「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 08月 ( 93 )   > この月の画像一覧
2012-08-31 日本のビール類の中で一番まずいそれ
これは庵主の好みを書いているのであって、万人がそれをまずいというかは知る由がない。
庵主の好みと似ている人には役に立つ情報であるが、そうでない人、すなわちビールの味の
違いなんかに興味がない人やうまいビールを飲んだことがない人にはどうでもいい事である。
日本で市販されてるビールの中で一番まずいビールは何かという話である。

庵主の一押し、否、そんものは飲みたくないという意味だから、それを見たら禍〈わざわい〉
を避けるために一番にそのそばから逃げ出すということで、一逃げ〈いちにげ〉と言うならば、
庵主の記憶の中にある一逃げビールはキリンの発泡酒「淡麗グリーンラベル」である。
この発泡酒を「まずい」といったら褒めたことになってしまう。

まずいという以前に、うまくもなんともないのである。味に表情がないのである。
その売りが『糖質70%オフ』である。まずい理由はそれが原因かと思われる。
対抗馬はサントリーの「金麦/糖質70%off」(アルコール分4%)である。
これもまずい。いや、まずいのではない。味がないのである。変態ビールといっていい。

「淡麗グリーンラベル」もアルコール度数は4.5%と低めである。
ビールの甘味とアルコールの旨味を減らしているのだから飲んでうまいわけがないのである。
庵主はそれらを病人向けの「不健康ビール」と呼んでいる。健康な人が飲むものじゃない。
「金麦」も表情がないが、それに先行する「グリーンラベル」を一番まずいとしておこう。
[PR]
by munojiya | 2012-08-31 00:48 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-08-31 左翼の嘘から解放されるとほっとする
それを左翼の嘘というべきか、明治政府の嘘というべきか迷うところだが、
いずれにせよ、騙されていることにはちがいないのである。
今まで信じていたことが嘘だったと分かった時、心の支えがなくなってしまう場合と、
逆に、嘘の呪縛から解放されて、世界がぱっと開ける場合とがある。

前者は、さきの戦争の終戦の時である。神国日本を信じていた人は泣き崩れたのである。
負けるはずのない戦争に負けたのである。
日本が危難のときは神風が吹くといっていたのについに神風は吹かなかった。
皇国史観の嘘を恨むのである。一般的に自分の莫迦さ加減は責めないのが普通である。

渦中に入ってしまえばどんな利口な人でも自分のいる場所が分からなくなるものなのである。
そのことを、逆に「傍目八目〈おかめはちもく〉 」といっている。
左翼の嘘から解放される話がこれである
左翼学者がいかに頭が悪いかが分かるのである。

もし、本当のことを知っていて嘘を書いているとしたら質〈たち〉が悪いのである。
そういう説を語っていれば業界で食っていけると分かっているのだから要領はいいのである。
お酒はまずいものだと思っている人がいる。騙されているのである。一度、真っ当なうまい
お酒を呑んでみてほしい。それまでの認識は嘘だったと分かった時の感動は熱いのである。
[PR]
by munojiya | 2012-08-31 00:47 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2012-08-31 1×0はなぜ0になるか
庵主が書いていることは、そのほとんどが人からの又聞きの受け売りである。
じゃ、なんでそんな無意味なことを書くのかというと、惚け防止のためである。
人は指を使うことで脳が活性化するといういう。それもまた又聞きだが。
幼児がやる綾取りやおはじきは脳の働きを発達させるから、日本人の生活の知恵だという。

キーボードのキーを操ることは、きっと脳の老化防止に役立つだろうという思いからである。
キーボードはいいけれど、ディスプレイが目に悪いから差し引き0かもしれないが。
「1×0」はなぜ「0」になるかという話である。
1が0個だから0。0が1個でも0。という説明じゃダメなのか?』(典拠721番)。

稼ぎが0の人間が何人集まろうが収入は0、と言えば理解してくれませんかね』(724番)
1と0の違いをカミさんと論議しようとしたら
そんなこと考える前に皿洗え!
って言われちった!
』(722番)。

