「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 09月 ( 91 )   > この月の画像一覧
2012-09-30 地酒蔵元会検定
漢字検定というのがある。
無から有を生む商売というのがあるが、詐欺師とも呼ぶのだが、その亜流ともいえる商売で
一字、おっと一時は検定料をボッたくったものだから、文科省からお仕置きを受けていた。
今は真っ当に商売をしているようである。日本人なら商売は真っ当にやらなくちゃ。

漢字検定は、検定に合格しても検定料に見合ったメリットは何にもないのである。
逆に合格しなくても、なんの損失もないという点では気楽な検定なのである。
FBOのきき酒師〈ききさけし〉の検定は不合格だと受験料の痛手は少なくないのだ。
もっともその検定もまた、合格したところでそれだけではなんのメリットもないのである。

お金の掛からないお酒の検定はこれである
しかも、合格したらその名誉がそのサイト上でたたえられるというメリット付きである。
かなり難しそうである。そうである、というのは庵主は挑戦しないからである。(脚注)
お酒はいろいろたくさん呑んだ人の勝ち。知識で覚えたお酒は絵に描いた餅だからである。

東京のFBOが焼酎の検定もやるということで、焼酎の地元で苦笑が起こったことがある。
焼酎の本場は九州なのに何でろくに焼酎も呑んだことがない東京〈ひと〉が検定をやるのか。
畳水練じゃないかという笑いである。九州がやればいいのだ。合格者には焼酎一年分進呈で。
東京の人は商売が上手だったのである。ちなみに漢字検定は京都の人だった。ドジだったが。

-----

実はログインするのが面倒くさいからである。ニコニコ動画なんかもそれで見る気がしない。
BKD」の意味はすぐに分かっても「FBO」が分からない人がいるかもしれないが、
ここではそれを知らなくても全然かまわない。知る必要もない。
どうしても気になる人はこちらを見て頂きたい。

[PR]
by munojiya | 2012-09-30 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-09-30 親特亞マスコミ
いまの日本のマスコミは朝鮮系に支配されているという定説がある。
その報道とやらは、すなわち新聞記事やTVの話題は朝鮮人にとって利益になる論調であり、
日本人にとってはそんな報道に騙されたら馬鹿を見ることになるというのである。
真実は、そういう報道が言うところの反対側にあるということである。

とりわけ“わかりやすい”報道をしているのが、親特亞マスコミなのだという。
昨日、自民党の総裁選決選投票が行われ、5名の立候補者の中から安倍晋三氏が自民党総裁
に当選しました。これを受けて朝日新聞や毎日新聞、TBS等の親特亞マスコミと韓国系言論
は一斉に安倍氏バッシングを開始したようです。
』(典拠)。

一野党の総裁選挙なのに、「民意を問え」と書いているらしい。
公正な選挙で決めたことは「民意」ではないらしい。
親特亞マスコミは、安倍晋三では「民意」にそぐわないというのである。
その民意ってのは、ひょっとして自分たちの利益のことを言っているのじゃないのか。

しかも、その言い分がセコイのだという。今度は3500円のカツカレーらしい。
庵主でさえ、一升3500円程度のお酒ならばんばん呑んでいる時代である。
しっかり稼ぎのある男がその程度の食い物を口にしても羨むことはあるまい。
親特亞マスコミの特徴は品がないことなのである。もっといいお酒を呑んでごらん。

-----

親特亞マスコミは、いいカレーは食べているようである。
朝日新聞社内のレストランのカツなしカレーが3675円だという。
毎日新聞社内レストランのスペシャルカレー&ライスが5040円だという。
どこの口で3500円のカツカレーを叩いているのやら。これ、笑い話篇に変更しようかな。

[PR]
by munojiya | 2012-09-30 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-09-30 では「FDA」の意味は分かるか
FDAとはこういうことをやっている機関である。
一見、清潔な仕事をしているようなのだが、本当は汚いことをやっているらしいのである。
陰謀論は面白い。それは邪推のトレーニングである。想像力を豊かにする訓練でもある。
◇ エイズもアメリカ発である。

