「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 11月 ( 91 )   > この月の画像一覧
2012-12-01 芦田愛菜と本田望結
いま人気のある子役の女の子である。
一人は先行した芦田愛菜。
もう一人はその後を負う本田望結。
二人の違いは、その名前にある。

芦田愛菜の名前は、庵主でも何とか読めるのである。多分、マナと読むのだろう。
本田望結の名前は、庵主には読めない。なんと読むのか見当もつかない。モユかノゾムか。
カメラマンの、いや写真家の、いやいや写真屋の、いな、写真師の篠山紀信が、
先の大震災後の被災地にはいって写真を撮ったという。写真は人の不幸が大好物なのである。

いつものファンタジー写真(浮かれ写真)ではなく、シリアス写真を撮ったというのである。
この写真である。いい写真である。しかし、それがコミカル写真と化すのに時間は掛からない。
それは映像〈じかんつぶし〉ではない。写真〈しゅんかんげい〉なのである。篠山の悪魔め。
それ故に一瞬でその写真が漫画になってしまうのはその下に書かれている二人の名前による。

同じ日本人の名前が読めないのである。それが実名なのか篠山のギャグなのかは判らない。
ただ、今は21世紀なんだなぁと、つくづく感じる。日本人の名前は“進化”したのだと。
庵主が、しみじみ、今は21世紀なんだなぁと感じるのはうまいお酒に出合った時である。
20世紀後半のお酒に比べて明らかにうまくなっている。日本酒は「進化」しているのである。

-----

「大友」とは「アウトレイジビヨンド」でヤクザを演じていたビートたけしの役名である。
写真の撮影時点からみて、篠山が映画を見ているわけがないから、大友兄妹の名前は実名なの
だろうと思われるが、容易に読めない名前というのは、命名の本卦帰りなのかもしれない。
人に読まれる名前は魂を抜かれるというわけである。写真とはその魂を抜く悪魔なのである。

[PR]
by munojiya | 2012-11-30 19:03 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-11-30 天国と地獄
酒屋に立ち寄ったら、サントリーがまたまた限定醸造のビールを、おっとビールじゃなかった
新ジャンルを、庵主が言うところの本ビールを出していた。
カラメルブラウン」である。庵主が買った値段は、350ML缶が118円だった。
サントリーの限定醸造ビール類は結構いけるから見落としてはいけない。

今回の限定醸造も、庵主の期待を裏切ることのない出来栄えだった。
新ジャンルながらも、飲める味わいに仕上がっている。
新ジャンルとはどういうジャンルかというと、アル添ビール(発泡酒)といったところだ。
ウイスキーの水割りならぬ、発泡酒のアルコール割りなのである。

よく言えば、アイデア商品なのである。はっきりいって人前で飲む酒じゃないのである。
まずいからだというのではない。最近のそれは存外飲めるのである。
それはフェイクを楽しむ酒だからである。貧乏自慢のような自虐的な酒なのである。
劣化世紀である21世紀の酒なのである。ビールも劣化しているのが分かるというものである。

しかし、それの下には「キングスバリー」のようなビールテイスト飲料というのがある。
紛い物以下の見せかけ品である。変態商品である。それを邪道とは言わず異端と呼んでおこう。
それを地獄の味わいとしたら、それに比べて「カラメルブラウン」は天国の味わいである。
地獄が88円で、天国が118円だから、天国と地獄の差は30円しか離れていないが。
[PR]
by munojiya | 2012-11-30 00:57 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-11-30 在来宗教とカルトの違い
一般的に、新興宗教はカルトと見做されている。
なぜかというと、教祖様がまだ生きているので、ちっとも有難みがないからである。
生きいれば、どんな偉人もただの人にしか見えないのである。
男教祖なら女信者に手をつける、女教祖なら男信者に秋波を送るのである。

なんだ、教祖と言っても俺たちと大して変わらないじゃないか。
どこが立派なんだということになって、生き方の指針にならないからである。
いい齢をした大人が、珍奇な服装をして教祖を気取っているなんて、なんのコスプレか、
といったところである。

一時代の日本人なら、信心なんかやっている暇があったら働けと言われるところである。
日本人は労働大好き教徒だからである。
もっとも、やることがないから信心をやっているという面もあって、
創価学会なんかはご家庭の主婦信者が家事をほったらかして頑張っているという話もある。