ある意味嫁さん、賢いわ、そりゃ
0と1の議論したところで皿はきれいにならんもんなぁ
』(723番)。
「とりあえず、うまいお酒を呑みながらじっくり考えることにしよう」。
酒呑みは、何でも呑む口実にできるのである。その悪知恵を磨くことも惚け防止になるか。

-----

賢い人はこう答えるのである。
「師匠、お餅にはどうして黴がはえるのですか」
「そんなこともわからないのか。早く食っちまわないからだよ」。林家彦六師匠である。
賢くない人が、1と0の違いとか、なぜ黴がはえるかを追求するのである。故に学者は馬鹿。

[PR]
by munojiya | 2012-08-31 00:34 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-08-30 カップ酒「陸奥男山」
「陸奥八仙〈むつはっせん〉」といえば、庵主にとってはうまいお酒だという記憶と重なる
銘柄である。
しかし、同じ蔵元が醸している「陸奥男山」と聞くと、庵主は一歩距離を置くのである。
味わいの設計が「八仙」は当世風なのに対して、「陸奥男山」は古いからである。

古いというのは、まずいという意味ではない。
昔ながらの、こってりした酒質の、あか抜けしない味わいのことをいうのである。
当世風のお酒の味というのは、磨きをかけてすっきりした味わいのことである。
吟醸香をともなうときにはそれをフルーティーなお酒ともいう。

庵主は、がっしりした味わいの古風なお酒は呑めない。
呑んでも、うまいと感じないのである。それはそれで一つの味わいだとは認めるが。
吟醸香ぷんぷんである必要はないが、当世風の一肌むけた味わいのお酒が好きなのである。
で、「陸奥男山」のカップ酒である。1合だから買ったのである。

「陸奥男山」の味わいが、庵主の記憶と変わっていないことを確かめるためである。
期待通り、庵主の好みの幅からは外れていた。それで安心したのである。
「八仙」なら呑めるのに、同じ蔵元でも「陸奥男山」は呑めないことが分かったからである。
尤も「飛良泉/大吟醸 おり酒」と「鳥海山/おおっにごり」の間で呑んだものから余計に。
[PR]
by munojiya | 2012-08-30 00:59 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-08-30 日本人の外面的定義があるらしい
日本人の定義があるらしいのである。
その条件が33あるという。フリーメーソンの段位は32あるというがそれより多い。
それを全部満たしたら、晴れて「日本人」として認められるらしい。
あの、全世界から愛される「日本人」になれるのである。

しかし、なぜか、中華人民共和国、朝鮮民主主義共和国、大韓民国の3か国だけは
その日本人が大嫌いなのである。そのくせ、日本の商品が大好きなのである。
実は、その「大嫌い」は、「憧憬〈だいすき〉」の裏返しなのではないだろうか。
庵主は、中国製とか、北朝鮮製とか、韓国製の商品なんか欲しくもないのである。

はっきりいってお金を付けてもらっても欲しくない。魅力がないからである。
それに対して、国産品ならいくらでも欲しいものがある。まずうまいお酒が欲しい。
うまいお酒は、酒が飲めない庵主が呑んでも「んまい」と感動するほどうまいのである。
こんなうまいお酒を造れる人となら友達になりたいと思うのである。憧れちゃうのである。

33の定義とはこの本に書いてあるという。
個人的な感情で、アマゾンは気に食わないが、しょうがなしにリンクする。
「日本人は素晴らしい」と褒め称える33のこと、果たして自分は日本人のひとりとして
きちんとできているだろうか、と考えさせられます。
』(同上米欄)。人も同じかと安心した。

-----

たぶん、「ご縁」という言葉が理解できるようなったら一応日本人とみていいのだろう。
「お蔭様で」という言葉が使いこなせるようなったら、見た目は十分日本人だろう。
あこがれ〈日本人〉は真似することからはいるのである。
あこがれのイメージに自分を重ねていくことから日本人の道は始まるのである。