ミドリ十字が、アメリカでエイズウィルスのために販売禁止になった血液製剤を日本に輸入し
たといって責められたが、エイズの為アメリカ国内での販売を禁止した血液製剤を、海外諸国
へ輸出する事は許可し続けたアメリカのFDAを、日本のマスコミはなぜ一切責めないのか、
まことに不思議である。

アメリカではごく一部のメディアであるがこれを取り上げFDAを糾弾した。しかしすぐに
立ち消えてしまった。
』(典拠)。
「WHO」というのもある。「フー」と読んではいけない。「ダブル・エッチ・オー」と読む。
以前は世界保健機構と呼んでいた筈だが今は世界保健機関というらしい。世界変態機関でない。

WHOも、アフリカ向けの天然痘のワクチンにエイズウィルスをまぜてアフリカ人の人口削減
を推進しているという「悪評」がある。庵主は情弱だからそれを信じちゃうのである。
禁煙を強力に推進しているのもWHO。何か裏があるような気がしないでもないわけでもない。
次は禁酒運動か。アホかである。長生きするために酒をやめる馬鹿がいるかということである。

-----

それを親切設計というべきか、思想統制〈ことばがり〉と呼ぶべきか。
グーグルで、「世界保健機構」を検索すると、自動的に「世界保健機関」になってしまう。
検索サイトで「大東亜戦争」を検索したら、「太平洋戦争」に誘導されて、大東亜戦争という
言葉が出てこなかったという話を思い出した。大東亜戦争と太平洋戦争では意味が違うのに。

-----

「毎日新聞」の英語版が世界に広めた言葉「HENTAI」は、いまや褒め言葉なのである。
「クール」は中国語では「酷」と書くらしいが、日本語では「変態」と当てるようである。
庵主の「変態」の定義はすでに書いた通りである。
これもまた発想が「クール」なのである。その意表をついた発想が可笑しいのである。

[PR]
by munojiya | 2012-09-30 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-09-29 「開運/純米」のひやおろし
訂正 9月24日に掲載した記事中の大和川の「弥右衛門」の読み方は「やえもん」ではなく、
「やうえもん」でした。
岩手の「ヨ[酉に与]右衛門」は「よえもん」なので、うっかり「弥右衛門」を「やえもん」と
読んでしまいました。掲載記事の誤記はすでに訂正してあります。


思いがけず、「開運〈かいうん〉」のひやおろしを呑む機会があった。
呑んだ感想は「んむ。」である。期待している味とは別の世界が広がっていた。
悪い酒でないことはわかる。お酒の品格も高い。いいお酒なのである。
だからといって、手放しで「うまい」と言えるお酒でもないのである。

苦いのである。
今味わうには早いようである。
まだ粗いのである。晩年丸くなる男の、若いころは毒走っているような感じである。
とはいえ、その品のよさは気持ちがいいのである。出自がいいのである。

いま買い込んでおいて、味がほぐれた時に呑むとうまいかもしれない。
試しに一本買っておこうかと思ったものである。
しばらく放っておいて、程合いを見て栓を開けるのである。
果たして、その味わいが期待通りにうまい方に転化しているかが楽しみである。

精米歩合55%の純米酒である。
55%まで磨いたら、純米吟醸で出してもいいのに、特別純米ともせず、ただ純米として
出すところに「開運」の自信が窺えるのである。
この出来栄えでも「純米酒」なのかと、その矜恃にまた「開運」の余裕を知るのである。
[PR]
by munojiya | 2012-09-29 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-09-29 米国内の日系人強制収容所
こんな写真が出てきたという話である。ねっ、日本人って清潔でしょう。
自分の生まれた国があるのに、その国を捨てる人達がいる。
一つは、自国では食って行けない人達である。
こんな所にいたのでは生きていけないというわけである。

もう一つは、自国の文化に絶望して新天地を求める人達である。
隣の芝生が綺麗に見えるというわけである。
自国の文化が汚く見えるのは自分がいるからだということは論じないのである。
そういう人達に押しかけられた国はいい迷惑であるということは気にしないのである。

なぜアメリカに移り住んだ日本人がいたかというと、前者の理由による。
当人たちは移民と思っていたが、国は棄民と思っていた。
日本政府がいうところの「自己責任」の走りである。後は野となれ山となれ、である。
アメリカは白人が差配する人種差別の国である。黄色人種の日系人は差別されたのである。