在来宗教は教祖を祭りあげた弟子が作り上げたものである。利益は教団に入る。
カルトは、今生きている教祖がやっている宗教である。利益は教祖の懐に入るのである。
お酒は不思議な宗教である。信者の数は多い。お酒による利益は呑み手が受け取るのである。
造り手には利益が残らないというまさに人のためを思う無欲の宗教なのである。有難きかな。
[PR]
by munojiya | 2012-11-30 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)
2012-11-30 余外篇 BIOSからのモールス信号
庵主が使っているパソコンの電源が、突然落ちるようになった。
使っている最中に落ちるのである。
何が起こっているのか、パソコンの仕組に疎い庵主には判らない。
ワープロを使っている時に落ちた時には慌ててしまった。

せっかく打ち込んだ文章が消滅してしまうからである。
庵主の文章は、考えて書いているわけではないのである。
指が勝手に動いて書いているものだから、それが瞬時に消えてしまうと、今書いていた文章を
再現することができないのである。がっかりしてしまうのである。いや、気が抜けてしまう。

今度は、電源を入れてもBIOS〈バイオス〉が作動しなくなった。
いつもなら、ピッとなってプログラムを読み込み始めるのに、今度はなにやらモールス信号の
ようなトン・ツー・ツーといったビープ音が出てその先に進まないのである。
そもそもそのピープ音が警告音でいろいろな種類があることも知らなかったのである。

トントントン・ツーツーツー・トントントンならSOSであるが、庵主には「トン・ツーツー」
と聞こえる警告音がその一覧表には載っていない。何が起こっているのか判らないのである。
さあ、それをどうやって克服して今こうしてパソコンを使っているのか。その方法は欄外で。
庵主が飲み過ぎた時の体のビープ音は肩に出る。突然肩凝りが始まる。その意味はもう限界。

-----

パソコンの筐体カバーを外して、メモリーカードを一旦引っこ抜くのである。
その端子をよく拭いてからまた着装すると元に戻るので、今はその方法で凌いでいる。
しかし、最近はそれに加えて、ウェブサイトにアクセスをするたびにメモリーのスワップでも
しているものか、HDが長く作動し続けて、ダウンロードの動作が鈍くなり始めたのである。

[PR]
by munojiya | 2012-11-30 00:01 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2012-11-29 ビールテイスト飲料「キングスバリー」
ビールのようでビールでない、うまいのかというとうまくもない、庵主にはいまいちその存在
価値が理解できない代物、それが、以前はノンアルコールビールと呼ばれていて、その呼称は
誤解を招くということで、今はビールテイスト飲料と呼ばれている飲料である。
ビールからアルコール(酒税)を抜いた商品だからビールより安いかというとそうでもない。

経済的にも、味覚的にも非合理的〈ふしぎ〉な飲物がビール風味飲料である。
庵主は、字数を節約するため、それを「ヌキ」と呼んでいる。
さすがに「ガセ」とか「カス」とは言わないのである。
アメリカ産のヌキである「キングスバリー」は350ML缶が88円だった。

トモズというドラッグストアで売っていた。
最近の国産のヌキはアルコール分は0%であるが、米国産の「キングスバリー」はアルコール
分0.5%未満と微量ながらアルコールが含まれている。
0.5%未満のアルコールならノンアルコールと見做してもかまわないだろう。

ロッテの「ラミーチョコレート」は、アルコール分は3%もあるがお菓子扱いなのである。
「キングスバリー」を飲んでみる。やっぱりまずい。というより何かが物足りないのである。
それはなぜか。アルコールといううまさの源泉が抜けているからである。
宝焼酎25度を混ぜて飲んだらやっとうまくなったのである。元の黙阿弥ではあるが。

-----

キングスバリー(KINGSBURY)
ビールテイスト炭酸飲料 アルコール分0.5%未満 
原材料名:麦芽、コーンスターチ、コーンシロップ、ホップ 原産国名:アメリカ合衆国
輸入者:国分株式会社 東京都中央区
(以下略)』

Traditionally brewed from the finest
ingredients.All but a trace of the alcohol
is removed through a special process that
preserves the malt bevarage flaver

[PR]
by munojiya | 2012-11-29 00:03 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2011-11-29 番外篇 酔いが醒める誤植
今、日本人で一番感動的な話を書ける人はこの人をおいていないだろう。
琵琶法師の芳一が語る平家物語を聞いてその眷属〈ちすじ〉が涙するように、
その人が語る話を読んで読者は、すなわち日本人の読者〈ちすじ〉なら思わず涙するのである。
その涙は日本人の清気を取り戻してくれる涙である。“鬱陶”している心が瞬時に晴れる。