[PR]
by munojiya | 2012-08-30 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-08-30 上から目線「褒めてやる」
「上から目線」という言葉がある。
「目線」は芸能界の業界用語だから、堅気は「視線」と言うものだという見識がある。
俺は他人より上だと思うと気分がいいのである。
上から目線というのは、貧乏人のせめてもの心の癒しなのだから、大目に見てやってよ。

韓国の李大統領の天皇陛下に対する非礼に対して韓国制裁を実施するという。
野田総理は各省に制裁できる項目を書き出せと指示したという。
国土交通省はJRのハングル表示の撤去を報告にふくめたら褒めてやる』(典拠190番)。
アメリカにとって、日本はなくても全然困らない国だ、という言い方がある。

その伝でいえば、韓国も、日本にとってはなくても全然困らない国なのである。
第一、韓国でないと造れないうまい酒がないのだから、なくなっても支障がない。
『爆撃とか核武装とか今すぐできもしない事を書いてるのは確実に朝鮮人』(203番)。
そういうことを書く人に、思慮の足りない日本人を加えてもいいのだろう。

兵を起こすのは下の下だと支那の兵法の本に書いてあると読んだことがある。
ドンパチして、怪我をしたら痛いではないか。戦場の現場〈こうけい〉は悲惨である。
大工殺すのに刃物はいらないという。雨の三日も降ればいいという。
韓国を制裁するのも、ちょっと雨を降らせてやるだけでいいのである。

-----

これは日本人のせいではないが、最強台風15号が朝鮮半島に向かうようである。
本当に、半島に大雨が降りそうなのである。
韓国では、オリンピック選手の凱旋パレードも土砂降りだったというが、
「雨の三日も降ればいい」の冗談が本当にならないことを「祈ります」だけである。

その42番。笑いのお代は只ではない。『俺は日本人でどちらかというと嫌韓だが、
さすがに今回の台風の韓半島直撃は可哀想だと思う
甚大な被害が出るのは間違いないだろうから
日本は隣人としてすみやかに韓国を支援できるよう今から準備しておくべきだと思う


-----

泣きっ面に蜂って朝鮮人のためにあるような言葉だよね』(38番)。
なんか蜂が可哀相』(46番)。
さすがの朝鮮人もこの台風では放火できまい』(45番)。
フラグたったような気がする』(69番)。

ほとんど、「笑点」の大喜利状態である。
ここまで笑わせてもらったら、御祝儀〈ぎえんきん〉を出さないわけにはいかないだろう。
北ホイトは、さきにも洪水で痛められているというから、南ホイトの非礼のとばっちりを
受けていい迷惑だろう。

-----

この機に乗じて北朝鮮がダム放流に1ペソ』(82番)。
機に乗じるも何も、放流しないとダムが決壊するんじゃないのかな?』(89番)。
北のダムの放流で南に洪水被害が拡大するという関係にあるから、この賭けは可笑しいけれど
〈たち〉の悪い賭けである。品の悪い賭けといい直しておこう。賭博師には品は無用だが。

流石に人命うんぬんは無慈悲過ぎて言えない
だか首都機能麻痺による株安通貨安位はwktkさせてもらう
』(88番)。相場師もまた。
テンビン迷走しているなあ 迷わず行く方向はわかってるよな』(93番)。
何があっても品性下劣な書き込みはこの板とニュー速くらいまでにしておくように』(98番)

[PR]
by munojiya | 2012-08-30 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-08-29 若水がこんなにうまいとは
「若水〈わかみず〉」という酒造好適米がある。主産地が群馬の酒米である。
で、群馬の蔵元がその若水を使って醸したお酒を呑んだことがある。
が、うまいといえる味わいではなかった。はっきりいってまずかった。
時々若水を使ったお酒に出合うが、どれも最初の印象を変えるものではなかった。

若水と聞くと、味に期待はできないというのが庵主の心象だった。
ところが、その若水が、今度ばかりはうまかったのである。
なんだ、その気になれば若水でこんなうまいお酒が造れるのかと感心したのである。
庵主の若水に対する評価〈イメージ〉を変える一本だった。