日米戦争が始まったら、日系アメリカ人は強制収容所に隔離されたという。
同じ戦争で敵国だったドイツ系やイタリア系にはそれはなかったという。鬼畜の由縁である。
当時の日本は国民を養えないほどに貧しかったのである。
そうしてアメリカに渡った日本人は、酒をバーボンに切り換えたのだろうか。知る由もない。
[PR]
by munojiya | 2012-09-29 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-09-29 そんなこと聞いていないぞ
1872年(明治5年)、日本は、寄港したペルー船マリア・ルース号の奴隷を強制的に
解放させるなど、その後、人権問題で何度も欧米を激昂させることになる。
そして、日本はあっという間に近代化を成し遂げ日露戦争にも勝利した。予想外の結果に
「彼ら」は腰を抜かした。
』(典拠)。

「彼ら」というのは、庵主がいうところの「連中」と同じである。悪意の人達のことである。
さらに、1919年(大正7年)パリの講和会議で「人種差別撤廃案」を提出したり、台湾、
朝鮮、満州、新南群島、南洋群島にインフラ、教育を与えて驚異的な発展をさせ、欧米の搾取、
奴隷化型の植民地政策に真っ向から対抗する手法で勢力を拡大していった。

日本は植民地にするどころか「彼ら」白人覇権勢力を直接脅かす容認できない存在になって
しまったのである。
』(同上)。
ペリーが来航した時にその奴隷を解放させたという話は、庵主は聞いていなかったのである。
純米酒の定義から、精米歩合の規定が削除された時もその話を聞いていなかったものだ。

庵主は情弱なのである。情報が庵主のところに回ってくるまでに時間がかかるのである。
嘘情報〈まがいもの〉がバンバン入ってくるのである。なにが真実なのか判らなくなる。
戦後のお酒がアルコールをバンバン混ぜた紛い物だということを当時の人々は知っていたのか。
見掛けは確かにお酒だったのである。一時期堕落していたお酒が今復活したのは幸いだった。
[PR]
by munojiya | 2012-09-29 00:01 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2012-09-28 きたる10月1日は日本酒の日だというのに
7月10日は、納豆の日だという。
10月2日は、豆腐の日だという。
では、10月1日は何の日か。
だれも知らないのである。

国慶節ではないか、という人は親中派だろう。
10月1日は、日本では、お豆腐をおいしく食べるためにお酒を用意する日なのである。
日本酒の日である。
といわれても、今度はどういういわれで10月1日が日本酒の日なのかが分からない。

多くの日本人はうまいお酒を呑んだことがないからうまいお酒と縁遠い(10トオ1イ)日。
2月14日のバレンタインデーとか、ボジョレヌーボーの解禁日はその前から喧伝されるのに
「日本酒の日」はそういう予告篇すらなく公開されてすぐ忘れられてしまう映画なのである。
興行主(酒造組合中央会)にセンスがないということだろう。角川映画みたいにやってみろ。

ジャンケン大会でも、総選挙でもやってみればいいのである。
それでもやっぱりヒットしないかも。
うまいお酒は芸術映画なのかもしれない。それなりの教養がないとその良さがわからない。
〈いな〉、見掛けは高尚だけど中身がない映画だったりして。呑んでみて判断してね。

-----

10月1日のお酒のイベントはここで探せばいいのかな。

[PR]
by munojiya | 2012-09-28 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-09-28 野田総理の怖い発言
「マニフェスト通りやってないじゃないか」というご批判をいただくんです。
ただ謝ればいいという問題ではありません。わたしもよく「ごめんなさい」というところから
スタートするので、「アイ・アム・ソーリー(総理)』なんであります
』(典拠1番)
といって、それが嘘であっても謝ればすむと思っている野田総理が言ったから怖いのである。

あれ野田がマトモな事言ってる……』(11番)。
「・・・と言ったな。あれは嘘だ」くらい待ってろ。
あさってあたり言うから。
』(同前12番)。
その発言がいつひっくり返るのかと心配しちゃうのである。FIFA同様入金待ちかな。

