<   2011年 09月 ( 90 )   > この月の画像一覧
2011-09-30 ビールからお酒へ
つい先だってまでは暑い日があったのに、今はすっかり肌寒くなった。季節は巡る。秋である。
見掛けはいつもと変わらぬ秋であるが、今年は放射能を盛大にばらまいた会社があったから、
その実、今なにが起こっているのか分からないという恐れは拭〈ぬぐ〉えないのである。
放射能は恐くないという人と、いや、低線量被曝でも危ないという人が対立している。

どっちの言い分が正しいのか庵主には判るはずがない。どっちでもいいという考えもあるが。
お酒のように、うまいか、まずいかは呑めば判るという代物ではないからである。
味もない、匂いもしない、目に見えないという猛毒だから、アルコールの比ではないのだ。
それを怖いと言わず何といったらいいだろうか。

と、同時に、怖いといっても始まらないから、いや終わらないから詮ないことなのである。
原発は壊れたら直せないという説がある。半年たっても直っていないからその通りなのかも。
庵主の体は季節が変わると好みの酒が変わるのである。夏は樽生ビールとスピリッツである。
今年の夏は、これまではさほどうまいとは思わなかった黒ビールに馴染んでしまったのである。

ダークラガー(いわゆる黒ビールである)がうまいと感じるようになったのである。
黒ビールは大手では「ヱビス/ザブラック」とキリンの「一番搾り/スタウト」しかない。
が幸いなことに前者はラガー、後者はエールと味わいの違いが楽しめるようになっている。
夏も去り、ひやおろしが出回る時期になった。今はビールよりもお酒に目がいくのである。
[PR]
by munojiya | 2011-09-30 00:20 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2011-09-30 明日咲
ネタがなくなったときは、DQN(=三等市民のこと)ネームである。
クイズと笑いが同時に楽しめるから、知性と感性が磨かれるので一石二鳥である。
今度はこれである。
明日咲、燃志、心夏。さあ、読めるか、である。

DQNネームといえばヤンキーである。
ヤンキーは『常識にとらわれたくない思いで、子どもに一般とは違う名前をつけます。
駄菓子本(1番)
「常識にとらわれたくない思い」とは別な言葉で言うと「非常識」でいいのだろう。

世の中には、清子と書いて「さやこ」と読まされる女の子もいるのである。
悠仁と書いて「ひさひと」と読む、いや、庵主には読めない名前の男の子もいるのである。
さきの総理大臣であった細川護煕などは、庵主は今でもその名前が読めないのである。
「明日咲」は「つぼみ」と読むのだという。「小鳥遊」で「たかなし」と読む苗字があった。

明日咲は酒呑みにはぴったりの名前だが、女の子用の名前だろう。
酒呑みは花の蕾〈つぼみ〉にさも似たり。今日も咲け(酒)咲け、あすも咲け。
思えば、この「むの字屋」も十分DQNなのである。誰がそんな読み方をするか、である。
偽善〈いっしどうじん〉の教条〈おもいこみ〉」である。

-----

ちなみに、「燃志」は「もやし」、「心夏」は「ここなつ」と読むそうである。
燃志っ子』(51番)。
「心太〈しんた〉」と付けたら「ところてん」だったという話を思い出した。
人の名前は笑っちゃいけないのだろうが、やっぱり可笑しいのである。腹がよじれる。

[PR]
by munojiya | 2011-09-30 00:08 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2011-09-30 笑い話 韓国経済危機救済支援
酒呑みが、東日本大地震復興支援と称するのは、その地酒を積極的に呑むことである。
一方、韓国の経済危機の救済支援はこうであるという。
パチンコたくさんやって
韓国助けるかな。
駄菓子本(458番)

もっと凄い支援方法がこれである。祖国危機を支援するための新帰国事業の再開である。
在日が持ってる円を没収すればすべて解決しない?
円をドルに変えれば円安にもなるし韓国はドルが手に入る
これこそWinWinの関係じゃない?
』(499番)。誰もそれをとめる人がいないだろう。

まあ、ネトウヨの願望は虚しく結局は日本が助けるんだけどね。[庵主注:その目的は脚注]
最近、日韓経済はひとつだとかアジア経済危機を起こすなという論調をマスコミがしはじめま
した。韓国政府からかなりの金が流れてるんだろうね。
[マスコミは金主の金で食っている]
はっきりいって日本のすべての元凶はマスコミなんだよ。