「相模灘/特別純米 若水」である。
「相模灘〈さがみなだ〉」は庵主の贔屓のお酒だから味に間違いはないことは分かっている。
しかし、その米が若水というのを見て、これは大丈夫かと一抹の不安を感じたのである。
60%まで磨いた特別純米である。お酒は磨けばうまくなるというものでもないので為念。

果たして、その味は。
う、うまい。若水って、こんなにうまい米だったのかと見直しちゃったのである。
「相模灘」、気合がはいっています。期待通りの、いや、期待を上回るうまさが味わえる。
その本醸造で十分うまいのだが、この特別純米のうまさを知ったらまた嬉しくなるのである。
[PR]
by munojiya | 2012-08-29 01:37 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-08-29 酒の肴 朝日新聞抄
朝鮮人が、ネットでは笑い話の恰好のネタになっている。
笑いは、元気の元だという。笑うことで免疫力が高まると書いている人もいる。
朝鮮人は、その笑いで、日本人を元気づけてくれているのである。
日本の傍になぜ朝鮮があるのか、という笑い話がある。

その答を今知るのである。日本人を元気づけてくれるためである。
日本人の免疫力を高めるための天の配剤なのである。
朝鮮人の振る舞いが、日本人を大いに笑わせてくれるからである。
朝鮮人を笑い飛ばすことで、日本人はなぜか連帯感が湧いてくるからである。

日本人とは何かという積極的な定義がないものだから、
自分は朝鮮人ではないという消去法によって、日本人に近づくしかないのである。
というのも庵主は日本人というのは誰がやっているのだろうかと疑問に思っているのだ。
庵主は、生まれも育ちもずっと日本なのだが、日本人であるという確信がないのである。

あの「優秀な日本人」という条件にことごとく当てはまらないからである。
唯一、お酒のうまさが分かるのが日本人だという部分で自分を納得させているのである。
「日本人」というのは、実は人種的、民族的な区別による定義ではなくて、
それは、日本教という宗教の目指すところをいうのではないか、と思っているところである。

-----

血が、朝鮮人でも、支那人でも、南方系の人でも、中東系の人でも、黒人でも、白人でも、
「日本人」という教義に帰依したら、だれでも日本人なのである。
だから、これが日本人だという外面的な定義ができないのである。
日本人とは見掛けの定義ではなく、その人の内面をいう定義だからである。

だから、朝鮮人の振る舞いを笑えるようになったら日本人になったということなのである。
笑うのは「朝鮮人」という部分ではなく、その「振る舞い」の部分である。
血は朝鮮人でも、ちゃんと日本人をやっている人はいくらでもいるからである。
さすがに、そういう人は、日本人だから、朝鮮人の「振る舞い」をあからさまに笑わない。

慎み故にだが、内心では、その「振る舞い」の可笑しさをちゃんと分かっているのである。
大和〈やまと〉とは、当時の外来の支那人や朝鮮人との和合という意味だろう。
大和に流れて来た支那人や朝鮮人は、己の血による野卑な振る舞いを嫌ってそれとは違う
文明を開こうとした人たちなのである。だから、精神的に品がいいのである。志が高い。

そして、今もう一つを知る。笑うということは優越感を感じてその快楽にひたることなのか。
惨めな自分をワラウ時は嗤うと書くのである。漢字はよくできていると改めて感心する。
笑うことは免疫力(生命力)を高めることだというから、朝鮮人を笑っちゃいけないとは理性
では分かりながらも、それを無下に否定できないのがまた可笑しいのである。

[PR]
by munojiya | 2012-08-29 00:02 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2012-08-29 坂本龍一とは大違い
坂本龍一とは大違い
よく言った泉谷
』(典拠米欄)。泉谷は、韓国の芸能人に政治には関わるなと釘をさした。
上から目線の坂本龍一と下からドッコイの泉谷しげるの違いのことである。
チョンの大学教授[ソウル大の反日教授ソ・ギョンドク先生のこと]と並べると、