その発言とは、「その問題(慰安婦追加補償問題)はすでに終わった」、韓国の日本軍慰安婦
に対する日本の補償が足りないという韓国内の批判に対して、「これは良心的な日本人たちの
感情を害する不幸なこと」と主張したものである。韓国の「中央日報」に依るのである。
1965年の日韓基本条約で解決済のことを何度も蒸し返すなと諭したのである。

一回日本が戦後賠償をふくめて、どれだけの金を韓国に出してきたか計算して大々的に発表
してみな。
世界中が驚くような結果が出るから。
別途で在日の生活保護などのコストもだしてみろ、日本政府。
』(15番)。
酒呑みも、どれだけのお金を酒に出してきたか計算したら驚くような結果がでるだろうが。

-----

韓国に対するいわれのない「賠償金〈けつぜい〉」も、
酒呑みの酒代〈みぜに〉も、
その金額の寡多よりも、それが何の役にも立っていないと知って驚くのにちがいない。
前者〈ストーカー〉は日本人の心を痛め、後者〈アルコール〉は日本人の身を傷めるのである。

[PR]
by munojiya | 2012-09-28 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-09-28 これが読めるか 「BKD」
庵主は、BBQが分からなかった。
BBAは、それが使われている前後の文章からなんとなく分かったのである。
AKBは、いまでは誰でも分かることだろう。
AKB48なら分かるかもしれないが、AKB84は分かるか。分からなくてもいいのだが。

さて、こんどは「BKD」である。文例はこれである。
韓国が反日になったのは李承晩大統領からで、その後、日本人BKD(朝日新聞/福島瑞穂)
らのサポートもあって反日教育が盛んになったのです。なぜなら、叩けばお金は出るは
[わ]
技術は教えてくれるは[わ]で、黙って何でも聞いてくれるからに他なりません。』(典拠)。

最近は、分からない言葉はネットで検索すれば、すぐ、その意味が分かるようになっている。
それで「BKD」を調べてやっと意味がわかったものだ。
朝日や福島がBKDだということは、そういう人を輩出した東大がその根源ということか。
政治家でも、官僚でも、自衛官でもアメリカで洗脳されてこないと出世しないみたいである。

TPPとか、DDT(これは昔の殺虫剤)とか、意味の分からない略語が多い。
IMFとか、WHOとか、LCCの正式名称を言える人がどれだけいるものか。
庵主が一発で分かったのは「ALC.」である。もちろん、「アルコール」の略。
ただ「ALC」と書いたら、軽量気泡コンクリートなのだという。略語は、ようわからない。

-----

CDとあると、名古屋の人は中日ドラゴンズだと思い、女の子はクリスチャンディオールだと
思い、男の子はコンパクトディスクだと思い、銀行強盗はキャッシュディスペンサーだと思う
という笑い話がある。見る人によって同じ略語の見え方が違うということである。
お酒も同じものが、呑む時の気分と思い込みで味が違って見えることがある。

[PR]
by munojiya | 2012-09-28 00:01 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-09-27 アサヒの特別限定醸造「ザ・エクストラ」
セブンイレブンだけで売られているアサヒの特別限定醸造ビールである。350缶215円。
厳選麦芽1.8倍(※1)旨味が凝縮された当社最高級濃度(※2)のビール』と
〈りき〉のはいっているビールである。原材料は麦芽とホップだけの本物のビールである。
おいしさのこだわり

『1.旨味が凝縮された最高級濃度(※2)のコク
2.アルコール度数6.5%の飲みごたえ
3.麦芽100%使用
4.良質なアロマホップを使用した華やかな香り

5.厳選酵母による上質なキレ味
』と能書は豊かである。
※1 当社ビール比
※2 当社ピルスナータイプビールにおける原麦汁エキス濃度の比較において
』である。
さあ、飲んでみよう。

泡の香りがいい。泡を口に含むと、これがアロマホップかと納得しちゃう。缶の余香もいい。
しっかり苦みが出ている。その点では庵主の好みに近いのであるがその苦みが荒いのである。
苦みを味わうのなら、庵主だったら、「インドの青鬼」の苦みに技があると見るのである。
「インドの青鬼」の苦みは、それをまろやかな甘味が包んでいる甘美な苦みなのである。
[PR]
by munojiya | 2012-09-27 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)