会」と言えば「北朝鮮」
「北朝鮮」と言えば・・・(以降南満州鉄道の線路は続くよどこまでも・・・)』(同、米欄)

-----

大人の見方である。今は、書き手より読者の方がずっと水準が高いということである。
『ジジイコメンテーターさま方の
また特需ができるんだろうみたいな妄想は見てて悲しくなるな
気分は戦争2はマジつまらん』(同、米欄)。アジテーターの想像力不足を嘆くのである。

-----

ルビ 想像力不足=べんきょうぶそく。なぐり書きはやめましょうよ、といったところ。

[PR]
by munojiya | 2010-11-29 00:03 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2010-11-28 日曜日のくつろぎ篇 よくできている予告編
まず一番最初に(乗馬の馬から落馬、であるが)これをご覧いただきたい(音出ます)。
コメント欄で『一番よく出来ている』と太鼓判が押されている予告編である。
一番よく出来ていると評価するのは、アメリカ向け等のそれらも見ているのだろう。
世の中には予告編評論家という愉快な人もいるようである。その着眼点はいいと思う。

この予告編、「シルベスター・スタローン」と画面に名前が出てくるタイミングなどは
たしかに よくできていると庵主も同意するのである。
それよりなにより、本編を見なくても全編を見たような満足感が残る編集技術に感心する。
予告編を見ただけでいくらでも原稿が書けそうである。濃密なおいしい映像なのである。

7分で見る「けいおん」というのがあった。ゆうつべを探せばまだあるはずである。
連続テレビアニメ全話をわずか7分で見せてしまうという余興である。圧縮技術である。
小泉元総理は、どんな案件でも要点をA4判一枚にまとめてこいといっていたという。
で、それを読むのかというと、そんなものは読まないのである。

上というのは、下に圧力を掛けて一生懸命働かせるのが仕事だからである。
多くの人に仕事をばらまくのが仕事なのである。仕事をしたという実感を与えることなのだ。
そして、人を食わせていくのが仕事なのである。時間を持て余している人に仕事を、である。
仕事をしたという錯覚じゃ満足できない人はお酒に酔いを求めて無為の境を味わうのである。

-----

「我々を案内してもらいたい」
「どこへ?」
「ミャンマー」というのが字幕。
セリフは「イン ツー ビルマ」とか、言ってないか。よくある“嘘”字幕である。

[PR]
by munojiya | 2010-11-28 00:46 | 日曜日のくつろぎ篇 | Trackback | Comments(0)
2010-11-28 番外篇 モーニング娘。
そういうのをキャッチコピーというのだろうか。
コピーライターの浅知恵のことである。こだわり、といった方がいいのかもしれない。
「おいしい、せいかつ。」とかいうときの「、」や「。」の遣い方がそれである。
堅気の人は「おいしい生活」とごく普通に書くのである。不要な「、。」は書かない。

その手法はいうならば舞台衣装である。堅気の人が着るものじゃないということである。
派手な色、奇抜なデザイン、極端な弊衣などである。一言でいえば品が悪いのである。
広告のキャッチコピーというのは、それなのである。
とにかく人目を惹くことなのである。だからそのためには手段を選ばないのである。

「モーニング娘。」という人気グループがある。「。」までが名称だという。
これって掟破りじゃないのか。横紙破りというのか。結局、浅知恵に落ち着くのである。
句点(。)を文中にはさむというのはヒッカケというより、紛らわしいのである。
句点があると、そこで文意が切れていると誤読してしまいかねないからである。迷惑である。

その点で、庵主はそれを快くは思わないのである。これまた庵主の「こだわり」である。
つい拘っちゃうのである。
「藤岡弘、」というのもあるから、芸能人は点(天)にすがり、円(お金)に拘るのである。
ついでに庵主はうまいお酒に拘るのである。こだわりがあるうちが人間〈はな〉なのである。

-----

こういう句点の遣い方もあった。「。。。」は差し障りがあるので深くは言わぬが、である。
『フジテレビは発行株式の20%弱を韓国系資本に支配されているから
そりゃね、大人の事情。。。』出処(73番)。「。。。」は「ウフフ」といったところか。
『フジテレビの韓国人プッシュは正直キモイレベルに達してる』(49番)の理由である。

-----

紅白歌合戦にK-POPが一組も出ないことをフジテレビが怒っているという(151番)。
『韓国政府→電通→マスコミって金の流れが本当[の話]に思えてくるわ…』(156番)
『今の犬HKは中国の犬
韓国の犬ではない』(165番)。NHKは渋谷にあってもわが忠犬ハチ公ではないらしい。