韓国は自国を守るためにやってる行為だから責めてもしょうがない。
でも日本のマスコミは自分の利益のためなら同胞である国民のことなんてまったく考えない。
敵は他国でなく売国奴なんだよ。 ネトウヨははやくそれに気付けよ。
』(505番)。
日本人の顔をした恩の観念がない日本人の方が恐いということである。躾けの失敗である。

-----

経済の大きな流れは、下手な小細工で何とかなるもんじゃないしな。
それにしたって、緊急国債発行はあまり良い手とは思えない。
[Cカードを使った換金と同じ]
我々は、隣人が死んでいくのを生暖かく見守るしかないんだよね・・・実はもう死んでたんだ
けど。できることは、葬儀の香典受付くらいかな
』(506番)

一国の経済が崩壊してもその国民がなくなるわけではないのである。
経済が崩壊したからって国が潰れる訳じゃないし、
[韓国の場合は]更に質が悪くなってたかりに来る可能性が高いと思うよ。』(488番)
それが分かっているから、韓国支援はそれを避けるための捨て金なのである。金ですむなら。

[PR]
by munojiya | 2011-09-30 00:04 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2011-09-29 「新ジャンル」とよばれる酒
メーカーが「新ジャンル」と呼んでいる酒がある。
ビールの新ジャンルだと主張するのではない。発泡酒の新ジャンルだというわけでもない。
ただ「新ジャンル」と呼ぶのである。じゃ、何の新ジャンルなのか。
ご存じのように、その中身は発泡酒にアルコールをまぜたリキュールビールである。

発泡酒にアルコールを混ぜたらリキュールになるから、新ジャンルのビールとは呼べない。
ベースは発泡酒であるが、リキュールなので新ジャンルの発泡酒ともいえないのである。
それをビールと呼んだら品質が悪いから詐欺である。発泡酒といったら定義上嘘になる。
庵主は冗談でそれを「本ビール」と呼んでいる。アル添酒を「本醸造」と呼ぶ慣例から。

「新ジャンル」と曖昧に呼んで本ビールのことを指すという言葉の使い方に似たのがあった。
「在日」である。在日だけでは米軍なのか何なのかはっきりしないが、それを在日朝鮮人は
自分たちの呼称として使っているのである。英語っぽくザイニーズとでも呼んだらいかが。
「新ジャンル」と「在日」の共通点は、何となく如何わしさを感じさせるということである。

本当のことをはっきり言えない事情を抱えているということである。
「米だけの酒」という言い方も、如何わしさはそれに近いだろう。
米だけの酒なのに純米酒ではないのである。事情を知らない人には理解できないのである。
いずれも、関わり合いにならないにこしたことはないという点では共通しているのである。
[PR]
by munojiya | 2011-09-29 01:53 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2011-09-29 余外篇 これも頗るまずい
ウィルキンソンの「ドライコーラ」(アサヒ飲料製)がいかにまずいかという話である。
先に、サッポロピールが出した「金のオフ」がいかにまずいかという話を書いたが、
そのときの「まずい」という見出しは、まだしも好意的な表現なのである。
こんどの「まずい」は文字通り否定的な意味である。頗るは「すこぶる」である。

「まずい」という言葉はほめ言葉だということである。
「うまい」が正しい、「まずい」は間違っているということではない。
うまいとまずいは味わいの傾向の違いなのである。
その呑み手の心に叶う度合いの違いといっていいだろう。

本当にひどい味は、「うまくもまずくもなんともない味」なのである。
例にあげるなら、しょっぱくも甘くもないといわれている病院食みたいな味である。
病人のためにはいいのだろうが、健康な人間が食べるものではない。
無塩食パンというのがある。塩を使わないで焼いたパンである。あの無味乾燥の味わいである。

経験した人は少ないだろうが、酒造好適米のご飯がそれである。ごはんの質感と量感はあるが
味がしないのである。粘土を口にしているような感触である。人間の食い物ではない。
そういうのを味わってみると「まずい」ものはまだしも味があるから人間的な世界なのである。
その一線を越えてしまったのが、うぃる金損の「ドライコーラ」である。悪口故に欄外で。