泉谷しげるのキャラさえ常識人になる
(泉谷の名誉のために最後の1行は省略)』(同上)。
(カラ)の国と和〈マンタン)の国の違いはこうだという。
韓国人の耳に快いことばかり叫べば大学教授になれるって……?
日本だったら、日本人の耳に痛いことばかり言ってればなれるんだったけ……。

自画自賛・我田引水
韓国進化しない
反省改善・温故知新
日本ガラパゴス的進化
職業は反日です!ってことなのね。
』(同上)。
韓国の反日も、日本国内の反日も、やっているのは朝鮮人だということは一緒か。

日本語も進化しているのである。
ある意味韓国って人材豊富なのね』(同条64番)。
「人材豊富」というのはそういう意味でも使えるのか。
まずいお酒のことを「お酒の多様性が豊かな証〈あかし〉」というようなものである。

-----

日韓ギャグ合戦。韓国『「島根県隠岐島町」として登記した竹島に竹はない。』(典拠2番)
日本『島が一つじゃ無いのに独島もおかしいだろ』(7番)。お二人様「笑点」にご招待。
ソウル大学って日本が作った旧帝国大学なのに質が落ちたもんだわな』(同前4番)。
大学も、見掛けはよくなっているが、中身はちゃんと劣化しているのである。

動物には喜び悲しみという感情はあるけれど、恥という感覚が分からない。
人間は進化したため、恥という感覚がある。それがない韓国民は類人猿
』(125番)。
「恩」を知る人は未来志向、「恨」に縋る人は過去志向。見ている方向が正反対なのである。
彼我の距離がありすぎるのである。相手にするのも恥ずかしい話になってきたようである。

-----

そういう場合は、相手をおだてて遠ざけるにしくはないようである。
「いやー、立派なお酒ですね。ありがたくて、私の口にはもったいない。こういうお酒は、
もっとお酒の分かる人に呑んでもらいたいお酒です」。そんなお酒なんか呑みたくないから。
庵主の場合は、酒量の関係で、変なお酒を呑むと次のうまいお酒が呑めなくなるものだから。

[PR]
by munojiya | 2012-08-29 00:01 | 時局物 | Trackback | Comments(0)
2012-08-28 そうだ酒屋へ行こう 幡ヶ谷の本間酒店
うまいお酒が並んでいる酒屋は、庵主にとっては宝島である。
その一本、一本のお酒が輝いて見えるのである。
金銀宝石〈きんぎんさんご〉を宝物と思う人は少なくないと思われるが、
そんなものより、庵主はうまいお酒が詰まっている酒瓶の方に心が惹かれるのである。

金銀宝石は換金できるから好きだという人は、それが現金であってもいいわけである。
すなわち、そういう人にとっては金銀宝石自体よりもそれに相当するお金が好きなのである。
金銀宝石の輝きが好きだという人もいる。金属や宝石の色沢は天然の美だというのである。
庵主は、それらよりも口にすることができるお酒により輝きと美を感じるのである。

身につける輝きよりも、身に含める輝きの方が好きなのである。
いいお酒が揃っている酒屋は、庵主にとっては美術館でもある。
一本、一本の酒瓶を見ているだけで想像が膨らんできてあきないからである。
しかも美術館と違って、見るだけなら只だから、酒屋を訪れることは最高の娯楽なのである。

幡ヶ谷にある本間酒店を訪れた。ここで扱っているお酒は庵主好みのお酒が多い。
「秋鹿」「鶴齢」「諏訪泉」「悦凱陣」「宗玄」「義侠」「るみ子の酒」「神亀」「奥播磨」
といった銘柄の無濾過生原酒系のお酒が揃っている。見ると呑みたくなるお酒ばかりである。
暑い夏の日に訪れたが、近づく秋が待ち遠しくなる銘柄である。今は生ビールの時期なので。

-----

京王新宿線幡ヶ谷駅下車。北口から出て高速道路が走ってる広い通りに出たら右へ。
最初の歩道橋を渡るとその右手に十号通り商店会。
商店街の通りにはいって、道なりに進み、ずっと先まで行った所の右手にお店がある。
駅から歩いて7~8分といったところか。

[PR]
by munojiya | 2012-08-28 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)