語り芸の極致を味わえる。日本人に生まれてきて良かった、と。真実の味わいのうまさである。
一方、すぐ対岸にある「金門島」は厦門湾の外にあります。
海峡は流れが速く、これを乗り越えるためには、速度の速い船を使ってもスピードが出せませ
ん。

島の人口はわずか4万。
漁業やさつまいもの栽培で生計を立てており、食料時給ができる島です。
つまり、大陸との通行を遮断されたとしても、金門島を拠点にすれば長期間戦い抜けます。

(同上)。今の日本人が知らなかったことを教えてくれるからである。根本博の名を知るのだ。

だがしかし、その至芸も一本の誤植が興ざめにしてしまうのである。
「食糧時給」は「自給」の誤変換である。折角気持ちよくその語りに酔っているときに、その
誤植で醒めてしまうのである。いい事を語る人の口許についた米粒が気になるようなものだ。
不味いお酒が良くないのも、不味いという一点で折角の酔いが醒めてしまうからなのである。

-----

10月半ばになると、金門島の対岸にある港で、共産党軍によるジャンク戦の徴発が始まり
ました。
有無を言わさぬ強制徴用です。
』(同上)。
「ジャンク戦」は「ジャンク船」だろう。

話は突然変わって、「徴発」が「挑発」と誤変換されていないのは幸いである。
その「徴発」の「発」はどういう意味なのかと、ふと疑問が生じたのである。
「発」に「物資」という意味でもあるのだろうか。
「説謬辞典」を引いてみる。

「発」という字の意味に九義〈きゅうぎ〉あるのである。←そんなにあるのか、のあるある。
①矢を放つ。たまをうつ。「発射」 ②初めて世に現れる。出す。起こる「発火」
③明らかになる。外にでる。明るみに出す。あばく。ひらく。「発見」
④盛んになる。「発育」 ⑤はじめる。はじめて好評する。「発行」

⑥おこす。「発憤」 ⑦出かける。いでたつ。送り出す。「発着」
⑧撥のかわりに用いる。はねかえす。「反発」 ⑨うつ弾丸、たまなどを数える語。「一発」

九つの意味を、庵主はそんなにあるとは知らずに使い分けていたのである。実は利発なのだ。
で、「徴発」の「発」はどの意味なのか。③かな。庵主には判らない。やっばり馬鹿だった。

[PR]
by munojiya | 2012-11-29 00:02 | 番外篇 | Trackback | Comments(0)
2012-11-29 「日産が詰む日も近いな」
庵主の口癖である。
「こんなもの、人間が食うものじゃない」。
要するにまずいのである。例えばインスタントラーメン。出てきたら食べるけれど。
美しくないのである。例えば韓国の“高級”料理。出合ったら口にしてみるけれど。

その伝で、こんなのは人間が乗る車じゃないというデザインの車がこれである
逆に、こういう車はどんな人が乗るのだろうかと、そっちの方に興味がいくのである。
自動車は、その外観を見るよりも、運転している人を見る方が面白いのである。
見た目がブルドックみたいな顔つきの車だから、その手の犬が好きな人なのかもしれない。

車の最大の欠点は、運転している人の個性と知性と教養が外側から見えてしまうことである。
なーんだ、その程度の人間かと見透かされてしまうということである。
逆に言えば、乗る人を選ぶ車もあるということである。
車の世界はそういう意味では恐い世界なのである。だから庵主は近寄らないのである。

その点、お酒の世界は自由である。
安酒を呑んでいても、呑み手の人格ゆ教養とは全然関係ないからである。
懐具合は分かるかもしれないが、呑み方が上手だったらその方が立派なのである。
逆に高いお酒を呑んでいても楽しんでいないようなら所詮は背伸びをしている呑み手である。

-----

「ニダーカー」かよ』(21番)。車の写真は147番。『<`∀´>』。そっくりである。
ドアが観音開きで昔の車みたい』(26番)。
仏壇ドア』(28番)。お陀仏、という意味なのかな。チーンという音が聞こえてきそう。
本日の落ちは『胸焼けがするな』(22番)。デザインの世界も劣化しているようである。

----

これも笑える
こういうバイクもカッコイイというよりも、どっちかというと
人が乗ると途端にダサク感じるんだが
なんだか 耕運機を連想してしまう
』(同前604番)。

ライダーが乗った時にかっこよく見えないバイクなんて意味がないのである。
デザインの堕落もここまで至ったかと苦笑を禁じ得ない。501番と504番で失笑。
一方、同じホンダでも933番の映像は面白い。見ていて仕組がよくわからないけれど。
ホンダの実力はこれに尽きるのである。ライダーがかっこよく見えるもの。爆笑ホンダ劇場