『ネットのおかげで落ち目の民放各社の株主調べて見な[見な、は原文通り]
韓国人ばっかりだから』(228番)
庵主には調べてみる気力はないが、それが確かなら日本人の「一億総白痴製造装置」離れを
促進することになるから望ましいことじゃないのか。日本人は穢れを嫌うから。

[PR]
by munojiya | 2010-11-28 00:35 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
2010-11-28 余外篇 スイカ
スイカの写真である。
写真の面白さの一つに、同じ物の形や色違いを集めた写真集がある。そういう企画が面白い。
例えば酒の瓶である。
日本酒なら容量は一升瓶と四合瓶というのがほとんどである。

その一升瓶や四合瓶にいろいろな形の瓶があるのである。
一番合理的な形をした材質も廉価な標準瓶が一つあればそれで足りるようなものだが、
人はそれでは満足できないのである。瓶の形も商品設計の一つだからという面もあるが。
だれもが思い浮かべるお馴染みの一升瓶にも、形はどれも同じながら色違いがある。

多くは茶色瓶である。茶色のガラスが一番安いのかもしれない。
一応茶色は遮光性がいいので酒質の保持に都合がいいとされている。
緑や青や藍色や高そうに見える黒い瓶がある。焼酎でもないのに赤い瓶にいれたお酒もある。
さらには無色透明瓶もあるが、遮光性のことを考えれば邪道といえる瓶ではないのか。

人はどうでもいいことに拘るのである。いろいろな人がいるということである。
いつも同じだと飽きるということなのだろう。写真集はそれを知る楽しみである。
自分の好みや性癖がけっして異常ではなかったと知って安心感を得るのである。
スイカといえば、関西ならそれに太閤(対抗)してメロンとすればよかったのにと思うが。

-----

MERON=
メトロポリタン ナントカ(enlargedかな) レールウエイ 大阪 ネットワークと
いった強引な語呂合わせを作れば面白かったのにと、庵主は思っている。
関東は庶民のスイカ、関西は高級なメロンということで関西の気概を示せばよかったのに。

-----

メロンといえばあの尊師を思い浮かべるから、地下鉄にサリンでは不都合だったのだろう。

[PR]
by munojiya | 2010-11-28 00:23 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2010-11-27 笑い話 偽モノ日本酒とインチキビール
それを「お子ちゃま舌」という。それを味覚障害と言い切る人もいる。
ビールの味が判らない舌の持主のことである。『失敗作世代』(53番)と呼ぶのだそうだ。
判らないには二つの意味がある。
一つは、ビールのうまさが理解できないということである。歳取れば分かる。老化の余得。

もう一つは真っ当なビールと当節の紛い物、おっと代用ビールの区別がつかないことである。
知性があれば判る。そして、知性がある人はちゃんと分かっているのである。
業界が一生懸命自己弁護しているアルコールを添加した日本酒を「偽モノ」と呼び、
当節の節税ビールを「インチキビール」と喝破しているのである。知性は身も蓋もない。

赤信号、みんなで渡れば恐くない。みんなで飲んでも怖いのが酒。99番は必読です。
インチキビール、みんなで飲めばビンボーを感じない、である。
贋物の酒には煙草の値段のように懲罰課税をして本物より高くするという意地悪法もあるが。
しかし、21世紀なって代用ビールを飲まされるとは思ってもいなかったのである。

「もはや戦後ではない」という言葉があったが、終戦後じゃありまいし、
そんな代用食を飲まされるなんてだれが予想しただろうか。いや、今が本当の戦後なのかも。
時代が下ると見掛けはよくなるが、中身は劣化すると庵主が言うことの実例がビールである。
古人が飲むことができなかった新しい味覚だと思えば、新感覚との遭遇を喜ぶべきか。

-----

『日本酒の辛口甘口に大きな差があるとは思えない』(27番)
大きな差があります。気にしなければ、というより興味がなければ似たようなものですが。
庵主は超辛口とか中途半端な甘口のお酒は呑めないのである。まずいから体が受け付けない。
庵主が呑めるのは、辛口甘口にかかわらず、うまいお酒だけ。

-----

179番の指摘。『日本酒は居酒屋で出てくるやっすいの飲んだらそりゃ嫌いになるわ
自分たちでブランド壊してるだけだから、大吟醸以外は発泡酒みたいに別の名前で呼べよ』
その大吟醸にも純米とアル添がありまして、というより、ただ磨いただけの大吟醸もあって
大吟醸がうまさの保証にはならないというのがお酒の面白い所なのである。前段はその通り。

[PR]
by munojiya | 2010-11-27 00:44 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)