-----

庵主には、その「EXTRA辛口GINGER」は“生姜”の刺激が強過ぎて飲めなかった。
それを飲むと喉がヒリヒリするのである。なんだこの刺激は。風邪をひいて喉が腫れた時の
ような痛みが残るのである。原料を見ると生姜らしきものは使われていないから、それは正体
不明の香料のせいなのか。庵主が「辛口」を謳うお酒を避けるのもこういう経験からである。

~100年を超える伝統と信頼のブランド~
ウィルキンソンからの新提案。炭酸強めのコーラにピリッとしたジンジャーの刺激を加えた
クセになる味わい。もちろん割り材としても。心地よい大人の時間をお楽しみください。

「蔵の神」で割って呑んでみたが、“生姜”のとがった刺激は消えることはなかったのである。

-----

本物の生姜を使ったらまだ飲めるかもしれないが、本物の方がより刺激的だったらどうしょう。
原材料名 食物繊維(難消化性デキストリン)、カラメル色素、香料、酸味料、甘味料(アセ
スルファムK、ステビア、スクラロース)、カフェイン
』。
どこに生姜が含まれているのだろう、不明。食物繊維とは何のために使っているか、疑問。

[PR]
by munojiya | 2011-09-29 01:52 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2011-10-29 笑い話 アメリカの置き土産
案外、竹島問題はアメリカの置き土産だったのかもしれない。
日本は竹島と日本海についてチクチクやって
対立の関係をつくっておくべき。
助けてなんていわれんようにな。
駄菓子本(38番)

そのボタンを押せば、取り敢えず相手国を突き放せるボタンが領土問題なのである。
千島(南樺太も含めて)、竹島、尖閣列島である。
そういう「安全装置」をアメリカはちゃんと日本に残しておいてくれたのである。
なお、アメリカとは布哇の件ではそれを日本に寄越せといって争わないことになっている。

またまた韓国経済が危ないという話である。「韓国経済の簡単な現状まとめ」は欄外で引用。
アメリカと毎日新聞社はかつて一度潰れたことがあるはずである。
韓国もそうである。韓国はIMFによって経済がさらに目茶苦茶にされてしまったのである。
それらに二度目が迫っているというのが当今の状況のようである。21世紀は危機の世紀か。

韓国も反日を掲げていながら、そんな時には日本に寄り縋ってくるから馬鹿にされるのである。
金は天下の回りものといって、あるものは使うのが正道なので日本は馬鹿正直に用立ててやる
がそこまではすることはないという意見がある。『北朝鮮にドル刷って貰えば…』(70番)
庵主が育ったのは北海道千歳市。進駐軍がいた街である。その置き土産がバーボンだった。
  
-----

『A韓国の中央日報が「韓国の信用度に赤信号が灯った。米国と欧州の財政危機に驚いたグロー
バル資金が韓国をはじめとする新興国から資金を引き揚げる姿勢を見せているからだ」と報道。
中国との通貨スワップが今年秋に期限を迎える。もし中国が期限延長を断れば韓国は保証人を
失う。中国の短期外債の半分の約10兆円は9月償還。

ちなみに韓国の国家予算は約20兆円。さらに借金の保証人が2011は日米から中国へ移った。
韓国の外貨準備高は約3000億ドルだが、中身は80%は有価証券で、なかにはファニーメイ
債のような評価額不明のものも多数含まれてる。それと海外からの借入で外貨準備を積み上げ
ている。つまり借金による見せかけ。国年年金も殆ど使い果たした。

追い打ちをかけるように「サムスン失速・アップルの本気」。ヨーロッパではほとんど販売
禁止。サムソン特許侵害訴訟数は3800件を超え、損害賠償金が2011年には、利益を超え、
総額は何兆円の賠償になるか見当がつかない状況。もともとサムソンもLGも外資がほとんど。
売り上げが上がっても国内にはほとんど還元されない。

韓国GDPの22%がサムスン。外需依存の肥大化。総貿易額がGDPを超える。
銀行などの金融機関は、ほとんど外資。その銀行の一部が取引停止になってる。
↓ で韓国は、
』(35番)
で、韓国が打って来た手とは、リンク先でお読みいただきたい。ギャグ国家の面目躍如である。

-----

戦々恐々としている人達がいる。韓国政府の金づると期待されている人達である。
『[韓国政府は]在日強制帰還政策も、財産没収する気マンマンだし
もう終わってもいいんじゃないかな
』(41番)。いいよ、全財産を持って帰っても。
もしそうなったら在日朝鮮人問題が一気に解決することになる。芸能界がさびしくなるか。