-----

トヨタはこちら

[PR]
by munojiya | 2012-11-29 00:01 | 余外篇 | Trackback | Comments(0)
2012-11-28 「朝日鷹」を味わってみる
「十四代」の高木酒造が醸している「朝日鷹」の味わいに触れなかったのは、
それが庵主にとっては面妖な味わいだったからである。
それを表現する言葉が出てこないからである。よって伝えようがないのである。
色ならば、「赤」といえば、なぜかみんな同じ色を思い浮かべることができる。

細かいことをいえば、朱だ、紅だ、金赤だ、といった微妙な違いはあるが共通の認識がある。
そうでなかったら、信号機の赤信号は意味がないからである。
青は、赤より幅が広くて、緑色も青と呼ぶのである。
純米酒もアル添酒も、ともにお酒と呼んでいるようなものである。小異は無視である。

赤い色なら「赤」という言葉で人に伝えることができるが、味わいになるとそれができない。
お酒で辛口といっても、呑み手によってその程度が異なるからである。
庵主は甘いお酒が好きだというが、実はそれは辛くての酒なのである。
日本酒度で言えばデーター上は辛口に当たるお酒を、庵主は甘いと言っているのである。

データー上の辛口と、そのお酒を呑んだときの実感は必ずしも一致しないのである。
そこがお酒の味わいを伝えることの難しさである。
「本丸」は明らかにうまいお酒であるが「朝日鷹」はそうではない。不味いかというと、そう
でもないのである。面妖なとしかいいようのない、寝ぼけた感じの味わいだったのである。

-----

庵主が面妖な味だと評価した「朝日鷹」を、他の人はこういうふうに表現している
さて、その言葉を読んで、「朝日鷹」の味わいが想像できるかということである。
赤と書いてあれば、三つの色から赤を指さすことは容易だが、お酒の味をいう言葉を頼りに
三つの盃の中から「朝日鷹」はこれだと選ぶことができるかということである。

十四代の本丸よりは味わいに深みがなく、上っ面を撫でたかのようでした。』という表現
には同感である。その言葉を頼りに、「本丸」と「朝日鷹」だけならどっちが「朝日鷹」かは
すぐ判るが、面妖な味が好きな人以外は「朝日鷹」はもし出合ったら呑めばいいお酒である。
その記事には「朝日鷹」の精米歩合は60%とある。70%と書いたのは庵主の間違いだろう。

[PR]
by munojiya | 2012-11-28 00:52 | 酩酊篇 | Trackback | Comments(0)
2012-11-28 庵主が合理主義の軽薄さを嗤うわけ
家電が売れないのだという。
その理由は何かというと、この写真が教えてくれるという。
そう、家電業界は、これまで単機能の家電をバラバラに造って売っていたが、今ではスマホが
一つあればそれらの機能が全部満たせるようになったからである。

スチル写真の写真機と映像の撮影機は、これまでは別々の機械として売られていたが、今では
一つの機械で、一枚写真と映像が撮れるようになったのである。しかも小型化して、である。
よくいえば、便利になったのである。単機能製品が無駄と称されるようになったのである。
だがしかし、それを進歩というかというと、話はまた別である。

「資本主義はムダでゴミだらけで使い捨てで大量生産で悪!」だと?
それを言い出したら大量に人が死ぬんだぞ
』(典拠47番)。
今日の生産力から言えば、多くの人は働くまでもないのである。労働現場からの排除である。
しかし、それでは多くの人が生活ができなくなってしまう。

多くの人は、庵主もその一人であるが、世の中の役に立つような能力がないからである。
そういう人達を無駄と称して排除したら、多くの人々は生きていけなくなるのである。
不味い酒は無駄だといって排除したら、お酒にありつけない人々が増えるだけなのである。
それを無駄と称したら、生きていることが究極の無駄なのである。自己否定なのである。

-----

日本には、包装紙という究極の無駄文化がある。
上質紙に洒落たデザインが施された包装紙は、物を包んで家に持ち帰って破り捨てられるまで
のわずかな時間しか役に立たないのである。紙と印刷代の無駄そのものといえる代物である。
しかし、日本人はその「無駄」をけっして無駄とは考えないのだ。無駄が楽しいからである。

-----

一見、無駄とも思える君がいるから世の中は楽しいのだよということなのである。
その君とは、他人から見れば自分がそれに当たるのである。
君は、いてもいなくてもどうでもいい存在ではないということなのである。
君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで、である。自尊歌なのである。