-----

国家デフォルトの意味を誰か教えて』(117番)
誰にも信用されない
キャッシュで取引
更に入金確認されてから発送
』(127番)

庵主には3行の解説で十分である。委曲を尽くして説明されても覚えられないからである。
学者が委曲を尽くして物事を説明してくれるが、ネットではそんな浩瀚な説明よりも頗る
簡単に説明してくれるので助かる。次の8行の方が原因と対策がよく分かるのである。
日本では「恩」を知らない人は仲間になれないということである。「恨」では無理だ。

この国[庵主注:勿論、韓国のことである。]の民族のプライドの高さをどうにかしないと
同じことを何度も繰り返すよな
中国でさえ、日本は見習う部分があると
留学生よこしたりして勉強してんのに

この国は、過去の失敗は見ない
盗み
[同:パクリ]はするけど、見習いはしない
で、困ったときに助けてくれる相手(日中)にケンカ売る
これでは何度やっても同じだわ
』(425番)。

-----

本日の笑い納め。『ウォンはアジアで一番安全な通貨らしいぞ』(277番)
まあ大量に保有してても盗まれないし安全かもしれんな』(279番)
255番のAAが可笑しい。そうはならないことを祈っています。
李氏朝鮮 → 利子朝鮮』(442番)。他人を笑っていられるうちが花かもしれない。

[PR]
by munojiya | 2011-09-29 01:37 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2011-09-28 久しぶりの、これはまずい
最近は、次から次に、ビール族の新製品が出てくる。
ビールを含めて、ビール風味の飲料を一緒くたにしてビール族と呼ぶことにする。
本物のビール、発泡酒(麦芽の使用量をケチったビール)、第三のビール(麦芽を使わないで
造ったビール風味のアルコール飲料)、新ジャンル(アル添ビール)、それとヌキである。

今夜の新製品は、サッポロビールの「金のオフ」(2011年9月21日発売)である。
糖質70%オフ(当社比) プリン体50%オフ(当社比)』というのが売りである。
なのに『贅沢仕込』なのである。庵主はそういうのを「味落とし」と呼ぶのである。
庵主がそれを飲んだ感想は、「贅沢」に造ったのだろうがまずい「本ビール」。

庵主が、そのまずさには太鼓判を押すお酒が「月桂冠/糖質ゼロ」である。
うまくもなんともないという殺風景な味に庵主は耐えられなかったものである。
こんなまずいアルコール飲料は呑んだことがないと感動さえ覚えたほどである。
それは無塩食パンの味わいに似ている。元々うまいことを前提にしていない味なのである。

それと同じ弊を有しているのがこの「金のオフ」である。
無味乾燥の「月桂冠/糖質ゼロ」に匹敵する本ビールである。
缶の色遣いもよくない。庵主には緑色のパッケージは酒のうまさを感じさせない色なのである。
糖質70%、プリン体50%オフというのはいうなれば病人食なのである。うまいわけがない。

-----

酒は好みですから、この記事は庵主の好みと傾向を合わせるための情報としてお読みください。

[PR]
by munojiya | 2011-09-28 02:12 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(1)
2011-09-28 笑い話 お酒も同じ「山岡なんかと」
このネタはどうとでも持っていけるのでお酒の方向に振ってみる。
たいしてうまくなくてもうまいうまい言って食べてれば
作る側も意欲がわいて上達するものなのにな。
』(144番)
しかしそういった些細な不満を溜め込むという事は結局人間関係の破綻に繋がる

まずいもんはまずいんだよ
黙って飲み込んでもまずい
うまいもん食ってりゃ言葉なんてなくても人間は幸福なんだよ
そのまま飲み込み続けるなんて不幸な一生だ
』(158番)

そうなのである。
うまいお酒を呑んでいるときは本当は言葉なんていらないのである。
それを書き留めるということはそのお酒は本当は、以下省略。
しかし、うまいお酒はそれをみんなに、いや興味のある人に伝えなくてはならない。

そうすることが、めぐりめぐって庵主の利益になるからである。
うまいお酒のいいところは、その洗練された味わいも呑めばなくなってしまうことである。
その非人間的な美しさをいつまでもひきずらないからいいのである。だから美しいのである。
幸い、かみさんが造るものじゃないので、かみさんがいない人でも幸せになれるのである。