-----

何にしてもあんな小さい画面で満足出来る奴が羨ましいよ』(67番)。
スマホを持って、合理的だと思っている人達の生活のことである。
庵主は、文字入力は昔ながらのキーボードを使っている。それは指の運動になるからである。
大型のキーボードは一見無駄と思われるかもしれないが、 実はその方が実用的なのである。

文庫本サイズの漫画の本とか、フラットなキーボードとか、超小型のカメラとかなどの
劣化と背中合わせになっている商品を、庵主は合理的とは思わないのである。
そういうのは、貧乏性としか見えないからである。
味わいのない酔っぱらうだけの甲類焼酎を合理的な酒だとは思わないようにである。

[PR]
by munojiya | 2012-11-28 00:03 | 酒の肴 | Trackback | Comments(0)
2012-11-28 韓国人の本性と評価
日本人は、なぜ在日韓国人を見下すのか。
敬意に値しない人達だからである。
敬意どころか、朝鮮人とは対等も成立しない人達なのだと断言する人もいる。
朝鮮人というのは、日本人がいう人間という観念から逸脱した心情の持主だというのである。

そのことは日本人だけがそう感じているのかと思っていたが世界の常識になっているらしい。
人の内心なんか知りようがないから、その振る舞いで類推するしかないが、
韓国人のその振る舞いが本当に酷かったというのである。
2002年に行なわれた日韓共催FIFAワールドサッカーのことである。

世界中の語り種〈かたりぐさ〉になっているのである。
思えば、アジア初のワールドサッカーをなんで韓国なんかと共催したのか、日本のサッカー屋
の心根が分からないのである。所詮、サッカー屋の程度はそれぐらいということなのだろう。
邪推するなら、気がついたらポッケに大金がねじり込まれていたというところなのだろう。

まともな日本人が金で転ぶかである。日本人の恥も晒したみっともない大会だったのである。
はっきりいって、その共催で、韓国は日本人の顔に泥を塗ってくれたというわけである。
爾来、日本人が韓国人を見下すことが定常化した。一度失墜した信用の回復は難しい。
最初にまずいお酒に出合ったら、その印象を拭うことが長く困難なのと同じようにである。

-----

韓国人は、その大会でしくじったのである。いや、本性を暴露してしまったのである。
一度、日本酒はまずいものだと思い込んでしまったら、実は目茶苦茶うまいお酒があるという
のにそれが見えなくなってしまうのである。
同様に、韓国人のいいところも見えなくなってしまうのが人間の性〈さが〉なのである。

お酒の場合は、うまいお酒が見えなくなった人が、うまいお酒に気付かないことは一向に困ら
ないのである。むしろその方が望ましい。うまいお酒はどうしても本数が少ないから、それに
気付く人が少なければ庵主のところに回ってくる可能性が高まるからである。
一方、韓国人はその事で大いに損をしているということである。嫌韓は世界の常識だという。

-----

引用元の要諦『日本では総じて成功したという扱いがありましたが、この2002年大会
そのものは、世界的にFIFAワールドカップ史上最低最悪の穢された大会という評価を
得ているのです。残念なことですが、その原因は、後々まで海外のサッカーファンが韓国人を
軽蔑し嫌悪することになってしまったほどの韓国による数々の問題に尽きます。
』。

サッカーの神様の言葉だという。『ヨハン・クライフ(オランダ)は数々の名言でも知られる
神様ですが、当時「ワールドカップの恥さらし。韓国は史上最低の開催国として、歴史に名を
刻むだろう」と、嫌悪を隠していません。
』(同上)。さらに賛辞がつづく。「もうこんな国
(韓国)に来る事はない」(デルピエロ)、「韓国には二度と来たくない」(トッティ)と。

韓国人にはスポーツは無理なのである。
勝つことしか念頭にないからである。きれいに負けることを知らない。
それ以前に、負けを認める文化がないのである。
相撲に勝って勝負に負けたという物の見方がないのである。

日本人と韓国人は、スポーツでいえば、異なるルールで試合をやっているようなものである。
韓国人と接している時に感じるという不信感と不快感の原因はそれなのである。
顔の見掛けも似ているし、やっているスポーツも同じものであるはずなのに、なぜか違和感を
感じるのは両者の核心が違っているからなのである。韓国人は異邦人なのである。

[PR]
by munojiya | 2012-11-28 00:02 | 世話物 | Trackback | Comments(0)