-----

庵主はこの2行に笑ってしまった。
採算度外視な素材とか
長時間前提の料理とか
』(171番)
お酒ならそれは笑って許されもするが、家庭料理でそれをやったらお笑い興行である。

-----

江戸時代は男同士のカップル多かったから
大富豪の弥次さんが喜多さんに惚れて養い大旅行までしてる(中略)
男子同性愛にはそういう利点がある。異性愛は男に損しか無い
』(136番)
そういう視点があったのか。うまいお酒は呑み手の男女を問わず幸せにしてくれるのである。

-----

クリックをする時はご注意ください。音が出ます。
これ(映像)を見て、笑うか、泣けるかは別れるところだろう。庵主は苦笑。
中には怒りを感じる人がいるかもれしない。そういう感性は貴重である。真面目ともいうが。
もう一段上があった

[PR]
by munojiya | 2011-09-28 00:19 | 笑い話 | Trackback | Comments(0)
2011-09-28 類似する
「ギリシャがドイツに借金してドイツの車を買い、そのギリシャが借金を払えなくなり、
ドイツも買い手がいなくなる」
「アメリカが中国に借金して中国の商品を買い、そのアメリカが借金を払えなくなり、中国も
買い手がいなくなる」

完全に一致
駄菓子本(米欄)
東京電力福島第一原子力発電所(F1)が放射能拡散事故を起こして半年になる。
現場を中心にして周辺は相当の放射能にまみれてしまったのである。もう元には戻せない。
いまは放射能汚染水を流した海水の汚染状況がどうなっているかが心配の種になっている。

「ただちに健康に被害を及ぼすものではない」というが、いつになったら被害が発生するのか。
疑心暗鬼、一喜一憂、否、一鬱一憂の日々が続いているのである。放射能と生きるしかない。
運が良ければそれほどの心配はないのである。運が悪かったらどうなるかが判らないから怖い。
庵主は放射能はアルコールに似ているのではないかとハタと思ったのである。思いつきである。

どちらも本質的には毒であるがこの世に存在しているものだから人間と共存できる筈である。
一時に大量に摂取するとアル中で死亡することがあるが、緩慢に飲んでいる分にはかえって
体にいいという説もある。飲み過ぎると体を壊すが、飲み続けても長生きする人がいるのだ。
放射能もそれと類似しているのではないかと、ふと思ったのである。気休めであるが。

-----

「不況なので買い手でもある社員の首を切って利益を確保したが、買い手が買えなくなり、
その会社の商品がますます売れなくなる」という構造も似ていないか。クレジットは麻薬だ。
買い手に金を与えて、すなわち与信して、自分が作った商品を買わせて儲けているのである。
その金の補給を打ち切ったら自分の商品が売れなくなるのは自明のことなのである。

[PR]
by munojiya | 2011-09-28 00:15 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2011-09-27 金賞「一番麦」
アサヒビールの本ビール(アル添ビールのこと)「一番麦」である。
「一番麦」は「麦100%」と謳っている新ジャンルである。
麦100%とは『麦芽・大麦・スピリッツ(大麦)を使用、
ホップ使用量(0.5%未満)を除く。
』とある。庵主にはホップの量の多寡は判らないが。

昔、「牛肉100%」と謳った「ボンカレー」というレトルトカレーがあった。
牛肉100%なら、カレーは入っていないのかと思ってはいけないのである。
牛肉100%とは、「牛肉以外の内容料を除いた部分」はすべて牛肉だというギャグである。
「一番麦」も「スピリッツ(醸造アルコール)を除く」と立派なビールなのである。

おっと、麦芽の使用量を節約しているはずだから、規格は発泡酒ということになるのか。
麦芽使用率50%未満の発泡酒と大麦由来のスピリッツが原料です。
また、原料の発泡酒の麦汁に「一番麦汁」だけを使用していることから
「一番麦」と名付けました。
』と、能書きで飲ませてくれるのである。

「モンドセレクション2011金賞受賞」と缶に印刷してある「一番麦」が売られている。
モンドセレクションには「紛い物ビール部門」もあるのかと商売上手に感心したのである。
そうでないとしたら、どういう部門の金賞なのか、庵主には思いつかないからである。
「フェイク食品部門」というのがあるのかもしれない。人生を楽しくする食品部門である。

-----

「モンドセレクション」はともかく、「一番麦」は存外飲めるのである。よくできている。

[PR]
by munojiya | 2011-09-27 01:14 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)